FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

もう充分お金持ちの1%とその予備軍を肥え太らせるより、子どもに必要十分な食料を与えよ

(Sun)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



もう充分お金持ちの1%とその予備軍を肥え太らせるより、子どもに必要十分な食料を与えよ

ホールディングスは荘園の上がり(雲の上に乗った)藤原一族のようなもの。
殿上人から武士まで大小さまざまな荘園主がいるが、群雄割拠で伸し上がるには有力な荘園をいかに多く傘下に従えるかがポイント。

20世紀の国家もある種の荘園で、とりあえず持ち株会社は政府という事になるが、ご承知の通り政府はお飾りに過ぎない。
何とかホールディンスが国家の枠の中で有力な荘園(企業)に白羽の矢。
たとえそれが国民の税金で国民の資産として運用されていても、である。

何が法治国家か?
無節操も甚だしい。

TPPは早い話、荘園分捕り不平等条項である。
ある意味、テメーらでこさえた国家の枠組みすら邪魔になった。
小粒なホールディングスなんてイチイチ構っちゃいられねえ〜。
丸ごとかっさらってしまえ。

地球を摂政関白時代の日本に置き換えれば、アメリカのグローバル企業が藤原家。
天皇であろうと王族だろうと、事実上傘下に収め栄耀栄華を極めた?
アメリカユダヤ企業が?

21世紀に入りアメリカユダヤは急降下、急性腸炎下り腹が止まらない。
こんなゲリピーホールディングスに買い取られるくらいなら株式なんて止めたらいいじゃん。

荘園は地面とそれに付随した奴隷労働者で成り立ってきた。
株は紙切れとそれに付随した奴隷労働者で成り立っている。

無能な政府が国債詐欺金融グループの庇護の元、破格な待遇で官僚律令国家のまねごとが出来る時代がいつまでつづくのか?

官僚と紙切れ証券は一蓮托生。
ホールディングスが右肩上がりで強大化すれば生き残る。
ゲリピー(例えが下品ですみません)が続けば、一緒にお陀仏。

さて、どっちがいいのか?
考えるまでもない。

株式でないモノ作りグループ。
あらゆる職種でモノ作りやサービスを提供すれば良い。
地域や業種業態によって贔屓筋ができる。
相互扶助が機能する。
そのうち、今の詐欺金融よりマトモな資金調達手段も現れる。
すくなくとも、ホールディングス(荘園奴隷経済)が消えた分だけ風通しが良くなる。

いまどき〇〇ホールディングスのグループ企業です、と、誇らしげに宣伝するのはサラ金くらいなもの。
消費者にとってホールディングスは消費税の二重取りのようなもの。

もう充分お金持ちの1%とその予備軍を肥え太らせるより、子どもに必要十分な食料を与えよ。

TPPに関わったら祟り神のお仲間。
甘利さんはギリギリの線で命拾いしたかもね・・・。

後任は親の因果が子に報い、か。
お気の毒としか言いようがない。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg
スポンサーサイト

1%のために?

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




1%のために?

アメリカ人は利用されただけである。
大変知性的で紳士淑女であらせられる(肌の色やご面相はともかく)偽ユダヤ人のお歴々に・・・。

アメリカがダメになってもEUがある。
ソ連もあった。
サウジアラビアも中国もあった。
そして日本もそうだった。

20世紀型資本主義はアメリカが主導した。
はじめはヨーロッパが主軸を作り出し(戦争と植民地によって)アメリカが粉飾を施す。

昭和33年生まれの当ブログ管理者の目にですら、とてもかなわないとため息をつかせる圧倒的な違い。
アメリカ人(日本人の目から見た)は大きくて、おおらか。
同じ地球にいるとは思えない生き物。

日本で当時のアメリカ人とケンケンガクガクのビジネスを構築した経験のある人はそう多くあるまい。
御年90歳以上、そのなかの極一部の方々が、日本には日本のやり方があると言っても全く相手にされなかった苦い経験をお持ちである。

アメリカ型経営モデルが最上、それ以外はゴミクズ。
以前、知り合いに大手化粧品の日本支部を立ち上げた方がいて、よく立ち上げ当時の話を聞かされた。
それはそれは酷いものである。

しかし、営業成績が悪ければ全部部下の責任。
大変知性的な紳士淑女のお歴々はさながら貴族のようで、泥臭い実務はお好みでない。
盛大なセレモニー、大小さまざまなパーティーにご執心。

従業員を使役する態度は実に冷徹で合理的。
酷い言い方をすれば動物のように接する。

これはフィリピン人からも聞いた。
彼らは世界各地に散らばるアメリカ軍施設で出稼ぎ労働にいそしむ。
どんな職種かにも寄るが、至って扱いはゾンザイ。
名前は呼ばれず番号で識別。
数年間勤務し、顔見知りになり、それなりに親しみを込めた付き合いをする間柄でも番号は番号。

総じてアメリカ人は気さくでフレンドリーだと言いつつ、そこには分厚い壁がある。
ピラミッド型組織のある線を超えると態度が一変する。
白人(とりわけユダヤ教派生の選民意識の強い方々は手に負えない)は、アジア人より上。
いやいや、ひとりひとりはそうじゃない。
と、言いたい所だが、20世紀型資本主義の仕組みをよ〜くご覧アレ。

アメリカ人の国民性とは別のモノである。

白人の中でも選び抜かれた1%は地球を支配すべき存在。
これは、神の信託を受けた正統な権利である。
・・・だって。

これほど間抜けな話を聞いた事がない。

ま、それもオシマイ。
ドルがアメロになろうと、メロメロになろうと落ちぶれたモノに価値はない。

アメリカのプロダクトに魅力があるかどうかは人それぞれだが、自らの手で栄耀栄華を誇り、自らの手で凋落したのなら文句はなかろう。
詐欺金融システム然り。
そんなアメリカのグローバル企業がその他国家の上に位置せんがためのTPP然り。

偽ユダヤ人が通った跡にはペンペン草も生えない。

偽ユダヤ人が手を突っ込んだ産業は死の匂いがする。

その他大勢のアメリカ国民は見捨てられるのである。
世界各地で強欲資本主義を支えた人々も同じ。
さらにそんなお粗末な連中に騙されたエリート?諸氏の勘違いから深刻な環境破壊と飢餓に苦しむ子どもたちがいる。

日本のゴミクズマスゴミは指一本触れないが、アメリカ型資本主義詐欺金融システムは事実上終わったのである。
アメリカ人がアメリカをどうしようと勝手だが、アメリカはアメリカ人とは何の関係も無いご都合主義の草刈り場だったに過ぎない。
歴史家の登場を待つまでもなく、既に定着したコモンセンス。

分からない(否定する)のは勝手だが、それでは次の巡りどころではない。
これから押し寄せるどんな不幸や災いから逃れようがない。

100歩譲ってご本人はどうでもいい、だが、次の世代の巻き添えはあまりにも気の毒。
その他大勢のアメリカ人のこどもも、世界中の子どもも明日を生きてくのである。

やっぱりアメリカユダヤ式資本主義しかない?
分かりきった結末に手に手を取り合って突っ込む?
何の得もないのに・・・。
利用されただけでは物足りなくて、自爆テロ?
自暴自棄。

1%のために?


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

誰かのためになる仕事を難しくする陰謀

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



誰かのためになる仕事を難しくする陰謀

誰にでも出来る仕事。
誰かのためになる仕事。
は、それほど難しくない。

誰かの認証を得る、国境なき何とか、国家お墨付きの派遣支援組織とか、大袈裟な看板はいらない。

仕事の第一歩は、普通の暮らしに溶け込む。
いろいろな家族がいる。
貧富の差もある。
銃を持っているオヤジもいる。
色仕掛けで迫って来る女もいる。
なんて、マイナスを考えたらキリがない。

確かに最初はきっかけがいる。
誰か信頼できる日本人を通して、信頼できる現地人と顔見知りになる。

日本の特殊なメンタリティーを相手国の人々に押し付ける人は所詮、何をやってもうまく事が運ばない。
これは年齢男女、それまでの職業に関わらず一緒。

少ない経験から言って、そのような自信満々のお歴々が要らぬおせっかいを焼くパターンが多すぎる。
まして、日本国の何とか支援組織なんて、お墨付きを引っさげて行けばなおさら。

皆笑顔で愛想良く接してくれるが、心の中はそれほどシンプルじゃない。
それが分からない人はずっとその立ち位置で終わる。

お金持ちはお金持ちなりの嫌らしさがある。
貧乏人は何かと金を無心する。
大人はそれなりに欲張りで、若い連中も隙あらばと狙っている。
と、言うが、それならば子どもと接するに限る。

ところが、このような場合、相手が子どもでもダメなのである。

こちら側が丸裸になれなければ子どもだって心を開かない。
早い話、誰にでも出来る仕事をする前に、誰かのためになる仕事をする前に、オノレの生き様がそのまま問われるのである。

これはいずこの国も同じ。
祖国だからと安心して野方図に振る舞えば同じ憂き目に合う。

生き様のきれいな人に子どもは寄って行く。
鬼瓦のようなおっかない顔でも関係ない。
赤ん坊は実に鋭敏。
数メートル圏内に近づいただけで既に防御を張る事もある。
これも男女年齢の別なし。
赤ん坊の母親や子守りの兄弟、親戚たちは赤ん坊の反応で相手の素性をおおよそ見抜く。

生き様のきれいな人間は不用意に近づかず、つねに適度な距離を保つ術を知っている。
そんな立ち位置でいると、早ければ数分で意識レベルの距離は一気に縮まる。
物理的な距離に変化が生じるのはそれからである。

これは言葉も同じ。
色恋沙汰ではない男女の機微も同じ。

で、オマエの生き様はきれいなのか?
と、言われれば些か自信がないのだが・・・。


何ら肩書きのない、ひとりの人間として誰にでも出来る仕事。
誰かのためになる仕事をやろうとすると、必ずぶち当たる壁。

お墨付きではなく、活動資金でもなく、期待される効果に見合う、見合わないでもない壁。
それを乗り越えなければ一歩も前に進まない。

黙ってオレについてこい式で強引にリーダーシップを発揮すべき時もある。
報酬の裏付けがなくても、人を引きつけて動かさざるを得ないこともある。
騙される事もある。
裏切られる事もある。

肝心なのはその後の態度。

誰にでも出来る仕事をする。
誰かのためになる仕事であれば、必ずうまく行くとは限らない。
しかし、継続すること。

最低でも、当初示した到達点まで引き上げる。

当ブログ管理者には長年JICAで仕事をして来た友人がいる。
彼も同じ事を言う。
彼はお墨付き、当ブログ管理者は野良犬の違いはあるがやっぱり同じなんだな、と思い知らされる。

どんな立場にいようと、もっともシンプルな自分の立ち位置で生きる人間。
子どもは皆そうである。

方や偏向した土俵で、それ以外の人間を見下すしか脳がない輩。
中でも鉄板人間ドッグが植民地の管理人を任される。
そんな国の代表が世界で何をしようというのか?

 「そんな輩が国の代表でいいのか?」
 「普通の日本人はどう思っているのか?」

彼の職業?は絵描き。
なかなか味のある風景画、地元の有名人の肖像画は高く売れるらしい。
フィリピンの片田舎、柔和な顔の古老にズバッと指摘される。

 「おい、そこのお若いの・・・」
 「黙ってないで何か言って見ろ」

そのときは、古老の問いに応えられなかった。

東南アジアの中でも断トツ、90%が日本に好意的なフィリピン。
公式には110万人、一説には160万人の一般市民が巻き添え死したWWII。
実はかなり複雑な多民族国家(多くの少数民族と複雑な混血国家)。
つねに陰謀が敷き詰められる草狩り場のごとき惨状。

フィリピンのごく一部地域だけを見ても、自主独立の気概を失いつつある現在。
かつて日本が歩んだ詐欺金融の毒牙に冒され、均質化を競うかに見せて、気がつけば植民地暮らしの不毛。
低レベルなカルト、偽民主主義、責任世代の不在、旧態依然20世紀型強欲資本主義に翻弄される有様。

フィリピンにはかつて日本が陥った罠と同じ要素が見える。
しかし、日本とフィリピンの状況は全く違う。

やはり必要である。

誰にでも出来る仕事。
誰かのためになる仕事。
を、難しいモノにしてはいけないのである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

禁艶骸雷

(Wed)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



禁艶骸雷

最近見たテレビCMでいちばん頭に来るのがお医者さんで禁煙。
子どもが父親に禁煙を訴える例のアレである。

禁煙したければ自分の意志ですれば宜しい。
それだけのことを病気に昇格させて、しかも子どもを出汁に使う悪辣さ。
アレを微笑ましく見れる神経は相当重傷の同調圧力不感症である。

子宮頸癌ワクチンを見よ。
今や厚労省は病因産業の手先である。
インフルエンザを見よ。
何でもない人を病魔に誘引せんがために製薬会社は裏社会と戦争化学やと政治行政の裏側でうごめいている。

病気の原因が精神と切り離された肉体にあると信じて疑わない【頭の悪い】人向けに、せっせと溜め込んだ老後資金を吐き出して死んでもらう人生設計。
どうせ誰でも例外なく死ぬのだから、金のなる木になってもらって何ら問題はない、なんて合理的。
そうすれば一旦吐き出した保険金や公的支援が取り戻せる、命よりそろばん優先。

もしや、あのお医者さんで禁煙を真に受ける人がいるなら、申し訳ないが自己責任。
長い目で病因を溜め込んで平均的奴隷植民地の住民のお手本になって・・・。

一昔前の「禁煙がイライラ」はチャンピックスという早い話がボンヤリ薬の一種を投与された。
多分今でもさして変わらない自殺衝動促進剤を飲まされるのであろうと推察する。

悪名高き心療内科でバケツ一杯処方されるあらゆる種類のボンヤリ薬が売れないので、悪魔の手先が禁煙害来用に作り替えた代物。

子どもの作文の文面の嫌らしさは、悪魔のライターにしか書けない薄気味悪さ。
多寡が禁煙、自分で止められない情けない父親が喫煙は病気だよと諭されて医者に行くのを、多分役者だろうが、人の良さそうなお医者さんが微笑みながら見守っている。

禁煙くらい自分の意志でやれよ!
と、子どもが叱責するのが正しい人間の姿

タバコが嫌いなら嫌いで良い。
だが、一方的な同調圧力に便乗して禁煙を叫ぶ輩は阿呆である。

だったら車に乗るな。

肺炎の真因は排気ガスである。
PM0.1の強酸化化合物である。
車に乗って有毒ガスを垂れ流す経済を黙認して、タバコに罪をなすり付ける馬さん鹿さん。

人間はウィルスを含む1500兆もの微生物と共生している。
臓器はそれぞれの働きを持っているが、いわば微生物が肉体維持という作業をするための容器である。

微生物の活動状態がその人の健康である。
そして、そのほとんどは腸内にいる。

微生物の活動を指令するのは恐らくソマチッドであろうと推測される。
例えば、ミトコンドリアの働きの一部で癌細胞を生産する。
それはマクロファージを適切な数量飼育するためのエサである。
こんなミクロな作業を人間の意識がカバーできる訳がない。

およそ体内の99%はオートマチックに機能している。
人間の意識は一切関与しないかに思える。
しかし、ソマチッドと意識(精神状態)は実に敏感にリンクする。

では、禁厭害来でボンヤリ薬を処方されたお父さんはどうなってしまうのか?
悪魔のささやきに負けた時点で精神はマイナス80。
多寡が禁煙、自力で出来ない時点でマイナス200。
お医者さんで禁煙を信じる情報弱者でマイナス20。
ま、数字はどうでもいいが、その結果、オートマチックなほぼ完全な身体にボンヤリ薬を注入される。

元々意志薄弱で同調圧力に弱く、情報弱者。
こんなターゲットを狙い撃ちにする製薬会社が狙うのは薬を売ることだけではない。

有害ウィルスの初期対応でもっとも効果的なタバコによる呼吸系燻蒸を止めさせること。

もちろん、タバコな嫌いな人はそんなことをしなくても宜しい。
しかし、人類は5000年の叡智、タバコ(薬草)による呼吸器系燻蒸で生き延びて来たのも事実。
特に熱帯や砂漠気候の国々でタバコが好まれるのは趣向の問題ばかりではなく、健康維持の必要性からである。

植物と人間を同じにするなと叱られるのは分かっているが、タバコの成分は植物の予防的防除に絶大な効果がある。
一定の年齢になれば、不特定多数が屯する場所、ホコリっぽい場所、農作業やその他の作業で呼吸系を通していろいろな微生物を吸い込まざるをえない。
いくら殺菌しても、いくら布団乾燥期でダニを殺しても、自然界には勝てない。
無駄な努力とは言わないが、それで清潔が保てると信じる人なら、それはそれでおめでたい、と、思う。
これもアメリカ式バイ菌悪者教育に毒された植民地の悲哀か・・・。
いずれにしても、一定の年齢に達したら、喫煙は極めて有効な異物(有害ウィルス)の初期予防対策、忌避効果は絶大である。

他にも脳内物質補完作用、肉体のみならず意識と結びついた作用もあるが、それは趣味趣向の範疇で良しとする。
(コーヒーなどのアロマと何ら変わらない

だが、排気ガスをアロマにする人はいない。
一体世界にはどれほどの車が走っているのか?
途上国と呼ばれる国々の車の排気ガスは殺人罪適用可能、ガソリンそのものも劣悪。
北京や上海、インドの工業地帯の大気汚染は立派な集団無差別殺戮である。

方や、日本では悪魔の利益のために喫煙を病気にする。
喫煙習慣を止めさせれば、集団殺人がより容易になる。
致死ウィルスをバラまけばイチコロ。
規制は見事にクリアしても、規制項目に無い有害物質を含んだ排気ガスを市中に拡散すればイチコロ。
そこまで直接的ではないとしても、代謝や免疫力の低下で脆弱になった身体に病魔を引き寄せるくらい朝飯前。

人々は喫煙と言う呼吸器系燻蒸手段を放棄した。
しかし、おびただしい酸化物と放射能を吸気している。
致死性のウィルスが環境に撒かれる。
抗生物質に耐性のあるウィルスが次々登場する。
で、肺がんが減る訳がない。
呼吸器系疾患が蔓延する。

もちろん、今時の化学物質のカタマリのようなタバコが症状を悪化させることもあるだろう。吸いすぎ、飲み過ぎれば害になるのは酒もソフトドリンクも水も同じ。

病気は増える一方、儲かるのは製薬会社とお医者さん。
そんな世の中を望んでいるのは誰か?

同調圧力と無知に付け込まれた哀れな植民地暮らしのその他大勢である。
タバコ一箱500円?
どうせ税収は庶民とは無関係だよ、これで喫煙者が減ってよかった?
肺がんが減る?

そんなわけないじゃん。
逆だよ、逆。

何れにしても、あの鬱陶しいコマーシャルは即刻破棄して欲しい。
アレが通用する民度と同じにされるくらいならタバコ一箱80円の彼の国で暮らしたいと真剣に思う今日この頃である。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

わたしは、ク・ラ・ゲ・になりたい

(Tue)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments

わたしは、ク・ラ・ゲ・になりたい

科学の進歩か人間の進化か、やがて肉体はずっと希薄になる。
姿形はともかく、半透明から完全な透明に近い光を通す身体。

内蔵なんてものはほとんどなくなり、比較的大きな微生物も必要なし。
ウィルスの取りつく島もなく、ソマチッドだけ。

太陽光線のオクターブの違うエネルギーを取り込むのでミトコンドリアはほんのわずか。
現在ですら70%弱は水でできている。
それがクラゲ並の90%超に進化する。

そうすると何が起こるか?

一番分かりやすいのは、人の陰に隠れて悪さをする擬態系人類の隠れ蓑がなくなる。
今までなら10人くらいの人の壁のうしろで生き血を吸えたが、隠れる場所がない。

人類クラゲ化の課程で真っ先に消えるのはユダヤ系グローバル企業。
もし、まかり間違ってTPPが批准されてもこれで一発解消である。

バイ菌皆殺しで成り立っている擬態ユダヤ系医療産業は壊滅。
ファブリーズなんていらない。

化学肥料や農薬(戦争化学メーカー)も消える。
そんな大量のミイラ植物を人類は必要としなくなる。

野生のしかも相当レアな植物のエッセンスを本の少々いただく。
農業はすべて野生化するので、耕作も施肥も必要ない。

タンパク源も物理的組成(肉や骨や皮)のエッセンスのみ。
出汁の上澄みの極みだけで充分。

さて、困るのが戦争屋。
と、いってもほとんどが擬態ユダヤ系企業なので同情どころか、さっさと消えろと言いたいのだが。

非戦争工業企業はさっさとスカイボード(空中浮遊移動板)をつくり、新たな需要喚起で大にぎわい。

火薬とか鋼鉄の飛び道具だの、危険きわまりない破壊装置で潤う企業が地球に必要な訳がない。
隠れ戦争や企業にお勤めのお父さんお母さんは肩身が狭い。
誰もが透明になるとシラを切れなくなる。

もっと逃げられないのがカルト教祖。
もっとも、主なカルト教祖はすでに地上にいないのに、未だに御用新聞の一面を飾る不思議。
一足先に透明人間に進化したとでもいうのか?

いや、この場合は透明ではなく消えたのである。
が、一節によると巨大なホルマリン容器に入れられてごくごく一部の細胞だけが生きているらしい。
であれば、面白くもない肉体依存。

ま、どうでもいいが、裏の存在がどうしても表に出張って来ざるを得ないのがカルト教祖の宿命。
裏社会の露出は普通なら死を意味するが、21世紀に入って地球の振動数が増すと擬態系が隠れるスペースがなくなる。

その結果、裏が表に浮かび上がるが、突っ込みどころ満載なので格好の餌食。
極東の島国メディアは裏の従僕、一糸乱れぬ予防線を張る。
裏の表をマトモな表のように見せたいが、ハリボテもやり過ぎると滑稽を通り越す。

高水準のメディアリテラシー保持者、日本人を見くびってはいけないのである。
皆知っているのに知らんぷり。
マトモに信じる可哀想な生き物が鉄板カルト信者になって次元の進化から取り残される。
仕舞いには動物園ならぬカルト保護センターで野生に返す保護活動が始まるが、彼らには帰る野生がない。
しばらくは世界中にある巨大モールで、20世紀さながらの消費生活を送ってもらうしかないが、需要と供給が合致しなくなるので数年でパー。
後は野となれ山となれなら、偽総理とどっこいどっこいである。

ま、置き去りにされる側のことよりも
、どうして人類が透明化したのだろうか?
コッチの方が余程興味がある。

話は実に簡単で、身体(肉体)に意識がくっついた生き物が人間だと思う人。
意識が先で身体が後と思う人、その違いには雲泥の差がある。

人間はそもそも透明な存在である。
普通に生きている時でも、意識が研ぎすまされ、極めて安定した状態では身体の感覚はゼロになる。
超一流アスリートが高度な技を発揮するとき、意識と肉体の間に段差はない。

それを邪魔せんがための干渉が政府官僚のお役目。
永遠に絶えることのない争乱の火種が国家と言う暴力装置である。

裏社会が何をほざこうと1ミリも反応しない人間がひとり増えると、地上世界の透明度が増す。
裏社会の表出を歓迎するような愚か者がひとり消えれば一段と明るさを増す。

擬態ユダヤ系吸血未開人は裏でしか生きられない人間止めますか生物だが、彼らが跋扈できたのは、その他の人間が余りにも濁り過ぎたからである。

オマエも随分濁ってるな。
オレも相当濁ったよ。
同類相哀れむ傍らで犬猫のように死んで行く透明な存在。

わたしは、ク・ラ・ゲ・になりたい。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。