FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

出来る出来ない

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




出来る出来ない

出来る?出来ない?と問われれば、出来ない事の方が圧倒的に多い。

子ども時代は青天井に思えた時間空間が成長とともに収縮する。
本来、人間とはそういう生き物だとしても、なぜ、自ら進んで狭い檻の中へ入りたがるのか?

一念発起、一点突破、人間に不可能はない。
単純にそう信じて生きている。

他人の行動を制限し、過重な義務を課し、成果を横取りする人間なら話は別?
そうだろうか?

他人の行動を制限して報酬を得る人は、何一つ思い通りにならない人生を選んでいる。

誰しも希望に向かって生きている。
だが、彼らは、自らそれに蓋をする。
自ら狭い檻に入ったその後で。

何でも出来る境遇が手の届かぬ場所にあると分かってしまった人は、希望に向かう人に嫉妬する。
嫉妬はやがて悪意に変わる。


出来る範囲で出来る事を諦めない人に一筋の光が見える。

同じように、考え、行動しても、自分にだけ一筋の光が見えない、と感じても悲観することはない。
ひとりひとりのベストは違う。
横並び一線ではない。


立法府が矢継ぎ早に繰り出す法案は、日本人ひとりひとりを縛る。
汚れた水に閉じ込めて一網打尽にするために。

偽総理の命令系統の川上から川下まで、一糸乱れぬ行動ができる人は何かが欠けている。
何が欠けているのかと、自問自答しても答えは見つからない。

なぜなら、彼らは「自分は何者か」を忘れた人。
出来る出来ないで言ったら、出来る事の方が圧倒的に多い身分であっても、何も出来ないのである。


私のため、そして他者のために、何が出来るかを考え、行動し、その結果何も出来なくとも恥じることはない。
条件を整えるために長い時間を要しても焦る事はない。

思いを同じくする者同士、束縛せず、切磋琢磨し、互いのため、全体の利益のために生きている。
誰も邪魔はできない。

自分以外の誰も・・・。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg
スポンサーサイト

恥さらし自慢

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




恥さらし自慢


若気の至り。
ある日、酔っぱらって(五反田だったと思う)風俗店に入った。
どんな看板だったか覚えていないが、店員に言われるがままに小部屋に入る。

すると気の強そうなお姉さんがいきなり上から目線で命令する。
「なんだ?変わった趣向の店だな・・・」と、思いつつ、とりあえずその言葉に従う。

だが、だんだん腹が立ってくる。
とうとう、ふざけるなこの野郎(女性に野郎はないが・・・)状態。

「俺は帰る」

と、さっさと小部屋を出ようとすると、さすがプロフェッショナル。
お姉さんは一段ギアチェンジ。

「ふざけるなはこっちの台詞だ、天ぷら野郎」
と、言ったかどうかは定かでないが、要するに金を払え!と、言うこと。

奥から怖いお兄さんは出てこなかったが、財布の有り金を叩き付けた。
と、いっても彼女にしてみれば物足りないらしく、何だよ、この貧乏人が目線で睨まれる。

要するに今で言うソフトSMの店だったのである。
お姉さんはいつもの営業マニュアル通りに接客したに過ぎない。

看板をよく見てから入ること・・・。w

最もその手の店が看板通りとは限らないのはお慰み。
ま、到底ブログにはかけない恥っさらしの数々・・・。

フィリピンと聞くと性都を連想する人は多い。

15年以上も足しげくフィリピン通いの当ブログ管理者に向けられる視線には、あ~この人アレ?
が、混じることは先刻承知。

「全くそのようなことはしていません」と、言えば噓になる。
だが、ある事件を境に酔っ払いオヤジを返上した。

その事件はマニラの安宿で起こった。
ほろ酔い程度のつもりだったが実際は相当酔っていた。

跡をつけられ、若い女性(もしくは女装かも知れない)が部屋のドアを開けた瞬間、目の前に居た。

アレレ、あなた誰?

最初はしおらしくしていた。
食事とソフトドリンクを注文してくれと頼まれる。
そうしたら帰る。

あっ、そう。

言われるがままにルームサービスを頼む。
食事を終えると次の要求。

シャブを買ってくれ。
お金をくれたら帰る。

彼女はすでに半裸である。

さすがに、あっそうとは言えない。
どう見ても十代、しかもシャブ中。

その後も彼女は居座り続けた。
半ばラリっている。

あるいは薬が切れかかってイライラしている。

こちらは悪酔いがどんどん進み気持ち悪い。
バスルームで吐き戻そうとしたが何もでない。

さて、どうしたか?

寝た。
寝るしかない。

彼女が何を言おうが、叫ぼうが無視して寝る。
勝手にバゲッジを開け、荷物を放り出されても無視。

耳元で怒鳴られても、こちらは「早く帰れ!」の一点張り。

ナイフを突きつけられたらその時はしょうがないと覚悟して寝たふり。
何時間たっただろうか?
意味不明の捨て台詞と一緒にドアの閉まる音がした。

その時は帰国の前日。

お金は必要最小限。
ルームサービスのチップと一緒に置いた千ペソ札(2、3枚)はちゃんと持ち帰ったらしい。


世界のどこでも、一歩外に出たら酔っぱらっている場合ではないと肝に銘じる。


でも、酒好きは変わらない。
フィリピンローカルでは交渉ごとの後や、いわゆる信頼関係構築の課程で酒を酌み交わすのは日常。

80度からの焼酎一気飲みはさすがに断る。
そして、決して泥酔しない(相当前)で切り上げる(飲んだ振り)。

何しろ長丁場、酷い場合は朝から晩まで。
実際、酒嫌いでなくて良かった。


いくら目の前に絶世の美女が現れても、ノーサンキュー。
ケチで言うのではないが、今や、本気で1ペソでも無駄にしたくない。

人間、変われば変わるもの、である。



・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

誰も語らないリスク

(Wed)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




誰も語らないリスク


http://indeep.jp/alzheimer-breakthrough-research/
アルツハイマー病の最大の原因が「ストレス」である可能性がアイルランドの大学の研究により突き止められる
In Deep 地球最期のニュースと資料

ご興味のある方はご一読を・・・。


アルツハイマー病に限らずだが、植民地には植民地に甘んじた分だけ「ストレスを蓄積する」リスクがある。
俗にいう日和見層は、意識するしないに関わらず大勢迎合。
迎合していますよ、というポーズをお互いに見せあう。

「宮仕えの辛さ」は、古代中国伝来の容赦ない階級制度に由来。
「嫌なら辞めればいいじゃん」は、タブー。
誰が許すのか、誰が許さないのかは不明なまま、なぜか、社会の暗黙の了解。

命取りになりかねないストレスを抱えて生きる。
そう考えると、日和見層が可哀想に思える。

当ブログ管理者も馬車馬のようにこき使われ、それでも俗にいう一人前、ま、有り体に言えば人並みを目指した時期がある。
40歳までは五里霧中、およそ現代病のあらゆる素因を網羅した生活だったが「宮仕え」ではない。
幸か不幸か正社員になった事がない。
何の保証もないフリーランス、そのかわり「嫌なら辞めればいいじゃん」が通用する。

堅い職業、堅実な生活。
銀行にそれなりの預金があって、カード会社の信用もある。
「勝ち組」の理想型は確かに存在する。

だが、それを追い求めるリスクについて誰も語らない。

お医者さんは極度のストレス状態にいる患者から高額な医療費を取る。
仕事をセーブしなさい?
それが出来るくらいなら病院には来ない。

収入がなければ医者にかかれない。
TPP、ますます一部の富裕層以外医者にはかかれなくなる。
どこで線を引くかはグローバル企業(製薬会社)のご都合次第?

普通の感覚でいうと、こんな暮らしは植民地である。

世の中を観察して一番可哀想なのは子育て世代。
夫婦共働き、0歳から保育園。
若さと体力で乗り切ろうとするが、意識下のストレスなんて他人には知る由もない。

夫婦の生活設計が「勝ち組」志向だから?
しかし、どんなにもがいても「勝ち組」になれない層もいる。
そこには日本海溝なみの深い溝。

漠然と進学校を目指し一流大学、出来るだけ安定したサラリーマンかお役人。

親世代はこの流れに逆らっても自由を選べとは口が裂けても言わない。
しかし、その実、ほとんどが脱落するので、首の皮一枚、人並みレベルに引っかかってくれたらもっけの幸い。
1%はどこまでいっても1%。

日本人の5人に1人はアルツハイマー病。
発症のメカニズムは分かっている。
だが、原因が曖昧だった。

身体の器官の不調から始まる病因は100%代謝異常。
それには10年、20年蓄積したストレスの銀行預金。

ハッキリ言えば、植民地では、およそ30年で発病する制度設計である。
その間、できるだけ不条理な目にあい、理不尽な扱いを我慢する。
一方で植民地経営者は下々の可処分所得を削れるだけ削る。

役人だって同じ、ごく一部の世襲系を除けば過度なストレス荷重に耐え抜いてナンボ。
とはいえ、日本の役人の平均給与は平均的自称先進国の三倍異常。
植民地経営の最前線、縛りがきつい分、棒給も高いのだろうか?

いやいや、あからさまな格差を放置すれば、取り返しのつかない怨嗟を生む。
なぜなら、植民地経営の実態がボロボロ露出中。
日本人の怒りにガソリンを注ぐようなもの。

戦後70年、自民党のヒトデナシ制度設計。
☞ 国民は働く貯金箱、お金を吐き出して死ぬ要員。
☞ お金は海外へ流出、決して自国民のために使わない。
☞ しかし、例外的に植民地経営に携わるごく一部の生活は保証される。
☞ とはいえ、この連中もストレスでボロボロになることは織り込み済み。
☞ では、日本人はなんのために生きているのか?
  (このような疑問を持たせないためのメディア、今までは通用したが・・・)
☞ 少しばかり長い目で見れば、日本人は自滅(民族消滅)に貢献する。
☞ 日本は生体実験場であり核のゴミ箱である。

放射能に癌、添加物に農薬、それでも生き残った5人に1人はアルツハイマー病。
健康な人は老老介護に疲れ果て、人口の半分が不治の病か痴呆症。

経済はズタボロ。
貧民窟で暮らす下流中高年であふれかえる。

このままのペースで少子化が進めば数十年後には人口2000万人。
辛うじて生き残った若者は戦場送り、日本民族根絶やし政策終了。

日和見層と括られる人々も薄々ではなく、充分理解しているはずである。
こんな仕組みに与して植民地生活を維持、ストレスを貯め込んで自滅に貢献・・・。

今すぐ、我慢を辞めたら宜しい。

アルツハイマー病か、それとも人並み信仰を捨てるか。
二つにひとつ。

生活はどうする?
どうせ、可処分所得はないよ。

老後はどうする?
年金もないよ。

子どもたちの未来は?
植民地暮らしが続く方が余程かわいそう。

いつ、植民地を辞めるの?
「今でしょ」(古)。w



・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

おらが町の首長は痴呆症

(Tue)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




おらが町の首長は痴呆症

オトナになれば自分の言動、行動に責任が伴う。
よほどのバカでなければ、言動行動が慎重になるのは自然の理。

原発自治体の首長が痴呆症なら、即刻首。
もし1ミリでも自覚症状があるなら即刻辞任すべきだが、そんな話は聞いた事がない。

では、日本全国絶望的かと言えばそうではない。
絶対に再稼働を認めそうもない知事が存在する。
彼に意識障害の形跡は認められない。

なぜ、こんなにも正反対の知事や首長が併存できるのか?
冷静に考えればこれほど不思議な現象はない。
普通の神経の持ち主なら不正選挙を疑う。
だが、この国の政治家は不正選挙の「ふ」の字も言わない。
横並びに口チャックで何を守ろうとしているのか?
よほど誰かさんが怖いのだろうが、この辺の事情は司法も同じである。

だが、答えは以外に単純。
金である。

「50年後の子孫がカタワになっても知ったこっちゃない」。
目先の金が欲しい。

稀にマトモな首長がいると、そっちの方が絶対的少数派。
よってたかっていじめられる始末。w
だから橋下某でも言いたい事が言える。
末期。
救いのない地獄(ブラックホール)がぱっくりと口を開けている。


偽物現総理が居座る副作用は宇宙崩壊レベル。
政官財(中央集権勢力)は意識障害者が占拠、絶対的安定多数。
いくら選挙をやっても同じ。
この国の主権者には選挙権すらない。

原発事故が起これば、総理大臣だろうが天皇だろうが、誰かが謝って済む問題ではない。
そんな見切り発車技術の出来損ないを54基もつくらせたのは誰か?
自民党である。

原発事業の歴史はネットに山ほど資料がある。
そのすべてを調べた訳ではないが、始めから発電ではなく兵器転用前提であった事くらいは知っている。
日本に原爆が落とされた時点で、某ロックフェラー氏は原子力に見切りを付けていた。
当時、最終的殺戮兵器として脚光を浴びた原子力兵器だが、最終殺戮兵器にはほど遠い威力。

第一次、第二次世界大戦でボロ儲けした軍事産業。
だが、肥大した産業規模に見合う次の儲けをあてがわなければならない。
超簡単に言えば、爆薬工場は肥料会社になった。
化け学産業が医療産業になった。

いつの世も、お金持ちは自腹を切らない。
平和利用と称する発電事業の立ちあげ。
夢の未来、無尽蔵のエネルギー。
莫大な投資回収と更なる資金調達のための原子力産業の拡大は仕組まれたワナ。
(実際は悪夢に消された未来、無尽蔵の核のゴミ、貧乏人を永遠に貧乏にする人工削減装置)

核の平和利用なる絵空事は、あっという間に世界規模に拡大。
その中枢に日本の軍産共同体も首を突っ込む。

実際に発電して売電して分かる非効率。
使用後の核燃料はどうするのか?
非核三原則で縛られた日本で兵器転用は無理。
それでも、数千発分のプルトニウムを保有する矛盾。

現偽総理はイスラエルとの三角貿易で手痛いミスを冒している。
アメリカは表向き使用期限切れ核弾頭処理に際して第三国に売り渡す事は出来ない仕組みになっているが、そんなモノは無視。
純度99.9%のプルトニウムを日本が買う。
だが、米国議会、諸外国の目をかわすために一端第三国に運ぶ。
その相手がイスラエル。
しかし、イスラエルは純度99.9%を我がモノとし、品質の劣るプルトニウムを日本に輸送したともっぱらの噂。
第一次安倍内閣当時の話である。

その段階で既に日本の原発は54基。
再稼働派の自治体首長は原子力平和利用を信じる間抜け(病気)である。

それもこれも、自分の頭でモノを考えられない。
考えたつもりでも、前提として金(交付金など)に目がくらんでいる。
金を背景に世襲候補だの、中央天下り候補を受け入れ、原発利権にズブズブに浸っているうちに重篤な意識障害になる。
極めて当然。

個人では責任を取れないから自治体のトップがいる。
だが、自治体のトップごときに責任は取れないから国がある。
311を経て、今や犬猫でも知っている無責任大国、日本。

カンナオト、野田豚首相、偽総理は責任を取らない。
福島県知事も知らん顔。
盗電も何とか保安院も、安全何とか委員会も右に同じ。
日本に原発を導入した当事者の誰ひとり、責任はとっていない。
それでも平然と呼吸をしている。
彼らは血の通った人間ではない。

安全審査の責任者は「私は当該原発が安全であるとは一言も申し上げておりません」。
ただのペーパー審査。
判子をつけばおしまい。

どいつもこいつも病気である。
病人(重篤な精神障害)は市中を歩くな。
まして奴らに高い報酬を払って上級生活。

一方、被災者は下流下流に押し流されて高齢化。

選んだのはお前たち、だから、悪いのはお前たち。
原発再稼働は主権者の選択という論理。

それもこれも、民意を反映しない選挙が原因。
痴呆症大政翼賛会を守るために軍事政権並みの人権拘束法案を矢継ぎ早に通す。
メディアは箝口令。
二言目には「そのご指摘は当らない」で、それ以上の追求はなし。

原発が事故った場合、
「責任は主権者の死、子孫の後遺症で賄う」
実際そうなのは、福1で証明済みである。

マトモな人間なら絶対にYESとは言わない。
誰も責任を取れない案件にGOサインを出せる人間しか当選しない。
たとえヒトデナシの息子、パンツ泥棒でも・・・。

再稼働する病理。
それを許す病理。
責任ある立場の人間、誰ひとり不正選挙を糾弾しない病理。

伊方原発の地の利を観れば一目瞭然。
再稼働は日本壊滅の西日本バーションである。

今度は超小型核爆弾ではない。
恐らく神の杖、あるいは最新宇宙兵器を使用する。

意識障害知事も痴呆症知事も死ぬ。
死ねば責任は問われない。

それでも構わない。
意識障害者や痴呆症には痛くも痒くもない。
とうの昔に意識(心)がないのだから・・・。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

日本国は末期癌

(Mon)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




日本国は末期癌

70年かけて岩盤並の癌細胞。
この癌に自然治癒力はない。

癌は正常細胞の働きを上回る速度で生命維持のパワーを喰い尽くす。
日本国の癌、政官財は養分をたっぷり独占した挙げ句、本来日本人のための資産を外国へ移転。

癌細胞で言う所の転移である。

もちろん、国内54基もの癌細胞転移ステーションもあり、どんな小さな自治体にも癌細胞のお仲間が巣食っている。
毒には毒を。
そういうつもりはなくとも、日本人の平均的化学物質摂取量は世界トップレベル。
子孫を根絶やしにする材料には事欠かない。
どうせ、未来がない国なので、老若男女、追いはぎ天国、その挙げ句死んでもらう。
容赦ない癌細胞は、正常細胞根絶やし愛好家(ジャパンハンドラー)のご指導通り、滅亡へ一直線。
それが「この道しかない」偽総理のスローガン。

本来なら20世紀中に癌細胞を死滅させておくべきだった。
チャンスは何度もあったはずだが、当時の責任世代は目先のことしか考えない。
頭が悪く、センスもない、電痛や薄泡導のコピペデザイナーと同じ。

日本の重要な役職、官も民もあわせて現在のトップは押しも押されぬ癌細胞である。
「早く死んでください」環境。
「早く死んでください」レシピ。
「早く死んでください」医療。
緩慢なる毒殺から、直接的な生命維持装置の電源オフへ移行中。

さて、マトモな名もなき市民はどうすればいいのか?

公共は癌細胞に埋め尽くされている。
民もブラック企業癌細胞が破竹の勢い。

随分手遅れな感じでも、マクドやケンタが業績不振、ブラック企業の代名詞系飲食も倒産の噂がチラホラ。
今でも煩いくらいうっとうしいのは、分子量が巨大なので吸収されようのないコラーゲンを飲んで健康になれ産業くらいか。

ひとりの人間の身体も国体も基本は同じ。

正常細胞と代謝異常細胞の割合(数ばかりではないが)で生死が決まる。
圧倒的に正常細胞が優位でなければ正常代謝は無理。

癌細胞にした所で正常細胞が作り出す生命エネルギーに依存している。

癌細胞の駆逐は、人間の癌治療と同じ。
抗がん剤に依存すれば余命を縮めながら殺人医療産業に金を貢が如し。
助かりたいなら金を払え産業は、癌細胞なので、利用すればするほど癌が転移増殖する。

この構図は税金も同じ。
現在、この国に納税すれば癌細胞増殖に手を貸し、癌細胞の海外転移に手を貸すだけ。


此処まで末期がんを放置したので、いまさら地産地消、清貧、粗食などの高度な知恵と精神力を必要とするライフスタイルに適応できる人は限られる。
人間、50歳過ぎたらかくあるべし、なんて、今さら人様に言いたくはない。

だが、散々、癌細胞増殖に手を貸して来た人間が180度転換し、清貧生活に喜びを見いだす以外、治療法はないのである。
その数が1%増えるたびに、癌細胞は死滅する。

もう手遅れ。
と、思わぬでもないが、どうせ死ぬなら抵抗して死にたい。
0.001%でも、癌細胞抹殺に貢献して死にたい。

2つの大きな渦がせめぎあう。
圧倒的多勢に無勢、最初は数%しかいなかった「いち早く日本の癌細胞撲滅に立ち上がった人」が、それなりの割合を占め始め、それに賛同するポテンシャルを含めると30%に迫る。

正常細胞が30%あれば、本来数%の癌細胞はそうとうなダメージを受ける。
確かに今だ半数は、自らが不治の癌細胞に取り囲まれた生活だとは気づいていない。
だが、彼らの正常代謝の余地が広がる分で、日本国全体の自然治癒力は活気を取り戻す。

それには強い地の利(自然循環サイクル)が必要である。
幸い、日本の循環サイクルはミラクルである。
(日本の土壌に住み着く微生物がミラクルと言う意味)

20世紀型低品位物欲人間でも生きられたのは、日本独自の循環サイクルのお陰。
だが、次世代はもちろん、50過ぎのおっさん、おばさんでも、気づいた人は動き出す。
少なくとも意識の中身は随分と変化した。

癌細胞の蔓延る余地をカットするには、制度や仕組みは後。
まず、ひとりひとりの意識転換が先。

意識総体と、土壌微生物のコラボが自然治癒力(代謝力)をよみがえらせる。
遠回りなようでも癌細胞を死滅させるには、これしかない。

ある時点を超えた瞬間、世の中の雰囲気はパッと明るくなる。
光は土の中からも、人間の意識の中からも照射される。

癌細胞がいくら秘密衛星からおかしな電磁波を放射しても簡単に跳ね返す光。
癌は光を浴びれば瞬殺。

だが、問題はその後。
いきなり子どもに委ねるには荷が重い。
その準備は滅亡含みの今から始めておかなければ間に合わないのである。

21世紀、そのような仕組みは主権者ひとりひとりに委ねられる。
代表制にすれば癌細胞が蔓延る繰り返し。
20世紀には戻れないのである。

発癌しようとしまいと、日本人は癌で死ぬ。
日本国は末期癌。
であるからして、自分だけ健康でも何の意味もない。

健康お宅(それ自体、癌の一症例)に過ぎないのかも知れない。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。