FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

独り立ちできない出来の悪い子ども

(Sun)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




独り立ちできない出来の悪い子ども


外国人が日本人に抱くストレス。

顕著なのは「制限付き自由に甘んじる性分」で、ある。

幼稚園、保育園から始って6、3、3、加えて2年から4年、足掛け22年から24年もの学校生活。

さらに、社会人になっても、おおよそ変わらぬ集団体制でぬくぬくと生きられる・・・?


中には口角泡を飛ばし、強烈に自己主張を展開する向きもあるが、何処か集団ありき、つねに同調圧力を背景にした操られ感が滲み出る。

世界標準から見れば、非常に珍しいスタイルである。


多様性が当たり前。

まず、何をするにも自分の考えが主。

それが正しかろうが、間違っていようが気にしない。

もちろん、それ故の要らぬ苦労、軋轢は大歓迎。

問題をクリアする度にむしろ磨きがかかる。


人間は社会的動物である前に一人の地球人。

ナショナリティーは尊重するが、その前に在る統合世界とつながった一個の生命体である。


自称先進国はどこも似たり寄ったり、と、言う見方もあるが、その中に在っても日本人は奇異。

彼らが、普通の日本人(とりわけ若い人)を見て、ストレスを感じるのは、余りにも脳天気な集団に埋没した安定信仰。

早い話が心配で見ていられない。


一歩、外に出れば回りは泥棒、詐欺師。

騙される方が悪いのである。

では、いちばん騙され易いタイプは?と、聞かれれば、集団迎合型埋没タイプ。

平均的な戦後生まれの日本人である。


イスラム圏や(誰が呼んだか知らないが)発展途上国の人間が持つ自意識の苛烈さは、生存上、必須な能力。

かといって、日本式競争社会とは全く質が違う。

実にのんびりしている。

無責任とも言える。


だから発展性が無い。

経済が弱い。

???

逆である。

まず、経済動物から自由になって始めて、意識の水路が開く。

働かない自由、生存条件を自らつくり出すよろこび。

いろいろあって、学校へも行き、洗脳を適度に施されてもなを、違いを感じるセンスが働く。


平均的日本人は20年以上の学校の延長線上に経済動物専用の囲いの中の人生がある。

それが先進国流だと思い込むのは勝手だが、肝心なものがゴソッと抜け落ちる。

意識の主体性である。


例を挙げるまでもない、少なくとも戦後70年余、日本民族は騙され続けた。

誰に騙されたか?

痔罠党的絶望社会と言ってもいいし、藤原時代から続く官僚家支配と言ってもいい。

経済の血液(銀行システム)は初めから詐偽、加えて油ダ屋式経済動物飼育法をあからさまに採用。


今や公共は彼らの私物。


良心的な外国人(普通の人々)ほど、日本人の平均像に不安を抱く。

まるで、いつまで経っても独り立ちできない出来の悪い子どもを見るように。


当ブログ管理者も、同じ目で見られて来た。

何度も鋭い指摘を受けた。

 「同じ事を他の日本人にも言った」

 「だが、彼らは自信満々で聞く耳を持たない」

 「君は彼らとは違うようだが、君はそんなに自信がないのか?」

・・・。


他人の意見なんてものは、多かれ少なかれ偏ってナンボ。

熱帯の荒れ果ては自然(と言っても、日本人には驚愕の自然循環)を見続けた事が功を奏した(のかも知れない)。

お陰さまで、かつて、自己の中心軸に在った気がする「日本人かくありき」的な同調圧力は随分と薄れた。


普通はこれを10代より前に始め、身の回りに起こる出来事にもみくちゃにされながら自身の立ち位置を決めて行く。

もちろん、すべての外国人が強烈な自己主張を全面に出す訳ではない。

むしろ、自己主張の少ない穏やかさの内面にこそ、強烈な意識世界が存在する。


彼らは現実世界でどう見られようと、意識世界に重きを置いて生きている。

自称先進国の動物経済指標から見れば、貧困とか極貧と言われても、意識世界は逆さ富士。

遥かにゴージャスでエキサイティングな暮らしを楽しんでいる。


とは言え、何がうらやましいかは人それぞれ。

世界にも(表層しか知らないと決めつける前に)日本人のような暮らしを望む人々もいる。


日本人に限らないが、何者かに騙された暮らしに甘んじる限り、それが他者に要らぬストレスを与える。

それが、いずれ、争乱のタネになるのである。



外国人には分りにくいアラブ系とアラビア系に紛れ込んで紛争のタネを蒔く油ダ屋式は見破られた。

東アジアも同じ轍を繰り返さない事が肝要。


ジャパンスタンダードなる妄想が在るとしても、それは、つねに流動する価値である。

江戸時代以前のご先祖様に聞くまでもなく、戦後70年余の在り方はジャパンスタンダードとは程遠い、オレオレ詐偽。

そんなモノは即刻捨て去り、イライラ(他民族から見ればストレスの原因 ☞ 紛争のタネ)を取り除くことが望ましい。


一刻も早く、ひとりひとりの日本人がスッキリした清々しい気分で毎日を過ごせる時代にしたい。

そうすれば偽総理や雨ポチミドリ虫、いわゆる寄生系吸血生物は、放っておいても消滅する。


物理世界に蔓延る以前に、意識領域の潜伏場所を無くすのが先決。

殺虫剤なんて野暮なものはいらないのである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg
スポンサーサイト

ドーパミン漂流者

(Sat)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




ドーパミン漂流者



里山が無くなって日本は貧しくなった。

とは言うのものの、里山はそもそも奇跡的な環境、一概に地方だったら再生できるとは限らない。

だからせめて、空き地が欲しい。

市街地も郊外も、見事なほどに空き地が無い。


山裾ギリギリまで宅地化するご時世、この世とあの世の境界線が人間の一方的な線引きで絶滅の危機?

な〜んてことはない。

むしろその逆で、都市空間のあちらこちらに地獄の裂け目がパックリ口を開いている。


現代人はドーパミン漂流者である。

空間の裂け目に遭遇したドーパミン漂流者は突然血相を変える。

軽ければひっくり返ったり、一瞬、ビクンと身体が震えたり。

重症だと他者や動物に危害を加える。

薬中ではない。

薬物中毒までいかずとも、現代人はかく乱物質のとり過ぎでかなり不安定な状態で生きている。


燃えるような熱い衝動で突っ走りたい。

と、思った子どもが遊ぶ環境がない。



理由は簡単、不安定な人間は他者を思いやる余裕が無い。

幼い子どもならそれほど広い場所は必要ない。

雑草ぼうぼうの空き地で充分である。

猫じゃらしの穂を弾きちぎり、草の幹を踏み荒らして駆け巡る自由。

それが無い。


当ブログ管理者は決して動物嫌いではないが、都市にドッグランを造れと言う人に言いたい。

犬より人間が先でしょ。


もちろん、その昔は空き地がいっぱいあって、人も犬もその他の小動物も一緒に遊んだ。

空き地は人間以外の生物にとっても重要である。


土地制度、土地税制の問題?

いやいや、そんなモノはどうでもいい。

この先、日本は空き家だらけ。

凶暴な地獄の裂け目が出現したら、その地域一帯は否応無しに限界集落。

誰のモノでもない土地を勝手に飯のタネにする輩は、いささか、度が過ぎたドーパミン漂流者。

自業自得の憂き目に遇うのは必定。


公園管理は役所の仕事?

いやいや、そんなモノもどうでもいい。

人間の意識が望む通りに環境は変化する。

たった一人でも、当ブログ管理者は明確な意志で空き地を望んでいる。

だから、きっと空き地は増えるのである。


海は漁協のものでは無い。

地上は誰のモノでもない。

世界遺産を有り難がる今どきの常識人の頭はイカレている。


大金をつかんだときのドーパミンが忘れ難く、次はもっと強い刺激、その次はもっともっと強い刺激。

そんじょそこらの刺激では反応しない不自由な身体になってしまった。

そんな彼らが地獄裂け目を通りすがる時、音もなく引き金が引かれる。

北斗の拳で言えば3年殺し、あるいは7年殺し。


縁起でもない事を言うが、2000年以降、懲りずに20世紀型偽民主主義、油ダ菌資本主義でドーパミン出っぱなしのお歴々は危険水域。

そろそろ、秘孔に打たれた拳が起動する潮時。

こんな輩がバタバタと倒れ、地上からいなくなれば、自ずと空き地が増えるのである。


管理者はいない。

名目上いても何もしなければ、その場所は空き地である。

ドッグランなどつくるまでもなかろう。


必要なのは、ドーパミン漂流者をつくらないための空き地。

次元の抜け。

憩いの空間である。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

アステカの暦

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




アステカの暦

マヤ・アステカ暦の一年は、365,2420日。

現代天文学の365,2422との誤差、わずか0.0002。

アステカ帝国の帝都、テイノチトランはまばゆいばかりの神殿群が建ち並び、人口およそ30万の賑やかで美しい都市だった。

最後のアステカ皇帝モクテスマ二世は1519年に訪れるスペイン人神父、エルナン・コルテスを2世紀も前から予見していた。

アステカ帝国はキリスト教への改宗(事実上の侵略)を前に、無抵抗で滅びる道を選ぶ。

そんな、アステカ人の一年(農業歴)を見てみよう。


☞ 4月21日〜5月10日 トシスカトル

一人の気高い青年が神の化身として選ばれる。
美しい衣装をまとい、神に相応しいマナーを教えられ、8人の従者をあてがわれ、笛を吹いて暮らす贅沢な一年が保証される。

4月の20日過ぎに4人の美しい少女と5日間結婚する。
それが終わるとピラミッドの階段を登り、頂上の祭壇に横たわる。

神官は黒曜石のナイフで彼の心臓を切り取る。
血まみれの死体は一気にピラミッドの階段を転げ落ちる。

☞ 5月11日〜5月30日 エッアルクワリストリ

神官たちは雨のお祭りのために湖へ巡礼する。
途中、神官に出逢ったものは神官の略奪に抵抗してはいけない。

少年と少女が犠牲の心臓とともにカヌーに乗せられ、湖に流される。
彼らは雨の神、トラロコスに捧げられる。

☞ 5月31日〜6月19日 テクイルウイトントリ

尼僧たちの舞踏は塩の神、ウイクストチワトルに捧げられる。

☞ 6月20日〜7月9日 ウエイテクイルワイトル

若いトウモロコシの女神、シロネンのお祭り。
8日間、休みなく踊り続ける少女(奴隷から選ばれる)は、お祭りが絶頂に達した時、首を切り落とされる。
次に心臓がくり抜かれる。

このお祭りが終わると人々はやっと新しいトウモロコシを食べる事ができる。

☞ 月10日〜7月29日 トラショチマコ

太陽神(軍神)ウイッテロポチトリに七面鳥とトウモロコシケーキが捧げられる。

この期間は性交が許される。
商人は商売の守護神ヤカテチユトリに人心供養を捧げる。

☞ 7月30日〜8月19日 ショコトルウェツイ

火の神、シワテクトリを祀る。

囚人たちが彼らの逮捕者と踊り、マリワナで麻酔にかけられ、巨大な燈へ投げ込まれる。
全体が焼け焦げる前に心臓を切り抜かれる。

☞ 8月19日〜9月7日 オチバニストリ

成熟したトウモロコシの女神テトニヤンのための盛大な祭り。

テトニヤンに扮した女性の首が切り落とされ、皮を剥ぐ。
神殿で人心供養にされる青年の身体に被せられる。

☞ 9月8日〜9月27日 テオトレコ

この期間、神々は地球を離れる。

☞ 9月27日〜10月17日 テベルウイトル

四人の女性と一人の男性が雨ノ神、トラロコスに捧げられる。

☞ 10月18日〜11月6日 ケチョリ

狩猟神、ミクスコワトルに狩猟で捉えた動物が供せられる。

この期間、四日間は男は妻と共棲できない。
老人は飲酒を禁止される。

☞ 11月7日〜11月26日 パンケツァリストリ

太陽神(軍神)ウイッテロポチトリに音楽とダンス、軍事試合を催す。

軍事試合に駆り出された奴隷が血祭りに上げられる。

☞ 11月27日〜12月16日 アテモストリ

雨神、トラロコスへ雨乞いするため神官たちが自分の舌に穴を縄を通す苦行が行われる。

☞ 12月17日〜1月5日 チチトル

母神、イラマテクトリのために女性の首が切り落とされ、踊り子たちがこの首を持って町を練り歩く。

枕を投げ合う遊びが催される。

☞ 1月6日〜1月25日 イスカリ

火の神、シワクテトリのために狩猟祭が催される。

四年に一度、子どもたちは耳飾りをつけるために耳に穴をあけ、代父母が任命される。

☞ 1月26日〜2月14日 アトルクワルコ

雨神、トラロコスと水の女神、チヤルチウティクに雨乞いのための大祭が催される。

羽根と花で飾られた子どもが山上の人身供養に上がる。
木剣の試合の後で戦争捕虜の心臓が黒曜石のナイフで切り落とされ、サイブ神に捧げられる。

☞ 2月15日〜3月5日 トラカシブワリツトリ

皮剥ぎの神、サイブ神へ囚人たちが供せられる。

心臓を切り取った後にピラミッドから投げ落され、剥ぎ取られた皮を神官たちが被って町を練り歩く。

別の囚人はピラミッドの頂上まで髪の毛を引ずられ、片方の足を祭壇につながれて木剣で戦士と試合を行う。
死の直後、心臓が切り取られる。

☞ 3月7日〜3月26日 トゾツトントリ

女神、コワトリクエと雨神、トラロコスのために子どもが山上の人身供養に上がる。

☞ 3月27日〜4月15日 

新しいトウモロコシの祭り。

男神、シンテオトルと女神、チコメコワトルを祀る。

若い娘たちが女神チコメコワトルの寺院へトウモロコシのタネを奉納し、神官の祝福を受ける。
そのタネは大切に家々に持ち帰り、播種の時を待つ。

☞ 4月16日〜4月20日 ネモンテミ

この5日間は不吉な期間である。
人々は家にいて静かに過ごす。
もっとも忌むべきは口論である。


1524年、スペイン人宣教師、コルテスがキリスト教への改宗を迫った時、皇帝モンテクスマは以下のような回答をしたと伝えられている。

「クリスチャンが神の血と肉(パンとワイン)を有り難がって食べるより、神ではない人間を生け贄にする方がまだよいのではないか」


スペイン人宣教師、コルテスが神殿に保存されたドクロの数を数えたところ、13万6千に及んだと伝えられる。(幾歳月の累積かは不明)

現代日本では、年平均3万人(公表値)、実質18万とも20万とも言われる自殺、行方不明者がいる。

世界中の戦争経済の生け贄は、たった数日でアステカを軽く上回る。

何ら霊的意味を持たないカネや利権のための犠牲、寂し過ぎる神ではない人間の現実。


495年前、モンテクスマは自らの帝国の滅びと、今日の世界の惨状を予言していた。

なぜなら、その後のキリスト教(バチカン)は、幼い人間の子どもの生き血(生肉)を食べる事実が明らかになった。


子どもにワクチン、排ガスと工場ばい煙PM0.5に放射能。

どっちが残酷か?


アステカでは人身供養(犠牲者?)のみが天国へ行く資格を持つと信じられたのである。

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

人間の言葉を話す動物

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments





人間の言葉を話す動物


ヘェ〜、賢いのね・・・?

???

逆じゃネェ〜の?

そんな動物が本当にいたら、本能に欠陥があると見るべきである。


動物は言語なんてマドロッコしい手続きがいらない世界で生きている。

動物の言葉は非言語。

あるものは数キロ先でキャッチする。

あるものは突然、目の前に現われた捕食者の殺気を読み数分後の己の運命を理解する。


確かに人間に比べたら語彙は少ない。

基本、食うか食われるか。

逃げるべきか、留まるべきか。

危険か危険でないか。

これさえ分れば、余計な意志の交換など無用・・・。


周波数変化の再現能力は、鳥類が群を抜く。

だが、それは人間の言葉を理解するためではない。


だからといって人間の意志を読めないわけではない。

言葉の前にある意志は言語より遥かに明瞭。


人間を捕食対象とする動物は、食い物としての人間にさほど興味は無いが、邪悪な意図を感じれば攻撃の準備をする。

その逆に仲間であると理解すれば、それなりの対応をする用意がある。

彼らに言葉はいらないのである。


意識生命体が放射する波動をダイレクトに感知する能力。

いちいち意味に置き換えていたら、捕食者の餌食。


動物の隠れ場所を奪う人間の所業の結果、絶滅危惧種に指定された種の数だけ、人類の気づきの可能性は低下する。


人間とて、最初は無数の非言語に依る意思疎通が当たり前だったのである。


人類は、いちいち言語に置き換えてマドロッコしい手続きをするようになって見る見る退化した。

著しい能力退化を補うには、テリトリーの境界線に安全柵が必要な生き物に零落れた。

皮肉な事に、それが多の生物を追いつめている。


人類の中には退化した言語を操り、わざわざ意味を難解にして法外な利益を貪る輩がいる。

東大話法を初めとするセクト言語。

官僚言語、法律家の文言も然り。

境目の無い意識の波に狭義の解釈を閉じ込める変な生き物。


あげくの果て、政治言語に至っては、言語明瞭意味不明瞭を立て板に水に垂れ流す才能なしには出世しない。

とうのご本人は小学漢字も怪しいのに、特殊な舞台装置の下では偽総理を演じられる不思議。

しかも、やっていることは、野生生物も真っ青な人殺しなのだから目も当てられない。


動物は無益な殺生はしない。

生きる事に理屈もへったくれも無い変わりに、鉄砲もミサイルも使わないのである。

裸の猿は、随分と危険な道具を弄ぶ。


人類は文言の羅列で、外部世界とのコミュニケーションを試みる。

相手の見えないコミュニケーション。

誰しも言語を駆使すれば不可能ではないと信じている。

だが、リアルな外宇宙に対峙する理解とは余りにも質が違うことに気づかない。


動物は人間の意志をダイレクトに読み取る。

人類に同じ感受性があれば、人間と動物の意志の疎通は充分に可能である。


昆虫に至っては、人間の与り知らぬ周波数帯を駆使する。

彼らは遥かに上手である。


そうであるなら、微生物のコミュニケーション能力がどれほど高度かは、想像を絶するとしか言いようがない。


あらゆる生物は統合宇宙の一部である。

もし、統合宇宙の意志と同じレベルの意識で生きられるなら、わざわざ言語によるコミュニケーションなど必要ない。

いちいち文言レベルに落すから、要らぬ誤解や錯覚に苦しむのである。


そんな制約が一切ない微生物は、統合宇宙レベルの意識生命体である。

微生物から見れば、言語なんて退化の産物以外の何ものでもない。

だから、微生物をバイ菌と呼ぶ、お門違いも甚だしい勘違い人間は軽蔑されても文句は言えない。


退化した人類の切なる願いは、面倒な言語や文字を介しつつ、少しづつ統合宇宙に近づくことである。

憧れは全周波数帯でダイレクト交信する意識生命体。

早い話が微生物に近づきたい。


人間は死んだ後に、テレパシーが使えるようになるらしい。

通話料も無ければ、プロバイダ料金もないフリーウエイ。


もとより動物は無制限のテレパシー使い放題である。

退化し続ける裸の猿から見れば、何ともうらやましい限りである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

ドタキャン

(Wed)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




ドタキャン


モグリのタクシーが行き先も知らない客を乗せて走っている。


オバマさんは蚊帳の外。

活発に動く雨ポチ油ダ屋は、米国民の利益とは無関係どころか存在自体が反逆罪。


中国の水面下なんて誰も知らない。

取りあえず、犬HKのニュースを信じて生きる日本人は、モグリのタクシーに乗った行き先を知らない客。


不意打ちをかけるゲリラ豪雨。

予期せぬダウンバースト、降り始めとほぼ同じ、わずか数分で到達する土石流。


ゴリヤク主義者のご都合通り廻ると思う思い上がりはイイ加減してもらいたい。


愚かな大多数を生かさず殺さずがモットー。

都合の悪い事は下っ端に押し付けて上層部は逃げ惑う。

次から次に愚作を弄して、失敗に継ぐ失敗。

偽総理と盗電の有り様を見れば一目瞭然。


この世とあの世の境界線が露出する場所は弾丸が飛び交う戦場とは限らない。

畳の上に寝ていても、この世とあの世の境界線は音もなく通り過ぎる。


歪みは、下位次元ほど増大する。

上位次元のエネルギーは強力だが、三次元センサーでは感知できない。

本来多次元パラレルの人間でありながら、好んで三次元限定を選ぶ人間が立つ土俵は危険極まりないリングである。

まるで、無防備な素人がプロボクサーのカウンターパンチを浴びるようなもの。

物理エネルギーが100%伝わり、脳細胞がぶっちぎれる。


意識の足場が違う人がダメージを受けない理由は、彼がもともと遥かに強力なエネルギーシールドの中にいるからである。

そのような意識の人は、そもそもそんな場所(危険なリング)には近づかない。


三次元限定の仕組みで大多数を支配しようとする輩が影響を及ぼせるのは、輩と同じ三次元限定の人間。


違う土俵の意識から見れば、偽総理や支配者の言葉は遠くに聞こえる汽笛。

聞こえた途端、寒気がする。


カルト信者にとっては金科玉条の有り難い教祖のお言葉も、そうでない人にはクソである。

ゼンゼン響かないどころか、胸くそ悪くなる。


バブル期のように1億人を(金目)の火の玉にしたければ、それなりの棚ぼたを用意しなければならない。

だが、金目で他者をいたぶれる相場も暴落中

アベノゴミクズ如きで火の玉になれる輩は、心底貧しい貧困層。

ふくらし粉まみれの株式相場と違って、こちらは実体経済に即している。


おいしいエサを貰うためにマスターベーションを繰り返せと教え込まれた猿の過労死と瓜二つ。

法律を通せば、民意は従わざるを得ないと考える官僚の自慰至上主義も限界突破中。

この先、あちらこちらでドタキャンが勃発するのは、過剰な自慰で血管が破れ大量出血するからである。

それでも止めない人間の中毒緩和に自殺幇助剤ですか?


こうなるはずがドタキャン。

ああなるはずがドタキャン。

責任者出てこい!と叫んでも無駄。


責任者は向精神薬の飲み過ぎで故人。

後ろにくっ付いた金魚の糞は、各々好き勝手に路頭に迷い混迷を深めるお役目。


行き先も告げられぬまま、インチキタクシーに乗った自己責任は免れないのである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。