FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

葬り去られることを望むかのように

(Fri)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




民主主義の根幹は、正しい選挙。
民意が反映されない統治機構への信頼はあり得ない。

およそ70年間、異常事態が常態化し、特にこの20年ほどは誰も政府に信頼を置かない。
首相は国権のトップでありながら軽蔑の対象、メディアの玩具。
一般市民の意識は、マスゴミにも況して冷ややか。

民主主義の根底が不正によって歪められた結果、民意に反する政策が強行され、アカラサマな格差や暴力的な行政命令が下される。

権力を恣意的に利用する特定勢力の利益を生みさえすれば、目をつぶる。
それを隠そうともしない大人が公道を歩いている。

中学生にもなれば、世の中が、どのような仕組みで動いているかの大方は理解する。
普通のセンスを持っていれば、日本の統治システムの根幹が腐り切っていることに気づく。

この国で不利益を被らないためには、良い大学に入って、一流企業か公務員になる以外ない。
しかし、それは、腐り切った統治機構側に属することを意味する。

社会的な親(教師や指導者)は、日本は独立国で、民主主義で、自由を尊重すると教える。
日本の統治機構に不正がないことを前提にして・・・。

これは明らかなウソなので信頼は否応無しに失墜する。


この国では、本音と建前を使い分ける指導しか出来ない。

子どもが自力で真実を見いだし、この国の実相を理解する先には絶望しかない。

これではどんな汚い世の中でも、絶望せず、力強く前向きに生きなさいと教える親の立場がない。

なぜ、こんな仕組みになったのか?

GHQ二重支配のゴリ押しが元凶。

政党は例外なく、この事実に蓋をする。
どんなにあからさまな不正があっても、政党人として、潔く結果を受け止めると言う。

政党は、ウソを言わなければ、立ち位置がない。
その証拠に、政党の基本政策に二重支配構造の打破、中央集権の再構築をあげる団体など聞いたことがない。
あらゆる政党は二重支配前提がお約束。


では、これから世界と渡り合って生き抜かなければならない次世代はどうすればいいのか?

ユダヤ金融資本はかろうじて命脈を保ってはいるが、この先の金融崩壊、戦争犯罪の摘発、地球環境破壊企業への反動は避けられない。

海千山千の世界を相手に、油ダポ属国の分際で、しかも、おんぶにだっこの忠誠心だけがとりえの従僕が太刀打ち出来る道理がない。


本来、親は、知情意が充分に発達した(三次元世界)適応力に優れた人間を育成する義務がある。
そのためには、世の中の仕組みについて、正確な情報を伝えることが前提。

ところが、この国では、正確な情報を伝えられない。
順繰り順繰り騙されて育った親世代自体、正確な情報をしかとは知らないのである。

古代史は横に置くとして、明治以降の近代史ですらオソロシク歪められている。
およそ民主主義国家とはほど遠い、不正選挙が常態化した中央集権独裁制であることも伏せられている。

それで、どんな問題があるのか?

人間が成長しない。
(年寄りはどうでもいいが、若者が成長しない)


よって立つ土台がウソとねつ造で塗り固められている限り、何もかも薄っぺら。
諸外国の若者が当たり前に獲得する情報との格差は歴然。

もはや経済大国でもなく、取り立てて世界に冠たる取り柄のない国になりつつある日本の次世代に何を手向けるのか?
初めから周回遅れで競争に参加せよと尻を叩く資格など、誰にもなかろう。

20世紀までは経済力さえあれば通用したが、これから先はそうはいかない。
知識ではない、意識領域の基本(正確な情報)が危ういまま、同じ土俵に上がれというのはいかにも酷である。


それどころか、この国の制度は、生存を妨げるレベルに達している。

例をあげれば、東京電力。
東京電力は物理レベルの組織体として、ひたすら生命を損なう役割しか果たさないトンデモ企業である。
内に対しても、外に対しても殺人的、地球規模の破壊しかサプライしない。

懸命に上辺を繕って、社会的立場を演出するものの、実相はとんでもない魔物。
誰が、今後の東京電力に期待する?

組織としての存続意義は不毛な事後処理のみ、残された業務は生死をかけたイバラの道。
こんな企業に我が子を入社させたい親は大バカか鬼畜。

自民公明が憲法改悪の果て、徴兵、強制労働で次世代に廃炉処理をさせる算段なら日本終了。
この国の制度は、次世代の人間の生存余地を奪うレベルに達したことになる。

それでも原発存続?
GHQ企業として、ボタンのかけ違えからスタートした事業体の惨憺たる末路が目の前にあるにも関わらず・・・?


中央官僚は、東京電力そのもの。
住化のような戦争化学屋も同類。

この国の政治行政司法の仕組みは、自己免疫機能を完全に喪失。
深刻な中毒症状に陥っている。

しかるに、自民公明は勝った勝ったとヌカヨロコビ。
不正がこの先も続く前提で、過去にしがみつく救い難き阿呆。

実際、彼らは自殺行為に耽っている。
フクイチ処理も出来ずに原発輸出はアポトーシス。
行動そのものが自滅遺伝子の発動である。

彼らは白昼堂々、犯罪を積み重ねる。
誰の目にも明らかな重犯罪。

まるで、自ら葬り去られることを望むかのように。

重犯罪者を見逃せば信頼は失墜。
我々は、一時的な不利益より、未来の正常化を選ぶしか道はないのである。




・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
phinfo.jpg

巡る巡る〜よ時代は巡る

(Thu)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




選挙結果は20世紀へ逆戻り・・・を選んだ。

 いや、違う。
 意識は、過去の繰り返しを望まない。

なんだそれ、
意識だろうがなんだろうが、結論がでたら、それに従うのがルール

 いや、違う。
 誰かが、誰かに従うルールは、民主主義ではない。

なにそれ、
んじゃ、何のための選挙?


と、その前に、二重支配をなんとかせな。
いくら候補者を選んでも、その背後にご主人様がいるんじゃ、話にならない。

ご受人様一派と結託した日本人モドキ。
支配層が主権者を侵害する仕組みのまま選挙って、無茶すぎない?
そりゃ、支配側の都合のいいようにコントロールするに決まってる。

選挙は、体制維持のための儀式。
だから、いくらやっても、同じ結果になる。


繰り返しを望まない一部勢力は古今東西、常に一定数存在した。

ハッキリ言って、同じ人間とは言えないほど、進化の度合いが違う。

一方が類人猿なら、こっちはマトモな人間。

つーか、猿と神くらい違う。

それでも数に勝る猿が、進化したグループの上に立ち、神でも猿に従うのが民主主義?

冗談じゃない。

猿並み人間と同じじゃ、やってられない。


違いを違いとして認めるのは、当然。
しかし、違いをルールの下におけば、人類に進化はない。

20世紀型の既得権益、戦争暴力、1%:99%をこの先、何十年も続けたい人間と、そうでない人間は明らかに異質。
数の多きものに従えと言っても、マトモな人間の意識は受け付けない。

それを分らず押し付けるのが猿の猿たる所以。
ジミンが勝った、公明が勝ったと喜んでいる。www


いくら選挙で指導者の正統性を演出しても、バカはバカにしか見えない。
20世紀なら、それで騙せたが・・・。

ゴリヤク世界限定なら認めるが、上位オクターブが混在する現実世界では認めようが無い。


開票後0秒で当選確実、公明10議席。
選挙の意味を無に帰すのは、覚醒派の仕業ではない。

公明党、あるいは公明党支持者のような存在の仕業。
そうしてもやりたいなら、何処か違う場所で、好きなだけ猿山ごっこをやれば良い。

このレベルの存在が日本国の支配にかかわるべきではない。


三次元ゴリヤク世界にも、価値はある。
だが、その価値をツマらないモノにする存在する多数派工作が民主主義を遠ざける。

彼らが存在する限り、選挙は無駄である。
選挙が無駄なら、民主主義もない。

では、どうすればいいのか?


だから、まず、二重支配なんて止めようよ。

日本は植民地ですか?
それとも、独立国ですか?


 はい、独立国です。

 独立した自由、民主、国家です。

では、自治を全面的に認めるということですな。

 はい、そうです。

んじゃ、中央集権は全廃だね。

 えっ、なんで?

独立国に、植民地管理組合は無用。

主権者イコール住民で完結。

何で主権者の上に、官僚がいるの?

何で主権者の上に、代議士と言う名のエージェントをおくの?


20世紀頭でいくら考えても時間の無駄。
あなたがたの子や孫世代は、自然に仕組みをつくり直し、何事も無かったように暮らしていくのさ。

巡る巡る〜よ時代は巡る〜。

頼むから、流れを邪魔しないで欲しい。
何かあれば、昔に引きづり戻そうとする、その薄汚い猿頭。

経団連のジイイたち。
順番待ちで天下りしたいオジサンたち。
まだ若いのに、すっかり20世紀のガチガチ頭に染められた、カワイソウな坊やたち。




・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】
banainfo.jpg
・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】

植民地奴隷とは違う風の匂い

(Wed)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




経団連は戦後植民地統治の象徴。
しかし、余りにも露骨な従米にヘキヘキする一部勢力が第二経団連をつくった。

ジミンに対する民死。
ところが、基本、こちらも従米路線に違いはない。

ご主人様は同じだし、植民地日本が前提であることに変わりない。
楽天、スズカン、第二経団連、民主党が政権政党だったから成り立った話も立ち枯れ。

原発推進、TPP推進、んじゃ第一経団連と何が違うの?
と、いう話。

それでも、電痛系有名人を動員すれば、一般市民の支持が集まると踏む辺りが甘ちゃん。
と、いうか、そうそうたる経営社や時代をリードしてきた文化人のレベルがその程度。


名もなき一般市民は、センスでもって、植民地奴隷とは違う風の匂いを嗅ぎ取っている。
経済界とか、20世紀のまま進化しない科学者とか文化人の化石化は如実。

だが、そんな新しい風を惹き付け、受け皿となる政党は存在しない。
残念だが生活の党も、緑の風も、ガチガチの硬直化した古い容れ物にしか見えない。

仮に不正選管ムサシが無かったとしたら、どうか。

生活の党、緑の風は全員当選。
もちろん、山本太郎氏も三宅洋平氏も当選し、組織票と仕組みでしか当選しない維新や自公の無名比例候補は惨敗。

だが、それでも、経団連、第二経団連の思惑通りの日本になる大筋は変わらない。
20世紀の継承という意味で、大勢に影響はない。

今回の参院選、結果は最悪のように思えるが、どうしても、そのまま自民傀儡勢力の天下になる気がしない。
彼らは放っておいても自滅する気がしてならない。

20世紀を引きづる、カタチ、構造、仕組み、モノ、人間、意識は、片っ端からブラックホールに飲み込まれていく。
見方を変えると、今回の不正を含む選挙結果も、その一端にしか思えないのである。


今回当選した候補者は消えていく。
むしろ、当選しなかった候補者がより、重要な役目を負っている。


この先、センスでもって植民地奴隷とは違う風の匂いを嗅ぎ取っている一部の市民(少し先の有権者)に相応しい政党は存在しない。

おそらく、彼らの受け皿は政党というカタチでは存在しない。
つまり、選挙そのものが無意味になる。


積み上げて来た三次元世界の構造がそう簡単に変わる訳が無いと、堅く信じる人には荒唐無稽な話だろう。

しかし、どんな頑丈な構造も揺ぎない利権構造も同じ。
最も中心となる意識の暗黙の了解の上に、辛うじて揺らめいているに過ぎない。

最も中心的な意識は、徐々に入れ替わっていく。
60代以上、70代80代以上の中にも植民地奴隷とは違う風の匂いを嗅ぎ取っている一部の市民がいる。

さらに数は少ないといえ、子どもがそれに加わるのだから、存外早く、容れ物はひっくり返る。
では、その時間はどれほどだろうか?

早ければ年末。
遅くとも3年以内。

我々はできるかぎり、意識をフニャフニャの柔構造にしておく。
かくあるべし、なんチウ石頭がいちばんいけない。





・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
ayuinfo.jpg
・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】

創造性に欠ける行為を褒めそやす

(Tue)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




目には見えない循環センスが育たぬまま大人なった人間は、次世代に伝えるものが何もない。

目に見える世界、知識や、概念しか分らない。
それでは実相の片鱗の1/1000も掴めない。
だから、簡単に騙され、利用され、家畜のような境遇に甘んじる。

最悪なのは、一定の年齢に達すると、誰もが評論家になる社会。
給金をもらうための仕事をある程度マスターし、例えばその領域でリーダー格になると、一人前のような気持ちになる。
だが、どの評論家も内容は金太郎飴であることに、気づかない。

例えば、企業経営のトップは持株会社の株主。
つまり、資本家であって、企業組織(まして事業会社)でいくら出世しても、立場はあくまで使用人である。

日本の総理大臣に登り詰めても、植民地支配の事実上の支配者(マイケル・ミドリ虫)の使用人である。

使用人が下位の使用人を使役する仕組みから、想像力は生まれない。
何もとんでもない発明や、画期的技術革新をせよというのではない。
一つのモノを量産しても、その一つ一つの製品ですら創造的でない。

厳しい評論家の目線で、お互いを監視し合い、違和感のある存在を徹底的に排除し、均質な状態を是とする。
そのような環境で還暦を迎えた人間の取り柄とは何か?

人を均質に貶めることである。


規則は、目下の者を縛る手段でしかない。
実際、ご本人は、年齢相応の縛りに堪えてきた。
逆らったり、改革しようとはしなかった。
それが、平均的な生き方だと信じている。

で、あれば、次世代になんらアドバイスできないのは当然である。
まして教えることは出来ない。
(教える必要はもともと無いが・・・)

ところが、このような人物ほど、次世代に余計な干渉をしたがる。
誰よりも平均的な生き方をした自負?
均質化領域で人並み以上の知識と経験を持つとの自負?
何故か自信満々で、周辺に干渉することが自らの使命とすら、思っている。

平均的生き方をしたエリートの何倍も考え、センスを磨き、それを現象世界で表現する人(例えば山本太郎氏)に向かって、あれこれと差し出がましいツィートをする均質人間の何と多いことか。
(露骨に足を引っ張る人とある意味同じ行為だと思う。もちろん、山本太郎氏が正しいと言うのではない/相対として)

ざっと高校生以下は誰もが山本太郎氏のような存在だが、それを、センスの無い、知識と規則だらけの均質人間に引きづり降ろすのは誰?

目には見えない循環に接する機会のないまま、センスが育たず大人なった人間の群れである。

それだけなら、子どもがいずれ大人を凌駕すれば済む話。

しかし、使用人は法律(規則)で三次元ゴリヤク世界に結界を張る。
一つのモノを2つに切り分けて、一方に価値を偏らせる。
三権分裂。
しまいには主権剥奪。
センスのないヒトは、それを真に受けて、何とか人並みに合わせようと懸命に自らを平均化する。

彼の知識は、第一義的な制約に重きを置いた「役に立たない知識」であって、循環世界にはトンと縁がない。

物理世界の規則性の中でしか、役に立たない知識や経験を熱心に後継者に伝える作業は、時間の後退である。


まして、そのようなカリキュラムを国をあげて少なくとも12年間も義務化する。

均質化したエリートとは、無垢なセンスを貪り喰う特権階級を目指す者。

その他大勢の楽しみは、異質なものを平均化すること。
全く、創造的でないし、生産的でない。
単なる変態。

女王様にとって変態を飼育するのは簡単。
規則大好き。
創造性に欠ける行為を褒めてやる。

変態は、子どもから遠ざかり、やがて嫌われ、恨みすら抱く。

そりゃ、そうだ、このような人の側にいると巡りが閉塞する。
近づき過ぎればエネルギーを吸われる。

敏感な子どもは逃げる。

だが、この国は、それが普通の親であり祖父母。
DNAに眠るかつての記憶の片鱗が、辛うじて家族関係をつないではいるが、それもいつまで持つのやら。

GHQは、明確な意図を持って、日本人の循環センス分断のカリキュラムをつくった。

およそ70年になろうとする年月をかけてセンスを失った現在の責任世代。
その中の選りすぐられた『優等生』が支配階級を構成している。
不正選挙はこの仕組みを維持するために存在する。


人間の価値はどのくらい、自分自身の時間を生きたかで決まる。

使用人でいる時間が長過ぎる人はこの限りではない。



だれもが、充分な自分の時間を持てない世界を何と言いますか?

人生のほとんどを使用人として生きる生き方を何と言いますか?

自由もなければ、主権者でもない国の国民を何と言いますか?


では、我々がいま、暮らしている世界はどうですか?


物理世界の様相がどうであれ、ひとりひとりの意識世界にはそれぞれの時間が存在する。
本来、コッチの世界が主。

成熟した大人が、コッチの世界にほとんどいない国はどんどん貧しくなる。

巡らないのだから、当然である。

この国は、物理世界のギアをさらに一段シフトダウンした。

どんどん貧しくなっているのである。



・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
phinfo.jpg

選挙なんて無駄じゃん

(Mon)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




いやあ、呆れるほど惨憺たる結果。

評論家風に言えば、原発・増税・tpp・憲法改正賛成政党しか残らない。
これがほんとうに民意なのでしょうか?

ナわけねーじゃん。

生活の党の基礎票はこんなモンじゃ無い。
と、オッサン世代は考える。

1226は100万票単位、721は10万票のやりくりで反原発政党を潰す。
それにしても、こんなにきれいに潰したら誰が考えても不正選挙。


同じくシラケ切っているのが、10〜20代。
棄権も多かったようだが、そもそも、選挙なんてオカシクね、の世界。

そんなら、誰も投票しなきゃイイジャン。

投票率10%以下なら、そんな制度自体止めろ!チウこった。

チウか、どうしたら良いか決めさせてくれよ。
みんなで考えればイイジャン。


選挙自体がなくなれば、不正選挙もできないし・・・、

オジサンの言う何とか利権で喰うゴミもいなくなるじゃん・・・

そうだよ、一端みんな止めればいい・・・

選挙なんて、無駄じゃん。www


ワシもそう思う。

彼らの頭の中は別のセンスで動いている。
オジサンのようないらない知識や世間体は微塵も無い。

彼らは山本太郎氏や三宅洋平氏を評価するが、やはり、一世代センスが違う。

だから、この先は自民党だの公明党だのと言っている、手遅れな年寄りの出る幕はないのである。
そうはいいつつも、不正選挙は糺す
糺す過程で、カビの生えた世界に変化が起こり、いずれ、選挙何チウ無駄な儀式は消滅すればいい。


若い世代が関心がないのは当然だと思う。

この国の腐り切った仕組みに、全く魅力を感じない。
しかも、後ろ向きの、20世紀の既得権益のために、全てが動いている。

こんなものに、乗る方がどうかしていると感じるセンスは正しい。
彼らの表現は二次元的なイメージや構造の無い概念に基づいているので、一見、無茶のようだが、そのセンスは明らかに四次元的である。

年寄りも、変な固定概念など捨てて、前を向いて歩こう。

ガチガチの三次元頭が出来上がった人は実のところ、非情に迷惑。
誰しも評論家にはなるが、何一つ実行はしない。

隙があれば、理論武装とやらで、せっかく四次元で遊んでいる若者を、面白みの無い三次元結晶の枠に嵌めようとする。
取り残されているのは誰か、基本的に分らないカワイソウな人間。

どんな濁流にも、他とは違う渦巻きを描く渦巻きがある。
流れそのものに無関心でも構わない。
大きい流ればかりに目を奪われることも仕方が無い。

だが、小さな渦巻きを集めて早し最上川。

若い世代のセンスには見るべきものがある。
どのみち、彼らが次代をつくるのだ。




・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】
banainfo.jpg
・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。