FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

流通

(Sat)

Posted in 【ブログ】

0 Comments





「人」「モノ」「カネ」のうち、2つまでが、本来主役であるべき主権者と切り離されたら手も足も出ない。
生産活動が巡らない」世界は貧困。

最悪の、邪魔(障壁)は流通。
(流通 ☞ 税 ☞ 中央集権)

流通は「モノ」の融通。
コメがない所にコメを融通する。
それだけの話し。

一カ所から1トンでも、100ケ所からなら100トン。
問題は即座に解決。
しかし、実際はこれが不可能な仕組みになっている。

なぜなら、流通には分厚い座布団がつきまとう。

現在の仕組みは、あえて(流通由来)の貧困を生産する。
徴税が優先、富の一元管理のために極端な貧困をつくり出す一翼を担う流通業。

都市住民の大量消費が地球を貧困に晒す。
この構造的矛盾を人質にとった中央集権は「人」「モノ」「カネ」の全権を奪いつつ在る。

マスメディアの世界に於いては「人」「モノ」「カネ」はかれこれ70年余、幽閉された檻の中。
押しも押されぬ実力者は看守。

牢獄の内と外。
隔てているのは鉄格子。

日常の風景は、ありふれた親子がゾロゾロと鉄格子の中に入り、何事もなかったように外の世界に帰っていく。
それぞれの家庭には不自由が流通しているとも気づかずに・・・。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】 天然ヘナ愛用者・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

溺死ランド

(Fri)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments





水面は液体と気体の接合する場。
人間の目は節穴で、実際は水面から数十メートルは液体の延長である。

海抜ゼロメートルは海中に没していると同じ。
人間はせめて、海抜10メートル以上に居住するのが正しい。

沿海部は人間の居住には適さない。
現在、地球に存在する大都市の沿海部は広大な空き地にしておけば良い。

松は水中間植物。
日本の原風景、砂浜の松林は地上の風景ではなく、海の延長線である。
海と陸の接点にあって、松のトップの高さが安全な高度を示す。

植物はトップの少し上からエネルギーを取り込む。
成長点は、肉体に当る樹皮や葉にはなく、その少し外側に在る。
広大な水際は、このような水中間植物の領域である。

境界の接合地点は内陸にもある。
松は丘陵や山岳部の境界にも自生する。
境界エリアはエネルギー交換が行われる場所、だが、それを粉々に粉砕して無価値な場所に変えたのが20世紀の人類。

本来、生命力の無い土地を農地に変えて、スカスカのカタチばかりの作物を育てるモンサント農業。
重機で丘陵をならし、エネルギー勾配を無視したモノカルチャーは環境虐待である。

大昔から農地だった場所をつぶさに検証すれば、そのほとんどは巧に境界線を避けていることが分る。
自然のままの植物相を知る由もない現代は、農地に適しているかどうの境界線すら見極められない。


農地にはふたつの適性がある。
縄文人が利用した境界線(境界線上のエネルギーの強い場所)を挟んで、豊かに自生する果実を得る方法。
これが最も効率的な共生方法である。

もうひとつは境界線を妨害しない土地を探して耕す方法。
充分な空き地を確保し、休耕地のローテーションを計画して一定量の収穫を続ける。

この方法なら、自給自足を遥かに越える生産量を確保できる。
つまり、売るほど取れる。

しかし、全ての農地から本来、空き地にすべき場所を指し引けば自ずと場所は狭まる。
その土地が許容する適性人口には自ずと限りがあることが分る。

大都市に人口が集中する現代社会では、人間の許容量の指標が見えない。
本来人間の居住に適さない場所が宅地になり、次々に空き地が潰されていく。

ありふれた日常の風景から想像だにできない事実を言えば、首都圏の市街地の70%は水没している。
水没した場所に居住する人間は、何気ない日常で恒常的に溺れているのである。

日本全国、大なり小なり、水没地帯に住む人々は、ゆうに全人口の30~40%に達するだろうと推測する。
同様に内陸部の神々の領地に土足で踏み込んだ居住人口を足せば、60~70%が危険水域に暮らしている。
三陸を襲った津波が残した風景が他人ごとなら過ちは繰り返される。

空き地を失った場所は、陸上で溺死する生命が後を絶たない。
巡らない土地は、生物生存の環が寸断されている。
どんな病が引き金になったのかはどうでも良い。
放射能も二の次。

そもそも、生命に必要なエネルギーがほとんど枯渇した場所にいること自体、自殺行為に等しい。
おごり高ぶった都市開発、宅地開発、水際の破壊は生命の安全とはほど遠い。
まさに溺死ランド。
全ては消滅を前提としたカネのための夢幻。

人間は地上世界と折り合う術を忘れた。
繰り返される大量死は、誰かの陰謀などではない。
おごり高ぶった人間のエゴが招いた発火点(中性原理の発動)である。

もし、陰謀論者がそれに乗じたとしてもイッショクタに巻き込まれてオシマイ。
いかに悪魔に魅入られた人物だろうと、人間如きが地上の支配者になることはあり得ない。
地上の善悪などチッポケ。

祟神の領地に土足で踏み込んだ人間の末路が何であるか・・・。
溺れている自覚すらない人間に知らせる術は無いのである。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】 天然ヘナ愛用者・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

人間誰しも、死ぬときは餓死、孤独死に代わりはないが・・・

(Thu)

Posted in 【ブログ】

0 Comments





肉体は1500兆の寄せ集め。
そのうちのかなりのパーツは自立独立した生命体。

成長期の爆発的な自在感覚は年齢とともに失われ、あちこちに不調が顔を出す。
しかし、そこからが肉体の使いどころ。
俺が俺がと我を張ってみても、独立した生命体には宿主都合とは無縁の優先順位がある。

肉体が俺の所有物だと思う人ほど、冷たくあしらわれる。

肉体とオノレは唯一無二と信じる人ほど、この手にひっかかる。
高額医療費を払ったのだから医者は直す義務があると言いつつ、医者に自分のパーツを委ねる矛盾。
現代医療は、言葉巧に老化を逆手に取る。

名医は狭小二世帯住宅を快適にリフォームしてくれる匠なのか?
中には合致するケースもなくはないが、ほとんどの場合、一部の改良の代償に他のパーツが不調を起こす。

それでも、人間の肉体は驚くほど頑強にできていて、ちょっとやそっとでは破綻しない。
先祖代々受け継いだ日本人の細胞は、昭和初期まで世界最高峰を誇った。

あるアジアの激戦地である西洋人軍医が負傷者の手当にあたった。
腕が吹き飛んだ人、腹がえぐられた人、手当たり次第の応急措置。
日本人、西洋人、東南アジア人。

もげた指を洗浄し、取りあえず縫合してくっ付いたのは日本人だけだった。
それも一人や二人ではなかったと言う。
日本民族の細胞再生力が群を抜く証。

通常の生活に置き換えれば老化が遅い。
西欧が日本に異常な関心を持ったのは、日本民族の特筆すべきな代謝力にある。

取りようによっては非情な誤解を招く恐れが在るが、あえて言えば、日本で放射能汚染が繰り返された理由はこれではないかと思う。

原爆を落してみた。
水銀やダイオキシンの人体実験を試みた。
世界の誰も使わないワクチンを使った。
地下鉄でサリンをバラまいた。
放射能津波で街を壊滅させた。
とてつもない電磁波を生活空間に配置してみた。
放射能瓦礫をあちこちで燃やしてみた。
耳元、脳の近くでマイクロ波を発射する機械を普及させてみた。

食生活を肉食、中性脂肪中心に変えた。
脱脂粉乳を飲ませてみた。
吸収許容量を遥かに上回るサプリメントのブームを起こしてみた。
ホルモンかく乱物質を与えてみた。
石油由来の化学合成物質を湯水のように使わせた。
現在の北京大気汚染の何倍もの強酸化微粒子で大気を汚染してみた。

医療分野は、絶え間なく人体実験を繰り返し、細胞再生力の死生値(しきい値)を検証した。

その結果、何が分ったのか?

日本人は西欧人並みに老化が早まった。
昭和初期にほとんどなかった糖尿病、がん、一連の痴呆症がポピュラーな病気に昇格した。

それに乗じて医療保険産業が発展。
医薬産業が発展。
エネルギーは核。
食物はモンサント。
水と空気は放射能。

個人の生涯所得を後期高齢医療で回収し、国際金融グループの金庫にカネが環流する仕組みに生涯を捧げる家畜の鏡。
自称先進国の標準貧乏な生き方が板についた。

オレの身体と思って付き合ってきた1500兆のかなりの部分は、独立した生命体である。
彼らは、宿主が所属する仕組みに一切興味は無い。

独立した生命体が準拠しているのは、地球の自然循環である。
昭和初期までの日本人の細胞がスペシャルだったのは、自然循環に合致した養生法がごく一般的だったからである。

肉体は自然循環の一部。
肉体を構築する体細胞が乗るタイムラインは社会システムとは無縁。

ところがどっこい、今どきの平均的日本人のライフサイクルは、強制人体実験経済網のタイムラインに乗せられる。
政府も役人も企業も学者も、日夜全力で乗換えをすすめている。

名も知らぬ天才の素晴らしいネーミング。
「生活習慣病」
コッチのタイムラインに乗らないから「生活習慣病」になると仰る。

国際金融グループの金庫にカネが環流する仕組みのための「生活習慣病」。
実に姑息なすり替え。

人間誰しも、死ぬときは餓死、孤独死に代わりはない。
しかし、自然循環のタイムラインに乗った人は、自然死に近い状態で死ねるメリットがある。

死は一つの次元上昇のカタチ。
薬漬けの意識不明なんて自然死とはほど遠い。
きれいな渦巻きがスーッと、身体から抜けていく瞬間すら分らぬ最期で本当にいいのか?


人間は自然循環のタイムラインに乗っている。
それを宿主が所属する仕組みの都合でねじ曲げるからバランスが崩れる。

いまからでもおそくはない。
言うことを聞かないのはあなたの体細胞ではなく、誤った価値観。
超低俗な国家ぐるみの謀略に乗せられている場合ではない。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】 天然ヘナ愛用者・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

油ダポ事業計画によれば2020年、日本という地域に後継者は存在しない

(Wed)

Posted in 【ブログ】

0 Comments





油ダポの合い言葉は「日本民族の後継者は一人も生かすな」である。
まして、地球最古の元型を持つ日本原住民の霊系を引く人間は徹底的に干す。
この根絶やし作戦は明治期から面々と続いている。

中でも最大の功績は、日本に54基もの放射能地雷を施設したこと。
その功績で原子力関連部門は未だにバブル経済を謳歌している。

フクイチは猛毒のたき火。
通常運転の原発は糖尿病と白血病のリスクをまき散らす。
稼働しない原発はヌカヨロコビな毒を撒き散らす。

空気を放射能で汚すような人間がエリートと呼ばれる社会を体現してしまった日本。
自民党は、不正選管ムサシをして、こんな放射能ジジイを支配者と仰げと強要。

生まれてくる赤ん坊に放射能タップリの空気を吸わせてノウノウと生きる恥知らず。

人間の子どもばかりが子どもではない。
生命は代謝、細胞分裂、生殖で次々と次世代を生産する時間の受容体。

人類削減計画などと称して、世界中にゲテモノウィルスをまき散らす人間が長者番付の常連。

幸運にも人並みの身体を持って生まれても、油ダポにあらずんば人にあらずの日本に生きる希望など無い。

こんな悪夢のような世の中をつくったのは誰?
絶滅ビジネスモデルの主な実験場に日本を差し出したのは誰?

非日本人、ニューエスタブリッシュメントのクソジジイ。
ニューエスタブリッシュメントのクソジジイどもって誰?

いま、テレビ新聞で意味不明なことをホザイているオヤジ。
金融経済界のお歴々。
そして、彼らの陰に隠れた天皇財閥に連なるお歴々。


彼らの世代交替は三代で途絶。
その後は無い。
安倍ちゃんは三代目、まさに今が正念場、断崖絶壁に立ちすくんでいる。

すでに支配層の後継者は自動的に刈り取られる巡りに入った。
なぜなら、後継者の居ない世の中の仕組みをつくった張本人だもの。

油ダポ事業計画によれば、2020年当時、日本という地域に引き継ぐべき子孫が存在しない前提。

計画は明らかに失敗、タイムラインの時間切れである。

ま、阿呆に付き合っている暇は無い。
我々には未来の生命時間を取り戻す仕事が待っている。
カネも権力もいらない、マトモな日本人一人一人がグリッド(変革の作用力点)である。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】 天然ヘナ愛用者・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

脳ベクレル物理学症

(Tue)

Posted in 【ブログ】

0 Comments





以前、ある人物が、五億円あればUFOをつくってやると、真顔で言った。

1950年前後、新進気鋭の科学者は日本にもたくさん居たと思う。
ところが、超のつく高温、高圧、高電圧でネガティブな副産物を環境にバラまく低能科学者ばかりが蔓延った。

日本人の脳ベクレル物理学症受賞者は全員この一派。
彼らには天文学的損害賠償を請求できる。
(もっとも、この訴訟を裁ける司法が存在しないが・・・)

ニュートリノ?ヒッグズ粒子?原子力、ハープ、加速実験、超電磁波実験、あとなんだっけ・・・。

一連の訳の分らん実験の本当の目的を正直に公表したら、全員宇宙追放の刑。
まことしやかな学問的オブラートにくるまれたウソは聞き飽きた。

最も学者は利用されているだけの道具。
だからいくら学者を責めても仕方がないが、道具のくせに権威を傘に平気でウソをつく態度は余りにも悲しい。
こんな低能科学者に憧れる子どもが一人でもいるなら、地球の未来は真っ黒け、


ハープも加速実験も、一瞬で1000万キロワットの電気を消費する。
五億円あればUFOをつくってやると、真顔で言った人物は、あのバカ連中と同じ効果を出すなら0,25Vもあれば充分だと言った。

そんだけ大きなエネルギーを使えば、地球の何処かに反作用が出るのは当たり前。
低能科学は目先しか見ないから、コストも副作用も天文学的に膨らむ。

ある意味、ホンモノの科学者は世の中の仕組みから抹殺され、極貧のうちに死んでいく暗黙の合意があるのである。
あにはからんや、五億円あればUFOをつくってやると、真顔で言った人物も公安に追われる身の上。

不肖Geneumiに五億円の持ち合わせの在ろうはずもない。
人間の生き方として、経済バカに徹し、隠れた才能に投資するのもありだが、そうすると、ゴロツキ社会との接点が増え過ぎて首が回らなくなる。

(世界には年収数十億のオッサンがいくらでもいるが、彼らはマトモな投資先には縁がナイ。だって、どうせ大ムカデの親玉に有り金取られてポイ捨てだもの)


五億円あればUFOをつくってやると、真顔で言った人物は、世の中の裏側を身を以て知っている。
短い接触しか持てなかったが、彼の言動を一字一句頭に刻んだ。

暴走デジタル経済はプラズマボールのようなもの。
世界中の貧困をかき集めて、辛うじて成り立っている。

年収数十億の貧乏人のための低能科学。
貧乏人ほど、原子力とか基地外科学者の妄想を信じ、その先にきっといいことがあるはずと信じている。

五億円あればUFOをつくってやると、真顔で言った人物は、極貧のうちに病に倒れ消息を絶った。
集団自殺か次元消滅のために、わずかな収入から40%も徴税される本来の富裕層を置き去りにして・・・。

最期に会ったとき、既に80才も半ばだったと記憶する。
枯れて毒気が失せた身体には、かつての狂気は感じられなかったが、彼の独特の思考パターンはヒシと伝わった。
それはある意味、一つ高いオクターブの世界感。

フリーエネルギーなら何でもOKとは言わないが、脳ベクレル物理学系の低能科学レベルよりは遥かにマシ。
彼はいくつかの製品化された研究成果を残している。

遥か天空で発火したプラズマエネルギーが地上に電子を降らせる。
それと同じ原理の超小型電子発生回路。
必要な電圧は0.25V。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】 天然ヘナ愛用者・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。