FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

高止まりおバカ

(Thu)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




引き続き高止まり経済維持を命じられ、あちこちでチグハグなほころびをつくり、その周辺では途端の苦しみが蔓延する。

これ以上、高止まり経済を続けたら、あとは高飛びするしか手が無い。

野駄豚☞安倍ちゃん政権は同じご主人様の従僕、やることに差が無い。

そうまでして恥の上塗りを重ねる理由は驚くほどくだらない。

公務員給与レベルを維持したいだけ。
(一部の富裕層を除けば日本人の平均給与水準を押し上げているのは公務員である)

都市部で7;4、地方では7:2の差がある。
年間ざっと70兆。
連座する人間の数は人口の20%未満。
日本最大の非生産組織が日本経済の病巣。

超シンプル。w

世界一高い電気料には官僚や原子力ムラの食い扶持が含まれている。
公務員には痛くも痒くもないだろうが、可処分所得の薄い一般庶民にはあり得ない額。

貧乏人は放射能野菜を喰え!
と、喉までででかかっても、それは言えないお約束。

だいたいコメがキロ250~350円もする先進国などあり得ない。
北朝鮮に匹敵する公共意識の希薄な官僚支配奴隷家畜国家でなければ、こんな暴挙はできない。
(諸外国の相場から言えば、どんなに吊り上げてもキロ150円が限度、しかも消費税までかけやがる)

主食を高止まりに固定しないと誰が困るのか?

農家か?
中間業者か?
答えは言わずと知れている。

官僚機構の収入に含まれる配当金が回らなくなるのだ。
日本の全ての仕組みには、いわゆる埋蔵金を忍ばせておく流動資産が巡っている。

1990年代以前は家畜の可処分所得が高く、それほど数字に響かなかった。
(電痛を始めとする、飼育係の腕が良かったのか、それとも当時の責任世代が余程マヌケだったのか)

フクイチ周辺では被災した住民が、一時的に貸与された支援金の返済を求められている。
既にご承知の通り、義援金など一銭も届いていないのである。

官僚の立場に立てば、日本国民は搾取の対象、基本的人権など無く、善意の第三者の無償の寄贈を受け取る資格が無い。

暮らし向きは官僚☞盗電(人殺官僚の一味)☞知事☞自治体が決めること。
盗電に生活基盤を奪われた住民は、言うがままに当座のおカネを貸し付けられて、収入の宛が在ろうと無かろうと問答無用に返済を迫られる。

これも、全国一律、高止まりの官僚支配を維持したいゆえの施策。

好ましい前例は一切つくらない。
どんな理不尽な原因で生活を破壊されようとも一切、特別扱いはしない。

一時的な生活維持費は、霞ヶ関の計算上、人というより余命を剥奪された生き物が最低限必要とする金額。
しかし、それは一銭たりとも無償でなく、必ず返済を条件とする。

つまり、少なくとも数百億集まった義援金は全て官僚機構の埋蔵流動資産に一端組み込まれ、そこから小出しに支出する仕組み。
誰が考えても、一端吸い込まれた義援金は二度と出て来ない。

フクイチに限らず、これから起る似たような事例には例額無く適用されるのは確実。


彼らは、自らを(国)というが、誰も君らを(国)だとは思っていない。
昨日まで、中央官僚を(国)と信じた人がいたとしても、フクイチの補償実体を知れば(国)とは思わなくなるだろう。


まだ生きている人間の生皮を剥いで、生計をたてるゴイム。
彼らは、ハゲタカに飼われた死体置き場の墓泥棒である。

戦後68年、一貫して日本民族に奴隷植民地税制を敷き、押しも押されぬ官僚国家を築き上げた重犯罪組織。
本来、日本人に還元されるべき富(どんなに少なく見積っても5000兆)を横領。
原発廃炉の莫大な費用を棚上げして異常な電気料を未だに徴収する腐った性根。
日本のあらゆる技術に不当な投網をかけて、成長分野をことごとく台無しにした無能。

数え上げれば切りがないが、彼らは、ざっとアメリカの実質負債に相当する債務者である。


多重債務者に支配される、高止まりおバカ経済は風前の灯火。

一人一人にとっての(国)の価値観が変わる。

そこに官僚などというお邪魔虫は存在しない。
価格を吊り上げるために連携してきた経済界も経済学者もその他大勢のクヅどもも消えて無くなる。

それでも騙され続ける人々を相手に、こじんまりと中央集権を維持するならそれもアリだが、日本の国土の何処でやる?

地べたとか、家畜につけた背番号とか、貸し付け金の証文で支配できる時代は終わったのに・・・。

中央集権体制は5年計画で転換します。と、言われても5年も待てない。

人生の“とき”を1秒だって無駄にしたくない人は、こんな無惨な支配があと何年も続くなんて考えられない。

そんなことをしなくても一人一人の意識がさっさと見切りを付ければよい。


批判は構わないがジャッジに意味は無い。
覚悟を決めて推移を見守ること。

そんなことじゃ、世の中は動かないと思っている人は放っておけば良い。
(不正選管ムサシのお陰で、日本人生きた化石は最大25%存在することがわかった)

その中に高止まりの中枢、数%が固まっている。
その他のざっと70%はこんな世の中を望んでいない。
勢力は見事にひっくり返っている。

ただし、本気で(意識のグリッドを変えるほど)覚悟を決めた人は少ない。
その先を見据えて、激震状態からこぼれ落ちる人々を一人でも減らそうと行動を起こす人も少ない。

しかし、ほんの数年前までは40%が化石状態だったことを考えれば、実に恐ろしい速度で意識世界は変化している。


デフレ、インフレなんてどうでもいい。
アベコベノミクスなんてもっとどうでもいい。
四の五の言わずにサッさと潰れたほうが世のため、人のため。

日本人の覚醒層は、低可処分所得で生き抜く手練手管をかれこれ5年ほど試してきた。

対処法を一言で言えば、ほとんど瞬時に東南アジア諸国(山村経済)レベルに最適化できるかどうかが鍵である。

と、言っても誤解しないで欲しい。
東南アジア諸国(山村経済)レベルのほうが、遥かに豊なのだ。

金で人を縛る支配ほどつまらなく虚しいものはないのである。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
スポンサーサイト

パラレル世界のワタシの片割は何処でなにをしてるやら

(Wed)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




齢五十五にして一文無し。
とはいえ、何とか生き延びている。

一億円持っていても使えない人、十億円持っていても負債が二十億円ある人よりはリッチ。
貧乏のせいくらべ。

アメリカにしても日本にしても国なんてモノは、とてつもない貧乏。
柱~のき~ずは、100兆の♪・・・である。

それでも懲りない中央官僚のお歴々はこれでもかこれでもかと、か弱い庶民に課税する。
ありとあらゆる許認可権を独占し、どんな責任も最期は国が引き取ると仰る。
純朴で従順な庶民は、それを無邪気に信じている。

福島を見たかい?

御巣鷹山を見たかい?

孤独死を見たかい?

いったい誰が責任をとった?
誰も責任をとらない。
と、いうか、とれない。

なぜか?

国などというモノは存在しないからだ。
存在しないのにさも在るかのように見せかける中央集権の内実は借金まみれ。

頼まれもしないのに、国税なるオレオレ詐欺を止めずに、明日の収入の見込みも無いのに人様の垂れ流し国債をご購入あそばす。
なんで世の中の大多数がこんなインチキに文句ひとツ言わずに従っているのか?

早い話が、国なる仕組みの側にいる連中は、国なるものが架空だと知ってる人たち。
そんでもって、ひたすら税金を天引きされてヒーヒー言っている人々は『国』は存ると思っている。

おかしくね?
このアベコベ。

コッチが正論、アッチは虚論と決めつけるつもりはないが、今の仕組みのままなら後何十年がんばっても何ひとつ報われない部類の人間は少なくない。

報われぬまま、仕方なくギリギリの暮らしを続けて死んで行くならそれもいい。
国などという虚構に騙されて錯覚したまま死ぬよりは遥かにマシ。

それにしても、パラレル世界のワタシの片割は何処でなにをしてるやら。

もうすぐ、グリグリッと錆び付いた軸が動きそうな気配。
と、いうか、そろそろ動かないと本気でオシマイ。

何も生産しないくせに、支配的地位にいるお歴々の方々は覚悟した方がいい。
絶対的少数派だと思って甘く見ていると、痛い目に合うよ。
あなた方のやり方では1ミリも物事が動かない。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

「真夜中の29時」

(Tue)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




「真夜中の29時」。
その昔、失恋の思いを詩に託した忘れられた詩人の残したフレーズ。

なぜ、こんな詩の一説を思い出したのか。
紐解いてみると、風光明媚な高台に新築する家がきっかけだった。

この土地の向かいには、高名な作詞家A氏の邸宅がある。
新しく家ができると、A氏に降り注ぐ光や風は幾分遮ぎられる。

法規上、何の障害もないしA氏も受け入れている。
ところが、建築が決まった頃からA氏の家の一角で不思議な現象が頻発した。

窓が割れたり、ある一角だけが泥を被ったり。
誰の仕業か?
A氏はある人物を疑った。

ここしばらく、足しげくこの家を訪ねたのは彼のみ。
新曲の歌詞を巡っていささか口論になった。
ソコソコ有名なアーティストだが、彼はいささか嫉妬深い。

疑いをかけられている訳ではないが、隣家の騒動がいささか気になる施主は、何の風の吹き回しかは知らないが、この土地を透視したいと思ったわけだ。
どうせなら、A氏にも加わってもらおうと声をかけると以外にも快諾。
早速、第一嫌疑者のアーティストを透視してみる。

なんにもない。

だが、彼の周辺の気配から芋づる式にたぐり寄せた中にある人物が浮かび上がった。
全く記憶にないが、結果的に彼の表現者としての生き方を挫いたのはA氏だったと言えなくもない間柄。

こんなことは世の中にはありふれている。
気にすることは無いと、その場は収めた。


「真夜中の29時」。前後の歌詞は非の打ち所の無い完成度。
だが、選考者の一人だったA氏は「真夜中の29時」と言う表現に陳腐さを感じ、強硬に却下を主張した。

彼の現在の様子は定かでない。
と、言うことは、既に別の道を歩んでいると見るべきだろう。

当時の入れ込み度合いは強烈だったとしても、それを恨み、根に持っているわけではない。
それなのに、なぜ、こんな現象が起きたのか?

「真夜中の29時」は、ある種の生命(実体のないエネルギー)を持ってしまった。
それは、この歌詞をつくった“とき”の作詞家のエネルギーが臨界レベルを超えて発火した証。

この表現は関係者全てのグリッドに少なからず影響するレベルに達していたのだ。
(グリッドとは作用力点。テコが作用するときの力点と思えば分りやすい)


A氏の気づかぬところで、隣家が光や風を遮ることをイメージした“とき”、思い出す術も無い「真夜中の29時」のグリッドが動いた。
ある種の怒りや鬱積は、家の一部に不条理な振動を加えた。
つまり、作用力点はA氏にある。

では、なぜ「真夜中の29時」がそのような力を持ったのか。
それは作者の能力が高く、そんじょそこらの職業作詞家のレベルを凌駕していたからだ。

今の世の中、このような才能はゴマンと溢れているがことごとく潰されている。
それぞれの業界にはドンがいて、チッポケな世界のピラミッドの家畜奴隷にならない限りは出世は覚束ない。

家畜奴隷に才能は宿らない。

彼が生み出したいくつかの詩は一つも評価されることなく、闇から闇へ葬り去られた。
ヤラセが罷り通る世界であっても、どんなに稚拙で未熟な表現でも、人の表現は認めてやるのが礼儀というもの。

ちゃんと正視する。
ほんのわずかな時間でいいから、本気で向き合う。

評価は不要。
確かに見た事実だけが重要なのだ。

表現はそのヒトのグリッドを離れ、すでに一つの独立した生命体としての(エネルギー)を持っている。
それは、この世界を構成する一つの要素になっている。
それをことごとく無視すると、どうなるか?

“とき”に穴が開く。
早い話が、時間が止まる。

従って、過去半世紀、日本人の集団催眠を一手に引き受けた電痛(マスメディア)のような組織に所属する人間の時間(タイムライン)は穴だらけである。
どのような分野でも同じこと、人の意志や表現をないがしろにする人間の時間軸は蜂の巣。

裏口入学、縁故採用の陰で切り捨てられる無数の明日は何処を彷徨えばいいのか?

民意を闇に葬る選管ムサシは穴に穴を開ける底なしパンチングマシン?

老若男女、被災者のイノチを弄ぶ原子力のムラのお歴々は、どれほどの命を闇に葬れば気が済むのか?

16.4%でアッパレな政治ごっこに明け暮れる自民政権のタイムラインの穴埋めは誰がするのか?

ぜ~んぶまとめて無理。

誰にも穴埋めはできない。
止まった時間だけ、後ずさりする奴らにキッパリと背を向けよう。
今、まさにそれが世界を巡る“とき”である。


人間が最初に意思表示を始める幼児期に、真っ先に表現の芽を摘み取るのは親である。
愚かな親ほど、子どものタイムラインに穴を開ける。

では、愚かな親とはなんだろうか?
穴ボコだらけのタイムライン(出来損ないの未開人)の下僕になる親である。

どんなに未熟でも、稚拙でも、センスがなくとも、意味不明でも構わない。
ちゃんと見てあげれば、どんな子どもも幸せに生きられる。
だが、ちゃんと見てあげる資質は従僕する生き方にはそぐわない。

年齢を経た人間は、ただ一つ、それを問われ続ける。
(子どもを喰わせるためにといういい訳は、本末転倒)

闇から闇に葬ることでしか秩序を維持できない仕組みに従僕する人間が一人でもいる限り、地球本来の美しい巡りは滞る。
光や風が遮ぎられた途端、過去に葬られた無数のイノチが湧き出してくる。
“とき”の止まった、穴の開いたその一点から猛烈な勢いで吹き出してくる。

それは世界のあちこちでシルクホールをつくり、大地を根こそぎ揺るがしているのかも知れないと思う。

飼育のプロが仕立て上げた時間の止まった少女たちに熱狂する時間の止まった子どもたち。
野に生きる人間の表現を駆逐して成り立つ袋小路のエンターテーメント。
華々しければ、華々しいほど、物悲しいのはそのせいである。





サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

所有の放棄

(Mon)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




日本人ハンドラーにはカネが無い。
なぜなら、美味しい所は全部異国人ハンドラーに持って行かれ、カスしか残らないからだ。

カスとは何か?
☞ 主権者に課す税。

増税や、新たなインチキ課税創設は、日本人ハンドラーの私腹肥やしと、権力維持のため。

苦労してハンドラーの地位を得ても、ナ~んもいいことが無いでは、後輩が育たない。

ところが、数年経って課税が定着すると異国人が手を突っ込んで来る。

かくして、美味しい所はまたまたかすめ取られる繰り返し。


消費増税をゴリ押しした渇事務次官殿は、お役人のヒーローかと思いきや、そうでもない。
始る前から、増税分の分捕り合戦は熾烈を極め、トラタヌを通り越して、トラトラトラ・・・エンドレス状態。

異国人勢力も落ち目の三度笠ゆえ、もともとハゲタカだった頭は、頭蓋骨剥き出し。
類い稀なる計算能力を持つ罪務省のお役人は、数年先の上納金から逆算して、復興資金の横領や目に見えない不労所得のかすめ取りに躍起。

安倍政権は完璧な従僕なので、異国にも、国内の官僚にも気をつかいながら「国のため」に切られ役を演じなければならない。

もっとも、気を使うと言っても、相手は限られている。

対象範囲は全人口の1%。

熱烈に安倍ちゃんを支援する一般国民など眼中にないのは言うまでもない。

朝鮮半島人脈に連なって、これまでオコボレを頂戴した連中も対象外。

まして、被災地の国民なんてハナからカヤの外である。



日本国には使えるカネが無い。
一般庶民と同じで可処分所得が目減りする一方である。

なんで?
元栓が締まっている。
出る分の行き先はビタ一文違わずヒラヒラと飛んで行く。

もちろん、いらない役人や独立行政法人を整理すれば何十兆単位で金が浮くが、犯罪者が自らの牙城を崩す道理が無い。

何のかんの言っても20世紀までの日本は可処分所得がだぶついていた。

あの頃が懐かしい自民支持者につける薬はない。


情報統制下で、個人がいくら金を儲けようと多寡が知れている。
人より多くのものを所有してヌカヨロコビしてみても、時間差で奪取される一時預かりに過ぎない。

莫大な国家予算は国民の生活とは無縁。

だって、リアル税収は30兆しか無い。

誰が考えたって、日本国家予算は30兆が限度なのだ。

では、特別会計とあわせて300兆に迫らんとする金は何処から出てくるのか?
出何処なんてどこでもいい、とにかく庶民の最低保証を確保せよと言った時点で国は主権者の言質をとったことになる。
言えば言うほど、主張すればするほど、国民は自分で自分の首を絞める。

金の出所も知らないくせに、自分の保証ばかりを求めるなら、主権放棄と見なす。
なるほど、アッパレな法治国家の屁理屈である。

そもそも、半世紀以上も前(GHQに占領された時点)で日本国民は自らの生命財産を事実上放棄していることを知らされていない。
自民税調の原理原則は当時と何も変わっていない。
(もちろん、国民の多くは自民党を選ばないことは織り込み済み、だから、不正選管ムサシが暗躍してきた)


さて、この絶体絶命の中で日本国民(日本原住民)は、どう処するべきか。
早くて、確実で、自然法に叶う解決方法がある。

「所有の放棄」

所有を放棄すれば課税根拠がなくなる。
生活に必須なほとんどは共有。
誰もそれによって利益を得ない。

(大量消費の大型量販店は第二の徴税機関、こんなものいらないのである。それに伴う流通、交通、厖大な原料、エネルギー、何処をどう切り取っても課税対象)

それに準じるものは「シェア」。
これも購入費用や運用費用に利益は発生しない。
それ以外の必需品はそれぞれの判断。
これには税が発生するが、おそらく今の1/10にも満たない。

これは極めて簡単な選択である。

事実上、三世代で個人資産を没収される仕組み(無財産)官僚奴隷国家で行くのか?

それとも、生活必需を(共有/シェア)にして、結果的に個人的財産(モノばかりとは限らない)を所有できる国にするのか?



公共の負担は微々たるものだが、現体制はそれにまで税を課す。
結果、それは異国人のフトコロを肥やし、彼らはその金でテロを仕掛け、戦争を仕掛け、地上の止めどない不幸を生産する。

所有を見直す。
これを個人レベルで行うのに、何の障害もない。


マインドオブジアースはミクロな点だが、点から始った活動を面にするには賛意が必要である。
究極は個人。
ひとりひとりがそれぞれのテリトリーで王国を豊かにするしかないと考える。

その結果としての集合、組織化は否定しないが、その際、やり方を一律に規定する意味は無い。
基本さえ間違わなければ、セクトが幅を効かすことはないし、その間のトラブルは良き教材になる。

代表が必要なら推挙、問題解決に当るのは推挙されたオブザーバー。
始めから、この活動に国境は存在しない。

マインドオブジアースの運営について。
http://www.sanrix.jp/mephilippines/text06.html

新しい仕組みを構築しようとする集団が、旧来の仕組み(例えば現在のNPO基本法)に準拠して何ができる?



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。


それだけ

(Sun)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



中央集権容認 ☞ 陰謀論者幇助。

小沢代表を軸とする生活以外は陰謀論者の従僕ばっかり。
ドップリと陰謀論者のドツボに浸かった我々に何が出来るか?

妥協に妥協を重ね、陰謀論者の中の少しでもマシなリーダーの出現を待つしか無い。
そう思って小沢さんを支持する人も少なくない。

しかし、それでは間に合わない

盗電も電痛も日揮も、油ダポチにあらずんば人にあらずの組織。
我が世の春を謳歌する低能科学・医療全盛の大先生の下で働く研究員諸氏も同じである。

人類のゴミ、ツマハジキの人生、明日は我が身の待ち受け画面。

就職したての若者が退職するまで中央集権が存続するなら、日本ばかりか地上世界はキレイさっぱり消滅。
誰の目にも明らかな変化が起こっているのに、潮流に逆らって岩礁にしがみつくガラパゴス。

目のある人は10年前から動いた。
使途の使命を帯びた人は100年前から動いた。
仕組みは1000年前から動いている。

地上世界に支配者はいないが、オブザーバーはたくさんいる。
彼らは人間ではなく、神でもない。

恐れを知らない、遅れてやってきた人間(白人とは限らない)は、教えても分からない人種。
今現在、見た目や生活水準、表向きの政治、科学、金融、資源を牛耳っている。

では、なぜ、地球のオブザーバーは彼らを容認するのか?
なぜ、暴挙を止めないのか?

と、教えなくても分る古い魂を持った地球人は不思議に思う。
だが、教えなくても知っている人間は、そこで、この問題を自らの内側に移してじっくりと考える。

少なからず、自ら加担し、恩恵を欲しがり、あわよくばオコボレをもらいたいと思う心を発見する。
と、いうか、昭和30年代も半ばを過ぎて生まれた世代は生まれたときからゴロツキ中央集権システムの檻の中。
それ以外の世界を知らない。

そうであれば、もっと後に生まれた人々はある意味、さらに過酷な家畜飼育の縛りの中で飼われてきたイノチ。
それを容認した親世代、祖父母世代を責めた所で問題は解決しない。
そこで、地球のオブザーバーの意識は、教えなくとも知っている人類の魂にオーバーラップする。

まず最初に、ココロの中(あまた在る意識の中の関係するグリッド)で住み分けなさい。
そう言われているように感じる。

一人一人がその段階を終えると、物理世界に少し遅れて現象が顕われる。
だから、新人が上司に食って掛かかり、けんか腰になる必要はないのである。
(そのくらいの元気はあっていいが・・・)

孤立した反逆者が幾多の苦難を乗り越えて、自らの望む理想世界を築くというポンチエは、教えても分らない連中が大好きなワンパターン。
天下の犬HKのドラマは120%、この手のリーダー出世物語である。
教科書には、教えても分らない人類が少しは人間らしくならんとし欲し、自己実現に勤しんだ歴史ばかりが載っている。

今どきのIT長者?、グッドウィル(古)とかパソナとかの社長の言説は、まるで同じ金型の安もの大量生産品。
彼らがチェースマンハッタン頭取の下僕になる代わりに、地位と利子付き時限爆弾をもらって事業家としてデビューするのは勝手だが、所詮、中央集権の出先機関、いいように使われて最期はポイ捨て。


世の中の薄汚い仕組みを知らぬまま組織に入ってしまっても、なにも慌てることは無い。

あなたが、教えなくても知っている人類ならすでに済み分けの準備を始めているはずである。

それを進めれば良いし、次の行動のタイミングは何らかのカタチでお知らせが来る。

そんな中に在って、もう一歩踏み出して、次の仕組みをつくる側に与したいと思うなら、その準備を始めたら良い。
これも、まず、ココロの中(あまた在る意識の中の関係するグリッド)から始まる。

気心の知れた人々、家族、知人友人、これから家族になるかも知れない人とは、よ~く話し合っておくべきだ。
意見が違うのは当たり前、説得する必要は無い。

同じグループと思っていたのに、この先は住み分ける(違うタイムラインに分かれること)も、ないとは言えない。

地球のオブザーバーは爪のアカほども裁かない。
地球の根底にある脈動は因果応報の枠を越えている。
だから、すべての仕組みの下敷きになりうるのである。
(地球のオブザーバー ☞ 自然法 ☞ 現象面に動的平衡として現われる循環)

・・・

目に見える世界で繰り広げられる殺戮は、同じグループ同士の殺し合い。
テロリストは何の関係もない一般市民を巻き添えにする。
だが、その地域一帯のタイムラインが滅びを選択するほど油ダポチに依存した事実は隠しおうせない。(腐った大人は幼子の死体をプロパガンダに利用する)

ココロの中(あまた在る意識の中の関係するグリッド)は、一人一人の内なる世界にあるが、物理世界のある種の臨界、発火と連動している。
それは良き面では発芽や成長を促すが、イノチを破壊することだってある。

従って、教えても分らない人類(中央集権容認 ☞ 陰謀論者幇助)に従属すれば、自動的に一帯の死を招くのである。

こんな分りやすい因果応報を見せられているのに、なぜ、中央集権を漫然と認め続けるのか?

タイムラインの途絶が見えてきた裏社会は、容赦なく日本人に照準を定める。
どんなにいいヒトでも、非業の死を遂げるのである。
その不条理と、多くの子孫が被るであろう不条理のどちらが過酷か・・・。

一見平穏な日常が未来のタイムラインを途絶させるなら、その他大勢の人間が生きる意味が無い。
タイムマシンに乗るまでもなく、我々は未来の消滅を引き寄せるために今を生きたことになる。

日本はこのような個人、組織が世界一密集した国である。
しかも、54基も時限爆弾があって、加速実験だの電磁波実験装置に囲まれている。

絶滅装置に囲まれた絶望的な環境の中で、バブリーな暮らしを続ける未開人。

最期まで騙されていることも知らずに死ねるならしあわせだろうか?
人並みにイロイロな嫌な目には遇ってきたが、残念ながら、そのような死に目にあったことはないので想像もつかない。
だが、そのような死に方を選ぶくらいなら日本には住んでいないのではないかと思う。

日本に生まれて意識を共有する意味は、この果てしなく面白い世界のグリッドにかかわりたい一心。
それだけである。



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。