FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

つきあいきれないおバカ話

(Sat)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




母親の嘆きは、息子が言われた通りの「絵」を描かないことだった。
2~3才児の描く、子どもらしいが万人受けする絵。

母親は既にいくつものクライアントから予約をもらっているらしく、引きつった顔に冷や汗を浮かべている。

甘やかし、褒めそやし、餌で釣ったり、ぐずらせたり。

あらゆる手を使ったが子どもは絵を描こうとしない。


思いあまって引っ叩く寸前で、子どもと母親の間に突如顕われた謎のオヤジ。
母親の左フックは後頭部をかすめた。

謎オヤジの登場と同時に場面は変わり、のどかな田園風景が広がる。
農家の軒先、子どもはヒヨコの行列に誘われるまま、庭で遊び始めた。


謎オヤジは母親のエゴを真綿でくるみ、ジワジワと締め上げる。
背を向けたままボソボソと諭すのだが、その言葉は妖術のように確実に母親の急所を突く。


今の世の中、みんなそうなんです。
普通に働いていたら、なんにもいいことなど無い。
子どもだろうが、他人だろうが、使えるものは使わないと生きて行けない。

窒息しそうになりながらも、母親は懸命に訴える。

だって、そうでしょう、総理大臣になったって、誰かのパシリ。
契約通りの仕事をしてもオマケの仕事、さもなくば天引き。
これじゃ、電気代も払えない。

今の世の中、電気が無ければ何にもできない。
そのために、大地を汚染しても、海を汚染しても原発をつくった。
食糧が放射能で汚れても、それを食べる子どもが代謝異常を起こしても電気が大事。

それなのに、ワタシのような何の取り柄も無い普通の女が、子どもの能力の一部を使って小銭を稼ぐことも許されない。
電気代を払いたいのに、それがダメだとう言うならどうすればいいの。

順番が逆?
それなら、電気代を今の1/3にしてから言って欲しい。
原発を廃炉してから言って欲しい。

子どもを育てるために生きているのに、子どもを利用するしか生きる術がない。
それでも、あなたはワタシを責めるんですか?


謎オヤジは始めて母親の方を向いた。
 
あなたは子ども時代からやり直すしかない。
(電力会社は縄文時代からやり直すしかない)

そう遠くない未来、電力会社など消えて無くなる。
成り代わる受け皿は、やり直した人にしかつくれない。

したり顔の大人どもは、今の親は、子どもが子どもを育てていると揶揄するが、子ども時代に戻ってやり直した親にしか、子どもは育てられない事実を知らない。

身体は成熟していても、心は子どもと同じ親に育てられた子どもは幸せ。
だから、見かけに違わずこの国の子どもの大半は不幸せ。


生きるために、世の中の軋轢と向き合うのは大人の責任?

なぜ、同じ土俵に乗るのか?

あなたが受け入れがたいと思うなら、そんな土俵は拒否すればいい。
その代わり、自分一人でも思い通りの世の中をつくろうと奮闘する。

必ず、似たような考えの人が現われる。
数の多い方が主導権を握るように見えるが、そうでない勢力がいても一向に構わない。

折り合えなければ、住み分ければいい。
あなたも、その他の多くの人々も誰独り例外無く住み分けて暮らしている。
いまだって、誰独り例外無く住み分けて暮らしている。


人間の身体は家なんです。
3LDKとかの貧相なつくりじゃない。

高さは数百メートル、敷地は数万坪。

庭園はおろか、こんもりした森、その先に牧場まである。

家のスタイルは千差万別、しかし、ほとんどのヒトはその一角、勝手口の水まわりか、玄関の片隅にしか所在しない。

自分の家の全容をほとんど知らぬまま暮らしている。

なんともったいない、と、言った瞬間母親の呪縛は解ける。



母親は言った。
 そんなバカげた話しにはつきあいきれないわ。

謎オヤジは言った。
 そのセリフ、何処かで聞いた。


世の中はこうして、丸く収まらぬまま混迷する。
丸く収まる必要など何処にもないが、これではなにひとつ問題は解決しないと思うのは早計。

人間はいつも何かを先送りして代償を求める生き物。
自らの肉体すら先送りの道具にして、何ものかと引き換えようとする。

お受験。教育。就職。結婚。子育て。仕事。地位。権力。病気。老い。
順番に使いきったら死しか残らない。
では、死で何を得ようとしているのか?


最期の砦、身体を原発に象徴される死の代償と引き換えて、何を購おうというのか?
電事連に、この問いに答えられる人士はいまい。

物理世界の支配者なら、答えを知っているかも知れないが、こんなバカげた話しに付き合う人間の気が知れない。
と、思うのが人情。

ところがどっこい、日本人の大多数はこのバカ話につきあっている。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

仕組みを分らずに所属する罪

(Fri)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



人様を責めるつもりは毛頭ない。
なぜなら、当ブログ管理者も齢四十も半ばまで同衾相哀れむ境遇にいた。

盗電も日揮も中央集権も同じ。
おそらく組織の実体を理解しているのは一握り。
途端の苦しみを味わうのはその他大勢の現場の人間。

フクイチは不幸な事故?

自然災害と人災とテロ、人災の部分は誰一人責任を取らない。

自然災害に見せかけた人工地震と絶妙に絡み合ったテロが成立するには、組織の成り立ちに遡る用意周到な仕組みがある。

国際利権のただ中で、外人部隊の警護の中で取引が成り立つ仕組みが一筋縄でいかないことは誰でも知っている。

その前提には政治的な思惑、金融コングロマリットの思惑、不労所得を根こそぎかっさらう仕組みが横たわっている。


してみると、株式会社だろうと、国策組織だろうが、政治的な息のかかったNGOだろうと根元はひとつ。
そんな組織を寄らば大樹と難関のお受験戦争をかいくぐって就職しようものなら末路は悲惨。

出世すればするほど、仕組みの概要が分かってくる。

自分など無力な存在で、捨て駒のひとつ、まして、中間管理職なら無邪気についてくる部下をどれほど愚弄すればいいのか?と、自問自答するのが人情。

そんなセンチメンタルは一切通用しないのが非情のライセンスなら、いっそ、死んでしまいたい。

こんな境遇にいるのは10%にも満たない一握り。

心を失ったか、それなりの弱みを握られた奴隷。

その他大勢は、何も知らずに目先の任務にかじりついている。


この伝で物事を整理すると、組織の半分以上は何らかのカタチで人類社会の健全なる成長を阻害する役割を負っている。
こんなものを認めておきながら、一方で人権とか主権在民などと宣う人々はいったいどっちの味方なのか?

仕組みを知り尽くしてもなを、組織の利益のために行動する人間は人類の敵。
仕組みを知らずに、盲目的に付き従う人々も地球進化を妨げる障害。
そして、その間には、仕組みの弊害を理解しながら、両方の便宜を取り持つ人々がいる。

・・・

油ダポチ政治、油ダポチ経済が断トツ有利だった時代は20世紀で終わっている。
見る目のないヒトには、今日現在も20世紀が続いているようにしか見えないのは分っている。
電波もネットも主宰者側は懸命に昨日までの日常が明日も続くかのように喧伝する。

311、1216、アルジェリア。
その間も連日のように起こる出来事は、我々に真実(様々なレベルで垣間見せる片鱗)を教えている。

現在の仕組み(陰謀論者のシナリオ)は、確実に行く手を阻まれ、重要なグリッドは次々に破壊されている。

不正選管ムサシを成長産業に育てるべきと拍手を送る主権者はいまい。
原発立地自治体住民が置かれる不条理を仕方が無いと思うならそれも酷い話し。

それなのに、なぜ、あなたは陰謀論者を支援する側にいるのか?

退職金の多寡で、担任を投げ出す職業教師をどう評価するのか?
体罰か愛のムチか?
このような立場に追い込まれた教師は、自らの所属する組織の仕組みを理解しているのだろうか?

理解していれば、今のような立場に追い込まれるヘマはしない。
理解してないのであれば、自らの所属する組織のなんであるかを考えたこともない、年齢の割に無邪気だが性悪な人間である。
教育者とは到底呼べない。

これは日本の責任世代全体に突きつけられた踏み絵である。

目先の不利益などかなぐり捨てて、潔く態度を表明する人は少数派。
しかし、覚悟は、人様へ披瀝する義務は無い。
一人一人が心静かに決めればよい。

明日以降、日を追うごとに条件はシビアになっていく。
中央集権は真ん中に寄せ集められ、支配下にあったはずの無数の家畜は、彼らの目には不可視な存在になる。

罪人は自ら築いた頑強な囲いの中で、殺し合いを始めている。
一人残らず死に絶えるまで争いは止まない。

一人、踏ん切りをつける度に、地球は軽く(次元上昇)なる。
覚悟を決めて、少し浮力がついたら足下を眺めて見るのも悪くない。

地上に縛り付けられた人間の醜い争いが見えるだろう。
救いの手を差し伸べても無駄である。
彼らは望んで地上にいる。

誰も彼らを裁くことはできないが、かといって救い出す術もないのである。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

教えても分らない地球人

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



いったいあなたはどこからきて、なにをしている?

今より少し、大気濃度が濃かったあの頃のこと。

株式会社ななんてなかった、軍隊もなかった、人々が耕作することさえ無かったあの頃。

これから先、地上世界は、あの頃の暮らしが再現される。

もちろん、テクノロジーは違う、全てのデザインも違う。

ただ、意識(グリッド)の使い方はとても似ている。



次元上昇が要求するセンスを持つ人類が呼応しなければ、変化のさざ波は起こらない。
それにしても、あまりにも反応が鈍い日本原住民。
日本原住民が動かないとテロは増々過激になり、犠牲者は増える。

難しいことは何もない。
彼らの土俵で踊るのを止めれば良い。
彼らの土俵ではない、素朴な大地のステージにより多くの資力を注げばよい。

誰も利用しなくなれば、中央集権のグリッドはボロボロの錆がはげ落ち、瞬く間にスクラップ。
それが結果、世界中のテロを未然に防ぎ、犠牲者のイノチを救うことになる。


世界征服を企む極悪組織は地球の皇帝を人質に取って、日本原住民を共犯者に仕立てようと最後の力を振り絞っている。
地球の皇帝は、原初、日本に拠点を置いたので、日本原住民は最も長い霊系を持つ人類になったのだが、日本原住民はこの期に及んでも、中央集権にしがみつき、インフラ依存にドップリ。

人質を見殺しにはできない。
さりとて、ゴロツキの要求を飲む訳にもいかない。
ところが、その判断を下す当事者、政府も有識者も刑罪界も獄門の世界もカルトに乗っ取られた臭狂界も油ダポチが占領中。

しかし、日本原住民が首を縦に振らない限り、彼らご用聞きはいくら声をからしても、物事は動かない。
地球の法則ではそうなっているのだから、仕方がない。
いつの時代も日本原住民の中枢にいる超古代から生き延びてきた地球人の意志が地上世界を動かしてきた。


で、その皇帝とは誰?
ケムに撒くつもりは無いが誰とは言えない。
なぜなら人間ではないからだ。

皇帝が人間に近いエネルギー体になったのはつい最近だが、そのかわり、高次の力を放棄。
呼応して、一部の地球型人類の意識は恐ろしく即物的に変化した。
この過程で、教えなくても分る地球人と、教えても分らない地球人の二種類が淘汰を生き延び、否応無しに共存することになった。

世界征服を企む連中は教えなくても分る地球人だったが、途中からトカゲムカデの親分とおかしな契約を結んで地球皇帝の地位をホステージ。
教えても分らない人類に途端の苦しみを与える代わりに、ごく一部の特権階級に分割統治を委ねるアリ型迷惑な仕組みをつくった。

日本原住民でありながら、ゴロツキにコロッと騙される日本人ばかりが出世する歪な世界にあって、それでも二種類の人類は、超古代の記憶の何もかもを失ってはいるわけではない。
二重三重にロックのかかった鋼鉄の箱の中には、かつての記憶が閉じ込められている。

偏差値とは無縁の自然環境のもとでのびのびと暮らしている人々は、今もみずみずしい古代のセンスを普通に使っている。
そのセンスの在処は、子どもに火を着けさせてみればわかる。

マッチ1本。
カラカラに乾いた一握りの枯れ草。
少し湿ったバケツ一杯ほどの干し草。

この手のたき火の目的は煙で害虫を燻し出すこと。
だから、ぼうぼうと燃やしてしまっては意味が無い。
フィリピンの山村に暮らす少年なら、例外無く、自由自在に火を起こす。

着火は一瞬、しばらく細い一筋の煙が所在無さげにたなびくが、その後は見事な煙が延々と吹き出す。
バケツ一杯の枯れ草で10分間燻し続ける。
手際の良さにほれぼれするのも無理はない、彼はこともなげにトーラスエネルギーを操っているのだから。

彼らは火を制御して、火、あるいは煙を呼び出すタイミングを計ることができる。
人間が生きて行く上で最低限、必要なセンス。
だが、日本の普通の子どもに真似をしろといっても到底無理。

本当は教えなくても知っているのだが、それを試す機会が無いまま大人になってしまうカワイソウな日本人。
スイッチを押せば火がつく環境は本当に大切なセンスに蓋をする。

話しが逸れたが、大多数の日本原住民は荒れ地で火を起こすこともできない人種になってしまった。
言い換えれば、突きつけられた課題がなんであるかを、全く理解しないまま生きている。
アルジェリアテロの反応を見るまでもなく・・・。

いっそのこと、このまま嵐の過ぎ去るのを待つのも手かも知れない。
気づかぬまま、身ぐるみ剥がされ、気づかぬまま、殺される。

地球の主宰者はそれを見越しているのかとさえ思う。
しかし、彼は、そんな“酷いことにはならない”とは言っていない

荒れ地で火を起こすセンスが感じ取る理解と、屁理屈を解釈する理解では次元が違う。
自ら感得したセンスを他者と比較することはできない。

偏差値バカは騙されるために生きる家畜である。
面倒だが、教えなくても知っている存在であることを思い出すことからやり直すしかないのである。

そうしないと、この先の世界で教えても分らない人間と共存する術はない。



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

家畜のトラブル相談所

(Wed)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



何気なく使う言葉の毒。

例えば「消費者」
一般市民、大衆、その他大勢は(エサや居住環境や繁殖のケアなど)提供されるモノやサービスをひたすら消費する者。
その昔、坂東以北の日本原住民や和人と同化した人々を「俘囚」と名付けたセンスと同じ匂いがする。

もちろん、供給側の労役を提供するのも消費者。
相当高い地位にいるはずの管理者も家庭に帰れば消費者。

農家も漁師も総理大臣も消費者。


消費者にはなりたくないと一念発起しても、日本の仕組みのままなら永遠に消費者しか存在できない。

消費者である限り創造的な生活は不可能。
消費者は生体実験の道具。

では、サプライヤーは誰?

・・・

生きるために必須な物資を得ることを、消費と言われるのは心外である。

地上の生命は例外なく借り暮らしのアリエッティ、誰もが無条件の生存を認められている。

サプライヤーは人間ではない。

あらゆるマテリアルは自然が無料で提供している。
それに一次加工、必要のない二次加工、さらに不労所得のオマケまでつけて消費材に仕立てているのは(自らも消費奴隷の身分であるにも関わらず)金融地獄のワナに嵌った目先の高給取り、20世紀型産業経済にしがみつく人々。

鉄則は、油ダポチ企業の製品は消費しないことに尽きる。
油ダポチ新聞、テレビは利用せず、油ダポチメディアがお進めする商品やサービスは無視。

100%は無理でも、現状の消費者生活から一定の距離を置くことは不可能ではない。
サプライヤーを名乗る詐欺師は、生存に条件をつけたがる極卒の一味。

ただ、残念なのは、今現在、あなたもワタシもその一翼を担いで暮らしていること。

・・・

日本人を消費者に仕立てた裏社会の諸先生方は、自らの敷いた仕組みの後始末をしなければならない。
経済成長期、煽るだけ煽って、デフレになれば蛇口を固く締めるのはいくら何でも勝手過ぎる。
と、飼育係に苦情を言おうにも、現在はその窓口すらない。

ケケ中ヘイゾウ教授のご教説を拝聴するまでもなく、消費者は家畜という意味。
そのうち、戒名は一律(消費居士とか消費大姉)になる。
生前の消費の大小で評価される人生。

だから「消費者疔」なんて役所をつくってまで、油ダポチ企業との互恵関係を暖める政治家や官僚が蔓延る。
彼らは、ハナから家畜の権利など守るつもりはない。名称がそれを如実に物語っている。

昔からある「消費者圧力団体」なんてものは、同朋をハナから消費者と決めつけて、飼育係のインストラクターを兼ねて存続する二重スパイのようなもの。
ワタシは消費者の味方です、は、ワタシはあなた方を家畜としか思っていません、という意味である。
当ブログ管理者の大嫌いなPTAと同じ匂いがする。

物事を正確に表す第一歩は「言葉」。
消費者苦情窓口は「家畜のトラブル相談所」と名称を変えるべきだ。
消費者疔は「家畜のガス抜き係り」。

なんでそんな役所に税を費やす(消費)させるのか? と、誰もが思う。
名称が正確にその団体を表現するだけで、日本の組織の半分は消えて無くなる。

由緒正しき日本民族は、人間を消費者と蔑称するセンスは持ち合わせていない。
質素倹約は、メディアに煽られて消費する人間は、ケチのシミッタレより恥ずかしいという意味である。

一般市民が消費者なら、中央集権はその上を行く浪費者である。
世界有数の浪費垂れ流し組織、油ダポチ中央集権。
その証拠が先細りの消費者に浪費の後始末をさせる「税と社会保障の一体改革」。

「宗主国上納分を罰金と反則金天引きで穴埋めする税制を問答無用に立法化する」デタラメ。

油ダポチを止められない浪費癖のついた中毒患者の苦情相談窓口はどこ?
「家畜のトラブル相談所」で受け付けてくれるのか?




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。





断末魔のアリ型迷惑軍隊組織

(Tue)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



安倍自民党政権は徴兵制を視野に入れている。

その理由は使える兵隊(後釜)の枯渇。
と、いっても表の存在である自衛隊とか警察の話しではない。

欲しいのは権力維持の盾になる道具。
何らかの中毒状態でエサ欲しさに命を張る兵隊である。


60年安保時代、大量の兵隊が動員された。
機動隊の背後で、学生を引きずり込んではリンチを仕掛け、女学生をレイプしたのは誰なのか?

当時の日本には軍隊並の規律を誇る、裏社会(893、朝鮮半島から勝手にやって来たグループ、その下に暴走族や愚連隊)がいた。

それぞれの組みには手配師がいて、数千人単位の動員も可能。
彼らの活動資金は自民党会派☜ニセ右翼やカルト☜ゼネコン下請けヒエラルキー☜パチンコギャンブル業界☜GHQ軍産共同体☜縄張りごとのミカジメ上納金などの収益構造が二重三重に取り巻いており極めて潤沢。

繁華街を一巡りすれば、ヤクザ、ギャング、兵隊クヅレに憧れるベビーブーマー世代が掃いて捨てるほどいた。


GHQが作った民間でありながら実際は国策会社(盗電その他のゴロツキ企業)には(選管ムサシのような)特殊部署がある。
ゼネコンの下請け、土建業界は若手の受け皿になり、盗電作業員のピンハネで明らかになった伝統的中抜きシステムができあがっている。

ダムや大規模な河川工事が目白押し、現場には数年に渡って小さな街(飯場)が出来上がり大量の作業員が住み着く。
食住や娯楽、性の処理まで、数百人規模の定期収入労働者がもたらす特需、それの独占利権は不正経理のオンパレード。

自民党時代の地方交付金、自治体の割り振りには、裏の兵隊を養う予算が組み込まれていた。
有象無象のなかから、選りすぐりの精鋭が選ばれ、身分を消して非合法な汚れ仕事を引き受ける。裏社会は常に一定数の人材を飼育してきた。

しかし、1980年代のバブル崩壊、その後のリーマンショックで(裏)資金が枯渇。
地方交付金の減少、ダム工事の凍結、リクルートシステムとして機能していた(小規模な土建業者)が倒産。
民主党政権がそれに追い打ちをかけ、古参(兵隊養成機関)の資金源が枯渇し若い衆を養う仕組みが疲弊してしまった。


権力の盾となり、実際に使える飛び道具を育てるには、表の軍隊を強化し、人材の裾野を拡げるしかない。

表の軍隊(自衛隊や警察)にもカルト精鋭部隊がいるが、彼らを大規模に動かせば足がつく。
その欠落を補ったのが背広を着た兵隊。


アルジェリアで注目された日揮も典型的な背広を着た軍隊企業。
商社も部署によっては軍隊。
金融も運輸もある意味、軍服を着た方が作業効率がいい業種ではないか。

中央集権(中央官僚)の一部は、オールジャパン(民間軍隊企業)を自らの私兵のように勘違いしている。
各企業にはそれぞれの執行責任者がいるが、その上に官僚がいる構図を勝手に描いてはトンチンカンな要求を突きつける。

企業は国策という水戸黄門の印籠には逆らえない。
そんな訳で、常に一定数、民間企業の徴兵が戦線の最前線に送り込まれてきた。
(原子力ムラのように)


ところが、ご他聞に漏れずコッチの兵隊も深刻な人手不足。
増税免除と引き換えに落ち目の業績にも関わらず全面的に恭順の意を示すマスゴミを除けば、かつてのように無条件で付き合う企業はあるまい。


盗電のように国営となれば、使える人材がほとんどいないことに今さらながら嘆き節。
残された手段は外人部隊しかない。

(タイ人労働者が駆り出されようとしている・・・既にそうなっているかも?)

中央集権(自民党政権)は絶対的忠誠を誓う犬(兵隊)が必要だと切実に感じている。

暗黒の20世紀を支え、秘密諜報全盛の二重構造を支えたのは背広を着た優秀な兵隊。

政治家もこのような裏組織の生き残りが脚光を浴びてきたが、少なくともこの20年、このような人材育成は棚上げされてきた。


・・・

ところで、21世紀のタイムラインに乗る「子ども」が、化石ジジイどもの兵隊になると思う?

一定のセンス = 霊性を備えた人間に、従属(誰かの利益のための盾になる)タイムラインは存在しない。

我が子を戦場へ送りたがるバカな親世代が残存したとしても、いまさら背広を着た兵隊募集に自ら飛びつくバカはいない。
一度契約したら二度と足抜けが許されない組織に人材は集まらない。
つまり、20世紀型経済軍事組織は早ければ1、2年でオシマイ。

21世紀に兵隊は必要ない。
20世紀型産業経済構造は役割を終えたのである。

そうなれば、嘘八百の民主主義も議会制猿芝居も立つ瀬が無い。
国連は害悪でしかなく、上流階級の副収入にしか貢献しない人権団体や環境団体も切り捨てられる。

背広を着た兵隊企業の執行部があわてて路線転換しようとしても、時既に遅し。
波長が噛み合ない限りテコでも動かないのがタイムライン。

容れ物は傷だらけでも構わないが、中身はスッキリ入れ替わった組織体しか生き残れない。
(目的に応じて個が連携する組織体、従属を条件としない組織体しか存在しなくなる)

NPOやNGOも、監督官庁のお墨付きありきでは単なる下請け作業組織に過ぎないと誰もが認識する。
軍服組も背広組も兵隊の身分(絶対的従属)が条件なら、誰一人振り向かない。

端境期、アルジェリアに限らず、過去の亡霊が世界各地で不毛なテロを仕掛けている。
実行するテロリストは人間ばかりではないだろう。
(彼らの言う外人部隊は異星人かも知れない)

何ともやりきれない虚しさを感じるのは、いまさら時間逆行を試みる化石ジジイの愚かさ。
(安倍ちゃんの痛いほど時代遅れなセンス)



Jussi Björling - O Holy Night

手遅れな化石に構っているヒマはない。

人類は既にアリ型迷惑軍隊モデルから離脱する流れに乗っているのである。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。