FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

類人猿は新しい公共を理解できない

(Fri)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



古来、人間の意識がどこにあるかが争点の的だった。

心臓、腸、脳。

間違でもないが、正しくもない。

肉体は60兆の細胞、1000兆の共生微生物、100兆のソマチッドの寄り合い所帯。

ソマチッドは生体コンデンサーの役割を果たし、ミトコンドリアが容量電流を利用して発電。

細胞はその電力を利用して刺激 ☞ 興奮を脳に伝え、感覚、知覚、認識、誤解、錯覚、その他モロモロの反応を励起する。

しかし、このような(興奮刺激の感知)は1160兆の集合体がオートマチックに脈動する極々表層の一部分に過ぎない。


興奮刺激の感知をワタシと思うワタシ。

ワタシは外部からやって来る無数の刺激の中心に立っている。

そうであれば場を認識する、しないに関わらず、その場の環境に依存して生きていることになる。

つまり、ワタシの意識はその場の環境に浸透し、相互依存する。

そよ風が吹けば心地よいが、強風で身体ごと吹き飛ばされれば死ぬかも知れない。

人が暮らす環境は(人間の内と外の区別のない)境目の無い意識の連続なのである。


意識は肉体の周辺環境とつながっている。

端的な例を挙げれば、感覚領域を脳内(五感)でしか感知しない人は、総じて放射能汚染に無頓着。

放射能汚染に無頓着な人は、化学物質汚染にも無頓着。

それが正しければ、住化とか花王の社員は全員、極度に断片化した意識の持ち主ということになる。

自ら生み出した製品が、人体や環境でどのような振る舞いをするのか、まったく想像が及ばない人々でないと、平然と業務を続けられない。


放射能汚染に限らず、女性が周辺環境に敏感なのは命を宿す性特有のセンス。

住化とか花王にも女性社員がいるだろうに、彼女らは何も感じないのだろうか?

人=自然の迷惑顧みず、儲ればいいならモンサント。

売っているから利用する、それが悪いと言うならつくるな、と言う人も五十歩百歩。

本人が感知しようがしまいが、1160兆のオートマチックに脈動する集合体は外部の影響に四六時中振り回されている。

従って、五十歩百歩の断片化した人々にも、然るべき変化は起こる。

しかし、ごく表層に過ぎない感覚を自らの意識の全てと決めつける未開人が増え過ぎると、マトモな人や子孫が生きる余地がグングン狭まる。

あと少しで跳躍的な進化を遂げる人類の意識フィールド(自然環境)が、のっぴきならぬほどに汚染されたらどうなるか?

1160兆の集合体は、否応無しに肉体という牢獄に幽閉される。

閉じ込められた意識に次元跳躍は不可能。

そんなこんなで進化の可能性を失えば、永遠に猿山の住人だが、地球は猿山を許容する意味を失えば、さっさとリセットすることになっている。

人類滅亡。

我々は、猿山で好きなだけ欲望を追求できる環境に住んでいる訳ではない。

地球の進化と並行しない限り、リセットされるリスクと背中合わせに生きている。


猿山のボスと猿山の住人の凶暴で、向こう見ずで、利己的な意識に囲まれて暮らすのは辛い。

境目の無い意識の連続は、環境が受け取る痛み、循環サイクルが崩れる時の悲鳴を聞いている。

彼らを滅ぼせとは言わない。

ただ、出来るだけ早く、住み分けをしたい。


傍目には相変わらず猿山のボス選びにしか見えない選挙でも、選択によって確実に未来は変化する。

選択を質を高めていくと、我が身の居場所は、意識が望んだ世界にしか存在しないことに気づく。

意識は瞬時に、望む世界へワープする。

それが理解できない人類は、かつて滅びたクロマニヨンか、ネアンデルタール人と同じ運命を辿る。


手遅れな連中の支配を許す(自公民、維新)に一票を投じるくらいなら、オレが代議士になって世の中を変えてやると一念発起する人もいる。

心意気は汲むが、いくらメンツが変わっても、看板を付け替えても、同じ土俵の上では実際何も変わらない。

政権交替したはずなのにいつの間にかオール自民、公明も、維新も、共産もとどのつまりオール自民。

実行主体は猿山のボス、中央官僚とハンドラー。

政治家より上位に経団連だの、軍産複合体だのがひしめいている猿山社会に自らを埋め込む限り、何も変わらない。


では、同じ次元空間にあって、猿山のど真ん中にいても、彼らに干渉されない世の中をつくるにはどうしたらいいのか?

個人個人が、境目の無い意識の連続を「共有」できる人間になる。

「共有☞公共」。

目に見えない公共が、次世代へ引き継ぐ新しい土俵をつくり出す。

(猿山中央集権の公共は独占、課金、利権を意味する同音異語)

少しでも、それに近づく可能性の高い政党会派(生活の党、緑の風など)に一票を投じることから始めるしかない。



Amazing grace fortune to listen to a favourite melody and a gentle voice!!!


類人猿はいくら頭をひねっても、新しい公共を理解できない。

 「なんで、あいつらは儲りもしない、独占もできないつまらない仕組みを選ぶのだろう?」

こっちから見れば、

 「何であいつらは猿山で血みどろの闘争に明け暮れるのだろう?」

この差は1オクターブに匹敵する目には見えない活断層である。

同じ次元空間にあって、猿山のど真ん中で隣り合わせても、未開人は新しい仕組みに指一本触れらない。



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
スポンサーサイト

鳩山さんと小沢さん

(Tue)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



古来、船長は船と運命を共にする。

鳩山さんは民主党丸の船長として覚悟を決めている。

今の代表は野田氏だが、実質的に船の製造責任があるのは自分であり、沈みゆく泥舟でも、船長が乗組員より先に脱出する訳にはいかない。

これまでの紆余曲折を見ているとそう思えてならない。


未だ日本人は政治家にリーダーシップを求める。

大上段の構えだけの、操られた決断力(パフォーマンス)を求める。


政治家とは人びとが日々の生活を改善していくうえで発生する諸問題を調整する人間のことである。

政治家に社会全体の先導(イニシアティブ)を求めることは、犬のしっぽに犬の散歩を頼むようなものだ。 バックミンスター・フラー 



アメリカのバカげた大統領選挙、未成熟な劇場政治が通用する時代は過去のモノ。

イシハラ維新の代表のような人物を選ぶのは、犬のシッポに犬の散歩を頼むようなものだ。


明治維新のドサクサに紛れて中央集権の真ん中に居座る官僚機構の無茶苦茶が、今日の日本の壊滅的惨状を招いている。

政治家は、これを整理して、責任を明らかにして、法に照らして裁き、必要ならば法律をつくって最適化する役目。

基本,とても地味で根気のいる仕事である。


小沢さんは、日本で最も成熟した政治家であると思う。

これからしばらくの日本に必要な政治家の範となる人物である。


小沢氏は自民党政治の裏の裏を知っている。

これも、手の施し用のない今日の官僚天国解体には必要不可欠な見識。

過去がどうであれ、今現在、政治家が語る言葉を信じるなら、小沢さんこそ21世紀の成熟した民主主義の調整役に相応しい。

国民の生活が第一の代議士はおしなべて実務派が多い。

それを物足りないと言う人は、相変わらず犬のシッポに犬の散歩を頼む手遅れな人。


有権者は、政治家にリーダーシップを求めてはいけない。

中央集権を最適化できる実務的人材を選ぶのが正しい。


少し先の未来には中央集権は不必要。

しかし、政治家と言う名の調整役は当分必要である。


今回の選挙で一気にハイレベルな結果を求めるのは無理でも、一歩でも近づける事。

ここで、マスゴミご推奨の油ダポチやパフォーマンスしか能のない当て馬候補を選ぶなら、また数年、時間を無駄にする。

それどころか、数十年前に逆戻りする可能性すらある。


鳩山さん小沢さんは、油ダポチ統治に従順ではなかった。

これまでのどの内閣より鮮明だった。

よってたかって潰したのは未熟な煽動にそそのかされた主権者のレベルが低さ故である。

我々に選択を間違える猶予はない。


搾取コーヒー農園で搾り取られた悲しみの種をローストし、搾取奴隷と気づきもしない牧羊の群れが気取ったカフェでカスのような不味いコーヒーを飲む姿は見るに絶えない。


こめかみにアイスピック。

主権者が選択を誤る度に、一人、また一人犠牲者が増えて行く。



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

日本の中央集権は破綻している

(Mon)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



真夏に雪、真冬に夏日。

収穫目前の穀倉地帯に意図的に洪水を起こせるご時世。

実体経済で博打を打つ傍ら、国家経営の二足のわらじが許されるほど未開社会は甘くない。

日本の中央集権そのものが、宗主国から見れば搾取のターゲット。

消えた年金問題、主権者の年金が破綻しても構わないが、役人の老後資金が蒸発するのは何としても隠しおうそうとする。

なぜ、これほどまでに無理をして民死党を罪務官僚党にねじ曲げたのか?

理由は簡単である。


手厚いお役人の年金原資が底をついた。


誰が考えたって、さっさとJAL方式で年金カットするしかない。

ところが、役人はそれだけは避けたい一心で「税と社会保障の一体改革」をぶち上げた。

あの時の唐突感。

どうせ直後に311を知っていた連中の仕掛けに違いない。


冷静に実体を見つめて欲しい。

この国で何か破綻しているのか?

産業経済、医療保険、教育、環境、何をとっても破綻しかかっているのは統治機構側の方。

民間は迷惑千万の渦中にあって、至ってマトモに機能している。


500人乗りの旅客機に1000人しがみつくから飛べないのだ。

エンジンを増やし、燃料を限界まで積んで辛うじて飛行しているが、新たな空中給油を受けなければ墜落。

と、いいたいところだが、実際は地上にあって離陸すらできずにいる。

もはや、重過ぎて飛べない飛行機、日本の中央集権は破綻したのである。


飛ばない、イコール仕事をしない。

飛ばない,イコールくず鉄。

くず鉄に70兆もの維持費を喰われれば国が貧乏になるのはあたりまえである。


次期政権には官僚機構の破産を正しく算定し、後処理を断行する能力が求められる。

油ダポチ用心棒、自公民はアッチ側の人間。

イシハラ維新なら徴兵、核武装の果てに戦争状態に持ち込んでおカネの問題などぶっ飛んでしまう。

どっちも論外。


今現在の日本の状況を見る限り「国民の生活を軸にした連立政権」以外,委ねるに足る勢力はない。

「国民の生活が第一」を軸に「亀井静香新党」「緑の風」「新党大地・真民主」。




サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

超迷惑の伝道者

(Sun)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



環境の違う国(主に熱帯)で、高収益農業なんておせっかいもいいところ。


日本人の農業レベルはハイクラス? と言う思い込み。

モンサントなのに?

高収益を帳消にするローン残高。

補助金抜きでは成り立たない超過保護農業で、後継者も育たない。


何を勘違いしたのか、循環サイクルの違う国で日本式を押し付けるおせっかいにスポットライトが当る。

マスゴミが取り上げるのは、国の方針、モンサント地獄特急農業を世界に普及させるお先棒を担ぐ一環なのだろう。


貨幣経済万能でない国で、小金持の日本人は当然の如く上から目線。

まずこの段階でペケ。

サイクルの違いを無視して、日本で取った杵柄を現場に当て嵌めようとする。


ホンモノのファーマーは、何年もかけてサイクルを掴む。

自然循環に人間の勝手を押し付けない。

まずその場所の環境(土と巡り)をじっくり観察する。

現地農家の普通の農業スタイルの一部始終を観察する。

1サイクル、2サイクル、3サイクル、少なくとも足掛け1年以上、観察にあてる。


だいたいの場合、長年の経験則で継承された現地サイクルが正しい。

日本の常識から見れば、レイジー(のんびりし過ぎで効率が悪い)としか見えないとしても。

土壌微生物相が反応する速度は一様ではないが、大枠としてそのペースを守るかぎり持続的。

中心となる循環は、たい肥を撒いて、土をひっくり返したくらいでは影響されない(悪化することはあるが)。


結局、日本人は畑を周辺環境から隔離してしまう。

一言で言えば、せっかち。

土壌もほぼ入れ替えてしまうが、それでもサイクルが損なわれないのは日本の土壌がスペシャルだから。

よその土地を日本のようなスペシャルな土壌に力づくで変えようとする。

繰り返し繰り返したい肥を投入、土地土地にある土壌改良材を投入していくうちに肥えてくるのは確かだが、それは日本人がおカネを持っているからで、一般の農家に真似をしろと言っても無理。

まして、寸暇を惜しむ勤勉さを真似しろと言っても無理。

人間は、土地土地のサイクルに住み着いた土壌微生物以上にあくせくしても意味がない。

だから、いつまでたっても貧乏なのだと決めつける。

どっちが人間として貧困かをよーーーく考えた方が良い。

この半世紀前、バイオマスの40%を破壊したのは何処の未開人なのか?

次世代、向こう100年の未来に責任を持つつもりがあるなら、たった今の貧困のモノサシなど何の意味もない。


思うに、日本原住民は決して働き者ではなかった。

日本原住民は2万年の歴史のなかで、奴隷状態に甘んじた経験はない。

強いて言えば、最期の1000年。

特にこの半世紀。


ワーカホリックな日本人像は戦後特有、一時的な現象に過ぎ無い。

日本民族が知らぬ間に支配され、働きアリとして酷使され、ロクな税の還元も受けられぬ惨状を尻目に、宗主国へ莫大な資金を流した自民党支配時代と見事に一致する。

数字上は経済大国だが、一般国民の実質貧困度で見れば中の下。



日本人はいまでも金の多寡とは違う尊厳を大事にする。

朝鮮油ダポチは、そこに着け込んで、もっともっと金を稼げと嗾ける。

たった半世紀の誤謬だが、まんまと騙され、外国にまでワーカホリック日本人の勤勉信仰を押し付けるまでに増長(退化)した日本人も少なくない。


日本人の資質は何のために働くかを見極めるセンスに本領がある。

全体の目的に叶わぬ無駄な働き(自然循環に合致しない)ことはしない。

戦前までの日本人はこのセンスを普通に持っていた。

残念ながら、日本人のセンスは恐ろしく退化して、物事の判断力が地に堕ちた。


イシハラ維新程度の朝鮮型奴隷従属大好き人間に賛意を示す人間の気が知れない。

もっと大きな視点で、何が大事なのかを見極められない人間は、自らを、子孫を、周辺環境を台無しにする。

原発推進者は、物事の判断力が地に堕ちた人間の集団。

人間の基本的センスを欠いた人間ほど人の上に立つ逆さまが、日本人を劣化させた。


よその国に出かけてまで、いらぬおせっかいをするのは、働き方を心得ぬ超迷惑の伝道者。

そうでなければ、明らかな悪意を隠し持つ、油ダ野人従僕のいずれかである。



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

羊飼いに雇われた牧羊犬に一票を投じる哀れな子羊

(Sat)

Posted in 【ブログ】

0 Comments



牧羊犬を使役する羊飼い。

たくさんの羊を移動させるお仕事。

羊は、餓えさせても飽食させてもいけない。

羊飼いは腹具合(腸内微生物相)で、群れの健康状態を見極める。


大地は養分に乏しく一度食べ尽くすと数年間、同じ場所に草が生えない。

羊飼いといえども、移り気な土中微生物には逆らえないが、愚かな羊飼いほど大地を使い捨てにする。

実際、大平原の遊牧民族は、5000年をかけてユーラシアのど真ん中を砂漠に変えてきた。


他方、日本民族は働かずとも暮らして来れた。

四季折々、溢れんばかりの海の幸、山の幸。

持て余すばかりの時間を、もっぱら内観に費やせた地上でも稀な種族だった。


稲作がはじまり、領地に線引きをして、年貢を要求する蛮族がやって来る。

稲作は、人間を家畜化させるにはもってこいの作物。

もちろん、定住し、絆で縛られるなんてまっぴら御免の日本民族は、北へ向かった。


広大な緑の大地をパウダー状の砂漠になるまで貪り尽した未開種族の末裔は、日本に中央集権の基礎を築く。

文科省ご推奨の日本史はもっぱら、この連中の栄枯盛衰を伝えている。

つまり、西日本を中心とした家畜変遷史だと思えば間違いない。


地球最古、2万年に及ぶ直列遺伝子を継承する日本民族。

そのうちの1万7千年は、自然循環とともに暮らし、内なる巡りと物質世界の巡りのそれぞれに深く精通することに時間を費やた日本民族。

今日の日本人である我々は、質の高い思考力を生まれながらに持っている。

これは当たり前のようで、そうではない。


(生まれながらに先生になれるのだが、それはそれで問題の種でもある)

しかるに、戦後67年、遥かに即物的で底の浅い思考故に、物質世界に強味を発揮する未開人の支配下に甘んじる他なかった。

WWIIで失った日本男子の甚大な穴ぼこを埋める間もなく、朝鮮傀儡、米国ユダヤ人の牧童に囲われた定住型の家畜として生きるしかなかった。


何が、高度成長経済か。

薄っぺらな表層世界で、世代ごとに生き血を吸われる囲いの中を巡礼して痩せ細る人生。

家畜が家畜の代表を選ぶ不毛な繰り返しは、いい加減に止めたい。


幸いなことに、311以降、日本民族の遺伝子にスイッチが入った。

1500年に及んぶ日本民族家畜化計画はネタバレ。

今現在、日本民族を代表しうるのは「国民の生活が第一」と「緑の風」くらいなもの。

その他は、CIA、朝鮮半島、古来から悪さをする中華人系、油ダ野人によってつくらせた、いわばお仕着せの政党。


古来日本は、放っておけば海の幸、山の幸で溢れる土地柄なのだ。

それを邪魔するのは(未開人)である。

経済だか何だか知らないが、少なくとも大地(土中微生物相)に関わることで、最大の破壊者は農業。

世界中央集権のご指導通りにすれば、世界中がゴビ砂漠。

まして、原発。

こんなものを推進するのは狂気の沙汰だと分るはずである。

家畜にはこの当たり前が理解できない。


長い間、家畜生活に慣れ親しんで頭がバカになった日本民族も少なくない。

日本民族でありながら、未開人にヨロコンデ使役される情けない一群。

羊飼いに使われる、牧羊犬に一票を投じる哀れな子羊。


迷える子羊ならまだいいが、本気でそう信じているなら・・・神はニコッと笑ってこういだろう。

「信じるモノは、足許を 掬われる」


サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】 天然ヘナ愛用者・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。