FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

子どもを守れ

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



光が意図した道


731部隊の生き残りと油ダ赤十字が結託。

フクイチ周辺の計測データがねつ造され、日本の若年層の知能、肉体的劣化が明るみになる。

(八割の事実に二割のウソを混ぜ込む)

遠からず世界は、日本民族(若年世代)が重い十字架を背負ったことを認知する。

世界有数の知能とセンスを持った日本民族のステータスは日に日に低下する。


なぜ、文科省がヒップホップを義務化するのか?

なぜ、国策アニメに税金をつぎ込むのか?

答えはあきらかである。

ネットゲーム、電磁波刺激、オクターブの低い光の点滅(テレビ)、同じくオクターブ低い繰り返し振動波による(感覚麻痺)など、ありとあらゆる感覚障害誘発トリガーを子どもの周辺に蔓延させるためである。

暗黒勢力の従僕医療関係者は、肉体(物体へのダメージ)に注意を喚起する傍ら、半分は肉体由来、半分は非物質センスに由来する知能障害誘発に重点を置く。


低線量放射能被曝は厳然とした事実。

誰しも、体内で微細な代謝異常が始っている。

修復可能な範囲か、それとも手遅れかは個体差次第。

しかし、それは肉体レベルより遥かに精妙な感覚機能を真っ先に攻撃する。

医療には何も期待できない。

感覚障害ダメージに追い打ちをかけるメソッドは豊富だが、治療方法など全く皆無。


子どもを知能低下(感覚障害)から守りたいなら、文科省には消えてもらわなければならない。

(タダでさえ、現行義務教育は、放射能より酷い家畜カルト急造カリキュラム)


子どもたちが失うのは、目に見えない自然循環を見る力。

聞こえない自然循環の声を聞く力。

そして、自らの内なる循環を察知し、物理世界に応用する力である。



このような力を失った子どもは、人並みに成長しても自信がない。

いつも感覚の不協和音に苛まれ、イライラして理由もなく悲しくなり、ときに暴発して自己嫌悪に陥る。

化学物質過多?それとも放射能?

それとも電磁波?まるで中毒患者のような焦燥感に苛まれる。

仕組まれた障害を生涯背負う人生。

なぜ、このような若者を量産するのか?

理由は至って単純。


中央集権に巣食う連中は、どいつもこいつも次世代の日本人に、光の世紀、21世紀を切り開かれていは困る人たち。

光の受容体、次世代の子どもの生命線(センス)を破壊すれば、21世紀に光は訪れない。


日本民族は誰しも、かつて、光の受容体として生を受けた。

誰しも見えない巡りを眺め、聞こえない巡りの子守唄を聞いていた。

しかしこの半世紀、暗黒勢力の繰り出す飴とムチに手懐けられて、肝心のセンサーがすっかり錆び付いてしまったのだ。


中高年世代に残されたミッションは、万難を排して子どもたちを守ることである。

「巡り」のエネルギーを感じる人間の数を増やす。

「巡り」のエネルギーが満ちた環境を保護する。

次世代は光の世紀に相応しい、あらたな仕組みを立ち上げる。


サナギから羽化する蝶の如く。

このプロセスこそ、光が意図した道である。



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
スポンサーサイト

放射能と知覚障害

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



光が意図した道


暗黒勢力と言えども、世界世論を敵に回しては分が悪い。

合成化合毒物、農薬や化学肥料、医薬品に見せかけた毒で緩慢な殺人を試みるも、人間には代謝排出作用がアリ、そう簡単には殺せない。

高度成長経済に浮かれた世代を従属させる仕組みを踏襲しようにも、その子世代に同じ手は通用しない。

そうこうしているうちに、ニセ油ダ屋の足下がグラついてくる。

高速金融増殖炉の暴走で永久負債経済の底が割れた。

最後の手段、核汚染。


事故にカモフラージュすれば、国際世論の目は誤魔化せる。

かといって、日本のごく一部の汚染では意味がない。

日本全土を広く薄く汚染する瓦礫拡散は始めからセットだった。


瓦礫拡散の進捗とは別に、311から数ヶ月、日本のあちこちで小型核が炸裂した。

アリバイ工作とのタイムラグ、あちらこちらで露呈するテロの証拠。

だが、植民地の貧しいメディア環境と人々の無知が真実を遠ざける。

マスメディアは狂ったように、食べて応援、瓦礫拡散、絆を煽り続ける。


大多数の大人はすでに深刻な知能低下を起こしている。

と、甘く見た傀儡政権の思惑どおりにはいかない。

知能低下は傀儡政権の方で、日本民族の底流に流れる自立独立の気概は消え去っていない。

即時廃炉回避の世論操作も不発。

そもそも、官僚など一切信用しない暗黒勢力は、それも折り込み済みである。


暗黒勢力の本当の目的は光の受容体(およそ3000万人の子ども)の未来を摘み取ることである。

つまり、大人などどうでも良く、子どもたちの知能低下さえ実現出来れば良い。

この先の1000年、暗黒勢力が引き続き世界を支配し続けるためには、日本民族を無力化すること。


代謝異常でもっとも顕著なのは生殖異常だが、それと同等に深刻なのが境界例人格障害などの知能障害。

日常生活に支障のない程度なら、国際的な非難を浴びることもない。

しかし、本人、家族など周辺の人間は深刻なダメージを受ける。

その伏線となる低線量被曝状態に固定する作戦は概ね成功。


次に必要なことは、いかにして実際に知能レベルの低下を引き起こすかである。

合法ドラッグ、ある種の化学物質、ある種の電磁波刺激、障害誘発トリガーの市中にバラまきは同時進行している。

今やプロ野球球団を持つほどの成長産業、ネットゲームの執行責任者はニセ油ダ屋の直属。

あの業態を一言で言えば、知能低下トリガー業界

資本関係を何処までも追えば間違いなくニセ油ダ屋御用達、予めこの目的のために仕組まれたヒルズ族は文字通り日本の蛭。


パチンコで感覚障害から脳障害に移行した中高年。

次なるターゲットは、子ども。

黒魔術師は文科省をして、国営アニメ、国策ストリートダンス導入を目論む。

センスの欠片もないやり方だが、それを臆面もなく実行しようとするところが図々しい。


小学校高学年から中学の第二次成長期に、子どもを心理的ドラッグ依存症に固定する。


代謝障害が深刻ならば、肉体的代謝異常を起こす。

しかし、そこに至らない場合でも、心理的な代謝異常、つまりある種の慢性中毒症状に陥る可能性は格段に高まる。

すると何が起こるか?


『光のオクターブ』の受容資質に致命的な問題が生ずる。

つまり、子どもたちの未来は暗転、大量カルト家畜予備軍に降格。


これが暗黒勢力の狙い。

肉体の物理的側面しか見ない医療には何一つ期待できない。

現に、無数の大人は実際は深刻な感覚障害に陥って居るにも関わらず、何も知らずに生きている。

それどころか、そのような欠陥人間ほど高い地位に就ける逆転現象が常態化している。

四面楚歌の現実の中で、どうすればこどもたちを守れるのか?


いったん、現在の在り方をリセットする勇気をもって望むしか方法はないと考える。


光が意図した道【続く】子どもたちを守れ



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

日本民族は光の受容体

(Wed)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



光が意図した道


西欧諸国(黒魔術ニセキリスト教原理主義)は東進を続け、北米南米、オセアニア、アフリカ、アジアの主要拠点を席巻した。

その頃(19世紀末)でも、日本は謎に包まれた国だった。


魔法の鏡ではないが、何度聞いても答えは同じ。


 『21世紀、地球に光をもたらすのは日本』


暗黒勢力はモンゴル帝国を介して日本を察知したのだが、彼らが見たのは当時隆盛の大和王権の日本ではなかったと思われる。

彼らが見ていた日本は北方の王国。


それを解く鍵は『金』。

黄金伝説に彩られたジパングの『金』は現在の宮城県から岩手県一帯で産出。

その多くは京へ運ばれた。

黒魔術師の魔法の鏡に映ったのは、龍体(日本国)の胸腺チャクラに当る部位。

鉱物資源の金ではなく、オクターブの高い光のエネルギーが放つ光だった。


奥州の金の多くは砂金、源頼義、義家が阿倍一族を滅ぼした頃にはすでに取り尽くされていたようである。

しかし、摂関家はその後も奥州の金を求め続けた。

供給は可能。

なぜならば、アムール川流域で産出する金が北方経路でいくらでも入手できたからからである。


当然のことだが、摂関家が日本を実効支配して以降、北方日本は歴史から抹消された。

なぜならば、中国・朝鮮半島大陸からの大量(侵略)移民が日本史の主旋律でなければ都合が悪いからである。


暗黒勢力が311で狙ったのは龍体(日本国)の胸腺チャクラに当る部位

これは偶然ではない。

人工地震、津波に依る大量虐殺、さらにはフクイチ爆破による放射能汚染は、光の勢力を地上から抹消するために決行されたと考える。

従って、関東以西では意味がなかった。


ザビエル上陸から450年、執拗に接触の機会をうかがったニセ油ダ屋勢力こそ、明治維新の陰の立役者。

西洋一辺倒の文明開化、利権商売に過ぎない議会制民主主義、傀儡支配を容易にするためだけの中央集権体制。

これに猛烈に反発した民族神霊が大挙して沸き立つも、当時の内務省の卑劣な謀略が強引にねじ伏せた。

しかしながら、昭和初期までの日本は大正天皇の威光も相まって、傀儡一辺倒を許さなかった。

日本民族のセンスと相容れない価値感など一顧だにしない気概を持ったオッチャン、オバチャンが普通に暮らしていた。


業を煮やしたニセ油ダ屋勢力は、愚鈍な官僚の尻を叩き、強引に日本を二次世界大戦に引きずり込んだ。

参謀本部が傀儡の巣窟、勝てる道理のない日本。

二度の原爆投下、三河湾で炸裂した人工地震。

ドサクサまぎれとは言え、世界世論反発のギリギリのリスクを犯してまで降伏を焦ったのは、暗黒勢力の恐れの裏返しである。


民族の精神的支柱を失った損失は計り知れない。

日本民族の誇りに満ちたオッチャン、オバチャンが普通に暮らしていた日本は一時的とは言え、地上から消えた。

女と子どもばかりになった国は、事実上植民地のまま、今日に至っている。


しかし、戦後67年経た現在、日本には未だ3000万人の光の勢力(次世代をになう子どもたち)が存在する。

暗黒勢力は傀儡支配中央集権を敷いても、日本民族の潜在的脅威を消し去ることは出来なかった。

この巡りから読み解く311の目的はたったひとつ。

今度こそ、日本民族、光の受容体を地上から抹殺すること。


暗黒勢力、ニセ油ダ屋にとって最大の脅威、光の受容体(日本民族の子孫)に決定的なダメージを与えることは1000年の時空を超えた悲願。


光が意図した道【続き】放射能と知覚障害



サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

北方にあったもうひとつの日本

(Tue)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



光が意図した道


ニセ油ダ屋は、世界各国に利権集約型協同組合をつくり、中央集権の要職を割り当てる。

支配の妨げとなる国や地域には、殺菌保健医療、不平等経済条約、一方的負債金融制度を押し付け、それでもダメなら暴力でねじ伏せてきた。

利権集約型協同組合は北朝鮮型密告(中央集権体制)。

表向きは自由経済、民主主義、三権分裂だが、実態はニセ油ダ屋が擬態する悪の巣窟。


ニセ油ダ屋の野望(NWO)を打ち砕く国はどこか?


アメリカでもロシアでもない、日本である。

日本民族が覚醒すれば、ニセ油ダ屋の野望は潰える。


なぜ、日本なのか?

それを解くには、マルコポーロを幽閉し極東の島国、ジパングについて執拗な追求が始った頃まで遡らなければならない。

尋問官は問う、なぜ、チンギスハーンはヨーロッパに攻め入ろうとしたのか?

モンゴル帝国をして光の勢力が大挙して暗黒勢力に警鐘を鳴らしたのは何故か?

光の勢力の中枢は何処なのか?

首領は誰なのか?

何もかもが、謎。


何の記録も残っていないが、当時のモンゴルと日本(北方王国)とは極めて緊密な友好関係を築いていた。

おそらく、暗黒勢力が知りたかった核心は日本(北方王国)の実態であったのだろうと推測する。


日本(北方王国)は、西の大和王権とは違う。

北日本にあった王国(ヒダカミ、さらに北にあった幾多の小国)と北方遊牧民族との長い交流の歴史は朝鮮半島や中国大陸との交易よりずっと古い。


源氏の馬術はモンゴル由来。

操船術も北方系、これらは先に東北地方に根付いていた。

後からやって来た源氏は蒙古人を師として習熟に勤めた。

西の総大将、源頼朝が不慣れな奥州へ攻め入っても、土地勘が在るのはせいぜい平泉周辺まで。

その先は未知の世界。

しかし、牛若の時代から奥州で鍛えられ、蒙古流馬術と操船術をマスターした源義経にとってはかって知ったる土地である。

追っ手の追撃をかわすことは造作無いことだったと思われる。


さて、そうは言っても、日本史のきらびやかなスターの動向ばかりを追っても仕方がない。

ここで重要なことは、なぜ、暗黒勢力がモンゴル帝国を通して日本(北方王国)を探ろうとしたかである。


光が意図した道【続く】日本民族は光の受容体


サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

寝ぼけたままでは殺される

(Mon)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



優れたリーダーを持つ組織は弱い。

組織は所詮、孤立者の群れと見るべきなのだ。

一人一人のレベルが高い組織は、共通する利益のために最短のルートを走り抜ける。

誰もリーダーの指示を待たない。

自分勝手に動いているようでも、暗黙の抑制が働いている。

このようなチームが世界最高峰の組織プレーを繰り広げ、ワールドカップの覇者になる。

会社も、官僚組織も同じである。


個のレベルが低ければ、徒党を組む意味はない。

カリスマに従僕するだけの組織などない方がマシ。

この事実は、昔も今も変わらない。


どうやってレベルの高い個をつくりだすのかが問題。

2つの方法が有る。


ひとつは、消去法の育成法。

徹底的な訓練によってサイコパスを養成する。

日本の義務教育は、まさにコレである。

生き残ったエリートは、サイコパスの上位組織に参画する資格を得る。

もちろん、その他大勢の処遇は奴隷。

このような地域を普通の言葉でいえば、地獄と呼ぶ。


もうひとつの方法はなにか?

地上世界に浸透する最も高いエネルギーに着目する。

「循環型」とか「持続的」とかいう、学者先生の言葉をゼーンブ蹴飛ばして、そこに在る本質を獲得する人間開発。

机上の教育は無意味。

優れた指導者は必要だが、理解度が深いほど余計な口出しはしなくなる。

「巡り」は理論では教えられない。

テストの点数で評価できない。

しかし、「巡り」自体、底上げの波。

なかなか成果が上がらないように見えて、その実、着実に全体のレベルを押し上げる優れた育成法である。

個々の優劣はあるが、消去法の冷酷とは比較にならない“あたたかさ”がある。

良い素質は他のポテンシャルを引き出す力になる。


場のエネルギーが満るとき、最高水準の成果を引き出すことができる。

しかも、それは頂点から放物線を描いて隅々に及び、一度底辺まで戻った波は、ふたたび頂点へ向かう半永久サイクルをつくりだす。

このような場が地球のあちこちにできるとどうなるか?

中央集権などいう、サイコパスの巣窟は消えてなくなる。

これを普通の言葉で【楽園】と言う。


サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。