FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

イジメ問題の当事者(生徒)が諸手をあげて賛成する解決方法

(Tue)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




イジメを無くそうという人間はネジが一本足りない。

イジメは無くせない。

イジメる、イジメられるは、成長の一過程。


中学、高校、思春期の子どもは自立のための試練に臨んでいる。

イジメが命のやり取りに嵩じる事態は珍しい事ではない。

イジメを無くすのではなく、イジメを通して成長を促す。

それを見守れない親、教師は失格。

もちろん、大人の役割はそれ以外にもある。


大津イジメ事件の被害者の親は真相解明を求めると言うが、それなら、答えはとっくに出ている。


大津イジメ事件の当事者も黙認した生徒も、生涯背負い続ける重荷を背負った。

彼らは、被害少年が命を賭して伝えたかったメッセージを汲み取れない周辺の大人たちに苛立を覚えている。


第一義的な管理監督者、担任が無能なら誰が責任を負うのか?

無能な担任を管理監督する校長も無能、校長を管理監督する教育委員会も無能。

市や県の担当者も無能。

彼らは中央のつくったマニュアルに忠実な従僕であって、問題解決能力は求められていない。

つまり最初から裁量権など持ち合わせていない。

では、制度施行主体である文句科学省はどうか?

いちいち、末端のクラス事情など知りうる立場にないのは言うまでもない。

では、誰が責任を取るのか?


生徒。


現行の仕組みでは、生徒が自らの身命を賭して事態を解決する以外ない。

大人の責任はいくら追求してもウヤムヤ、仮に責任を問われても訓告だの戒告だの、痛くも痒くもない。

たまに、気概のある教師が自身の裁量で問題を解決する。

すると余り突出するなと釘を刺される始末。


子どもが無意識に感じている苛立の本質は、自分たちの人権が無視されていること。

そして、それが何処に由来するのかを巧妙に隠されていることである。



日本人の主権が羽根のように軽いのは子どもに限ったことではない。

しかし、世の中の大人が無能だからといって次世代も同じではない。

幼いからこそ、未熟だからこそ敏感に感じ取る不条理に手を拱いている大人に絶望する気持ちは分らぬではない。


 しかし、親や周囲の大人に絶望しても、どんなに苦しくとも生きる。

 人間は変化する生き物。

 親世代に期待できないなら、君たちが変えれば良い。



日本に共通する問題は、カネも裁量権も中央に厚く、現場に薄いこと。

現場に裁量権が無い分、中央に巨大なカネ食い虫の塔ができる。

情けないにも程がある無能な大人はそれをよだれを垂らして眺めている。

エリート官僚は、問題が起これば、中央がイジメの元凶だと与論が沸騰しないよう、刑罰(司法)判断にすり替えるのが常套手段。


残念だが、今回も同じ轍を踏んでいる。

司直の誤摩化し戦略にものの見事に誘導された被害者少年の親は、犠牲者の命がけの訴えに応えていない。

厳しいようだが、私怨にかまけて本質を見失えば犠牲者は救われない。


イジメ問題の当事者(生徒)が諸手をあげて賛成する解決方法は以下の通り。

文句科学省の敷く中央集権型教育課金システムと兵隊要請プログラムを解体し、子ども目線のカリキュラムを現場裁量に戻す。




現場にやる気があれば、できることは無数にある。

大人が真剣にこの問題に取り組めば、次世代は諸手をあげて賛成する。

大人は次世代のために、一人、一つでいいから何か事を起こせないか?

と、思わずにはいられない。

・・・
サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
スポンサーサイト

量販店がなかった頃の懐かしい街

(Mon)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




街に量販店があるなんて恥!

なんで?

地域が貧乏な証だもの。


こんな会話が普通に飛び交うようになれば、日本は今よりずっと豊かになる。


日本再生は超簡単。

背負わされた荷物を放り投げれば良い。


荷物とは見えない税金。


もし、可処分所得の半分が税金なら、それをゼロにすれば何もかも半分。

一本100円の大根は50円。

もともとの卸値は変わらないから農家は全然困らない。


商売の基本をマスから個にシフトする。

大型量販店がこの世から消えれば価格はもっと下がる。

月収10万以下でも充分豊かな暮らし。


誰でも知っている経済原則はたったひとつ。

格差を無くすこと。

フラットにすれば過剰な国際競争力など無意味、実体経済は数段活性化する。


従って、日本人の賃金が高過ぎて採算が取れないというのは大嘘。

可処分所得の半分以上が見えない税金だから、結果、人件費が高いように見えるが実生活はひもじい。

わざわざ格差をつくっている。


世界一高い電気料を払い、世界一高い石油、天然ガスを買わされて新興国と競争できる訳が無い。

大量生産のミイラ化した野菜を大量に仕入れる大型量販店で高止まりの商品をほんの少し高いの、安いのと低レベルな競争に煽られて買わされる。

しかも、量販店の品揃えは広く薄く放射能汚染された食物ばっかり。

イオンだのヨーカ堂だのが儲るほど一般市民の貧困度は上がる。

量販店の品揃えはつくられた、格差社会の家畜のエサ。


量販店の原点は、支配階級向けの高級品を必要以上に高く売るのがポリシーだった百貨店。

階級、つまり差別。

それが転じて差別化というもっともらしい言い訳を編み出したが、要するにヒトデナシの商売。

百貨店ビジネスモデルは、差別・格差あっての高収益。


百貨店勤務のお父さんは、人に恨まれながら仕入れ値を叩き、奥さんは平気で定価で買い物をする。

要するに値切った分、消費者が割を喰う経済。

では値切った分は誰が取るのか?

第一義的には資本家ということになるが、実際は見えない税金が仕込まれている。


百貨店の低価格路線が量販店。

量販店は百貨店ビジネスモデルと抜け目の無い税金徴収係が結託した貧困量産ビジネス。

だが、罪界と中央集権が結託して格差社会を助長して、国際競争力を犠牲にしてまで溜めたカネをニセ油ダ屋に強奪される哀れ。

税収は伸びない、企業は儲らない、競争力は低下、いいことなど一つもないのに止められない止まらない。


テロをきっかけにイスラエルのイラン侵攻などという茶番など見たくはない。

ドンパチは愚の骨頂だが、似て非なる経済戦争は深刻の度を増している。

2012年、大多数の地球人は量販店の無い地域に住んでいる。





SISSEL KYRKJEBØ - SUKIYAKI


同じくG20の、大多数の地球人も、量販店がなかった頃の懐かしい街に住みたいと思っている。


・・・
サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

アメリカンウエイに捧げる消費増税

(Sun)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




アメリカンウエイなんて、どんなに贔屓目に見ても20年前で終わっている。

それなのに未だにアムウエイ信奉者が多いのには呆れる。

名前を変え、目先を変えようと中身は同じ。


数年前にフィリピンで大々的にスタートした「万能健康・ゴジジュースだっけか?」

現地協力者の奥さんがバリバリの信者になって、よりによって我々に購入をすすめてきた。

ヒマラヤ産の奇跡のフルーツだそうだ。

アメリカの高名な科学者が研究を重ね、その優れた健康効果を実証したのだと言う。

ふたを開けてみれば・・・

 「ナーんだ、クコの実じゃん!」

漢方、薬膳、日本でもおなじみの食材だが、所変われば・・・というやつ。


アメリカと言っても色々な人が居るが、政治勢力で言えばネオコン。

金融、興行、軍産複合、エネルギー、食糧、医療、遡れば資本家系はほぼ同じ。

彼らのセンスは時代遅れも甚だしく、釣り針はギラギラで不細工で見分けるのは超簡単。

陳腐なもの、センスの無いものはほとんど彼らのゴリ押しと思って間違いない。

彼らが日本に要求する消費増税は、センスが悪過ぎて、昔のようにあぶく銭が集まらない外資が不労所得を得るための苦肉の策。


国内生産の自動車を例にすると、メーカーは下請けに消費税を含めた仕入れ額を支払う。

完成した車を輸出販売する時に、製造段階で支払った消費税分回収手段がないとの理由で、その分が国から戻される。

しかし、ほとんどの場合、国内の下請けは消費税相当額以上の値引きを飲まされている。

と、いうことは、消費税相当額の戻し税は実質的な不労所得。

5%より10%がいいに決まっている。

ハゲタカが国内の輸出産業を軒並み傘下に収めれば、どうなる?

落ち目の死に損ないでも、どんなに放漫経営をしていても、不労所得が手に入る。

振込主は財源がないの一点張り、日本国罪務省。

いったん法制化された以上、支払いは絶対。


消費税は問答無用の罰則なのである。

世界でも珍しい悪魔の徴税法、戦時下のヒトラーですら罪悪感を覚えた源泉徴収を未だに止めない日本ならではの制裁税法。


日本人は、いつまで撒き餌に群がり、ミエミエの釣り針に喰い付くのか?


こんな無法を認めたら、大企業だろうと公官庁だろうと安泰ではいられない。

20世紀の収益モデルのまま、現在も少し先も利益を出せると信じるのはアムウエイ。

カルト信者ほどあからさまではないだけで、仕掛けにひっかる雑魚が旧態モデルの存続に手を貸す構図に変わりは無い。

選挙は自公民、消費税賛成、原発再稼働、TPP容認。

地獄の業火に焼かれ苦しみの果てに喰われるのは自業自得だが、他人を巻き添えにするなと言いたい。


日本沿岸に近づくとカタクチイワシまで集団自殺するご時世。

消費税は喰い付いたらオシマイの猛毒。

生き残るチャンスがあるとすれば、仕掛けがバレるか、糸が切れたとき。

釣り針で口の回りは傷だらけだが命は助かる。


最善の策は消費税自体を止めること。

もっといいのは中央集権を解体すること。

なんで、より良い方向を向かないのか理解に苦しむ。

・・・
サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

地球は急速に乾いている可能性がある

(Sat)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments




ヨーロッパ式宮廷趣味の庭園はお好きですか?

植物を人間好みのカタチに刈り込んで、幾何学模様のヒナ型に閉じ込めてしまうセンス。

無尽蔵にお金をつぎ込む永久メンテナンス。

それでも気候風土に適していれば、思ったほど大変でもないのかも知れない。

異なる気候風土の国に無理矢理、ヨーロッパ式宮廷庭園を造るからバカげたことになる。


藤原摂関家の残した日本庭園も似たり寄ったり。

栄枯盛衰、メンテナンスの手抜きで苔むしたり、枯れたり、植物相も栄枯盛衰を繰り返し現在の姿になった。

龍安寺の庭は植物を排した。

それに一人でも賄える適度な広さが心地よい。

それでも放っておけば、小石にも苔むすかも知れないので、メンテナンスは欠かせない。


かつて中原で広大な水田を耕していた農耕民族が山岳に追われ、仕方なく棚田をつくった?

それも一理あるかも知れないが実のところ、棚田はメンテナンスが楽。

谷底から吹き上げてくる強風を最大限利用すると水管理が楽、防虫はいらないし、余計な雑草も生えない。

風が運ぶ意外な恩恵(有効微生物)の供給。

家族が増える度に棚田を増やした結果、壮麗な風景が出来上がる。

自然の巡りと見事に一致した実りをもたらす一族の庭園。

これはモンゴロイド特有のセンス。


ifugao02_20120728125811.jpg

人間は自然に関与する存在。

全体の巡りから言えば、地上最大のお邪魔虫。

しかし、試行錯誤の末、何とか折り合いを付ける。

折り合い方が人類のセンス(霊的進化)を磨く。


作物の大量生産は害虫の大量生産。

加えて地力の消耗、地下水脈の枯渇、ひいては微生物相の破壊しか生まない低能科学。

熱帯にヨーロッパ式宮廷庭園を無理矢理造るようなもの。


中央集権は何でもかんでも均質のイングリッシュガーデンをつくろうとする。

調教された人間は思考がワンパターン。

伺候がワンパターンだから、指向も施行も試行も嗜好も志向も施工もワンパターン。

超、面白くない。

植物を去勢するのは許されても、人間まで去勢しようとするから人間性が歪む。

中央集権が支配的だと人間が変態性を帯びるのは当たり前。


アメリカもイギリスも一般市民に罪は無いが、ガバナンスの変態趣味は超迷惑。

世界中が嫌っている。

少し前まではカネで横っ面を引っ叩けたが、今はそれも出来ない。

G8は世界のいじめっこ。

浮いた存在なのにちっとも自覚が無いノー足りん。

ノー足りんなので、ロンドンで自作自演のテロを起こし、世界の関心を集めようとする可能性はある。

だが、どんな手の込んだ演出をしても無駄。

現在進行形でシリアを見せつけられている。

 NATO諸国はシリアの天然資源を狙っている
 http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-696.html

同情の余地はない。


それよりも深刻なのは「水」。

地球は急速に乾いている可能性がある。

本来地下にあるべき真水が地上に溢れている。


熱帯でも亜熱帯でもヨーロッパ式宮廷庭園を無理矢理造営しているからだ。

人口比で言えばとるに足りないG8の、さらにごく一部の支配層の欲望のために地球を滅ぼすわけにはいかない。

人間には未来永劫理解できない微生物のご機嫌を損ねたら取り返しがつかない。

化学物質も放射能ももちろんダメだが、こんなモノは微生物にとっては屁でもない。

しかし「水」の異変は深刻。

一夜にして様相が変わる可能性がある。


日本列島、北から南まで、地域に根ざした個性豊かな庭づくり。

中央集権の指示通りに造園する首長はクビ。


自然との折り合い方は庭を見れば分る。

ダメな人間は何をやらせてもセンス(趣味)が悪い。

かといって、雑草に埋もれていたい人間には任せられないというなら、それも結構。


しかし、日本政府は最低限、G8を脱会すべし。

後の話しはそれからだ。

・・・
サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。

共存と循環

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




100年前には普通にあった部族型少数民族の楽園は博物館的価値で辛うじて存続している。

彼らが生き延びれば、その他の人類も生き残る。

しかし、彼らが絶滅すれば地上はいったんリセット(したほうが良いレベルまで落ち込む)。


21世紀の【少数民族の楽園】は、コンフォートゾーンで住み分ける地域経済を含んだ最小行政単位の再編成を指す。

かつてのような部族的な集まりに限定しない。

相通ずる価値観(センス)と地域特有の巡りの相性の良い場所で暮らす自由。

結果として出来上がる最小行政単位が次代の【少数民族の楽園】。

原理原則は〈共存と循環〉至ってシンプルである。


文明の利器をひけらかし、部族的伝統を踏みにじり、学問的研究と称してコミュニティーを引き裂いた末に、いずれ、この人々は文明社会と同化し、不遇な境遇から抜け出すべきと主張する低能人間が高い地位に就く不遇の時代が長く続いた。

誰でも生まれ育った環境に馴染み、そこが楽園だと思って暮らしている。

西洋人も東洋人も甚だしい勘違いを起こし、上から目線に終始したのは人間としての基本的センスを欠いているとしか言いようがない。

犬やネコに本来備わる超能力は長い間飼い馴らされると、どんどん退化する。

野生では、研ぎ澄まされた超能力を最大限発揮しないと生き残れない。

例外的に人類は、凡庸でも生きて行くことが許されると思うのは勝手だが、実際はそうではない。

人類はかつての【少数民族の楽園】を失う過程で多くの超能力を失っている。

荒れ果てた広大な禿げ山が整然とした椰子畑に変わった。

それが進化なのか?

とんでもない。

実際は、とんでもない退化である。

なぜなら、そこにはイキイキと巡るエネルギーは存在しない。

自然にやさしい椰子油で洗剤や植物燃料をつくる経済行為を平気で実行できるセンスは、本来人間に備わる〈共存と循環〉にまつわるセンスを失った証拠。


パプアにニューギニアやアマゾンの裸族なら区別しやすいが、都市に紛れて暮らす今どきの少数民族は最も過酷ないじめに晒されている。

身体的特徴故に、社会制度利用の制限、最下層の労働力としてしか見られない。

遡れば、原因は彼らに無い。

彼らの本来の居住地を蹴散らかしたのは文明とやらを笠に着る阿呆どもである。

過去100年余り〈共存と循環〉センスを欠いた未開人種は、無防備な少数民族を一方的に排除した。

未だに止まない熱帯林の開発、それを許す文明国とやらの暴力を平然と容認する一般市民も同じくセンスを欠いた未開人。


多様性が失われる度に地球はツマらない星になっていく。

人間も生態系の一部に過ぎないことを忘れた人間ばかりが増殖して面白いはずがない。

日和見のキャパシティーを超えて存続できる道理はない。

日和見細菌は進化の可能性の大きい方に偏るのであって、退化に偏れば自滅しかない。

先進国の無理解は回り回って大量の自殺者に表れている。

前兆現象である子どもの犯罪、その土壌となる家庭崩壊は〈共存と循環〉から見れば当然の自然の摂理。

日本の子ども世代から見れば、祖父に当る世代の略奪行為のツケが回った結果である。


経済行為と言い張る商社も、国際貢献と言い張る政府機関も取り返しのつかない過ちを犯したが、当事者は皮肉にもその功績によって出世し、支配的地位に就いた。

しかし、彼らは住処を追われた少数民族の子どもたちが途端の苦しみを現在進行形で味わっていることにはホウカムリをしている。

〈共存〉の余地を奪った罪は、特定の家系を超越して、歪んだ社会制度を許容する地域全体の不幸によって清算される。


日本の雑草一本生えない畑を見て、技術の進歩を讃える人間はバカである。

彼は場に循環するエネルギーがまったく分らない、極度に退化した人間。

〈共存〉をしらずに老いる不幸ほど悲惨な罰は無い。


トーラス状のエネルギーが生み出す循環が生物を育てる。

化学肥料や農薬が育てているのではない。

人間も同じエネルギーを取り込んで成長する。

息苦しい環境で暮らす生物は、徐々に(循環を理解する能力)を失い、姿カタチは立派でも、味も素っ気も無いツマらない存在に零落れていく。


人間は元来〈共存〉する超能力を備えている。

異なる価値観の元で共存できなくなれば、住み分ける能力を発揮する。

個性豊か、多様性に富む【少数民族の楽園】がそれぞれに、豊かに進化する有り様を見て、次の世代はより優れた方へ、自らの価値観に合致する方へ移り住む自由。

資本主義だの、中央集権だの、時代遅れで強欲なツマらない体制にしがみつく場所は、誰も顧みない穢れ地に零落れるのは自然の理。

〈共存〉するセンスを持ち合わせない未開人は、廃炉になった原発の周辺で未開人同士集まって暮らすのが相応。

未来に敏感な若い男女が敬遠するのは言うまでもない。

余りに荒んだ魔界のような場所に子どもを近づける親はいない。

だから、一代限りの限界集落になって死に絶えるのである。


自然循環を理解できない未開人に次代のニーズはない。

世界は次代に相応しい【少数民族の楽園】を希求しているのである。

この期に及んで奴隷経済型中央集権国家を望む人間は、センスを失ったごく一部の未開人。

イッショクタで扱われるのは至極迷惑。

・・・
サポーター募集中!
地球に少数民族の楽園を取り戻す。【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
・・・
あなたの旅の目的地はどこですか?【バナハウマグネテイズム:ツアーのご案内】
・・・
【ヘナ・オフィシャルサイト】天然ヘナ愛用者サークル・ナチュラルピュアヘナ クラブ
かけがえのない、あなたの身体に化学合成物質を使わないでください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。