FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

中央集権はグレイ以下

(Tue)

Posted in 【ブログ】

0 Comments




渡来系阿多倍王は敏達天皇のひ孫の娘を娶り三人の男子を作った。

長男は大蔵氏(朝廷の大蔵大臣)、次男は内蔵氏(天皇家の財務大臣)、三男は坂上氏(朝廷の軍事大臣)の賜姓を受ける。

大蔵氏は後に永島氏になり、三人ともども日を追うごとに朝廷内の権力構造を掌握。

もう一つの斎蔵を加え、三蔵と称し後の北家藤原氏に継承されていく。

桓武天皇の母は高野新笠という渡来系、阿多倍王の子孫の娘だった。

桓武天皇は、これまでの民族系の官僚勢力を嫌い、阿多倍王の一族(平貞盛)以降、渡来系「京・平家」を大いに引き立てた。

これが、およそ千余年前の中央集権乗っ取りの始まり。

その後の混乱の原因は、蔵=財務を渡来系阿多倍王の一族が一元的に掌握した末の「荘園制の行き過ぎ」とそれに伴う「富の偏り」に依る。

今なら「一元化税制と利権構造の行き過ぎ」それに伴う「富の配分の偏りではなく、独占」

阿多倍王の一族は、後漢滅亡の際に一族郎党(一説には200万人)を引き連れ日本に進出した漢人の末裔である。


それでも、今に比べれば、千年前の方がまだマシな気がする。

皇族との血縁を梃に、権力の中枢に侵入する手口はヨーロッパ王家を籠絡した油ダ野人と同じ。

人間はちっとも進化していない、どころか、ますます劣化している。

東京電力会長の娘が、社長の妻?

愛があれば歳の差なんてといいつつも所詮、血縁で縛るしかないアワレ。

人望のないヤツに限って政治家、有力企業役員子弟の縁故採用。

陰に隠れて系統を守り続けた官僚家(他民族勢力)は、カビの菌糸を網の目のように張り巡らし、未だに中央集権の財務を握りしめるイジマしい連中。

実にしつこい連中だが、それもオシマイ。


木の葉のおカネのお陀仏もさることながら肝心の、世代交代がちっとも進まない。

つまり、お世継ぎが不在。

どうしてそれが分るのか?

簡単な理屈、油ダ野人が本格的に侵入しておよそ140年、爬虫類系遺伝子を溶かし込んだ朝鮮民族とのハーフを量産したが、バカばっかり、失敗作の連続。

生まれる前からスクリづけ、知能は低く、性欲はアブノーマルでも繁殖能力は乏しい。

仕方がないから、老体に鞭打って、クゾジジイが長年院政を敷いてきた。
(中にはヤク中のくせに、無理矢理地盤を引き継いで代議士になったヤツもいるようだが・・・)

だが、そろそろそれも玄界灘。

その有り様を見た油ダ野人は、1000年の歴史を誇る官僚家をあっさり見限った。

こんなクズ連中の面倒は見切れない。

考えてみれば、統一層化も後継者がいない(血みどろの跡目争いでグチャグチャ)。

降伏のバケ学総裁は、嫁に三行半を突きつけられたあげく訴訟を起こされる有り様。

ついでで悪いが、みんなの党も鳴かず飛ばすで尻すぼみ。

そんな落ち目の三度笠を尻目に、カンナオトは開き直って朝鮮半島人脈をフル活用、自然エネ利権で私腹を肥やす始末。

一方、被災地の仮設住宅は深刻なシックハウス症候群で、二次、三次被害が進行中。

だって朝鮮半島「基準」の建材をつかっている。

ホルムアルデヒド? 

いやいや、日本では滅多にお目にかかれないシンナー臭が臆面もなく全開だそうだ。

韓流ドラマばっかりのテレビじゃないが、いったい此処は何処の国なのか?

ジャパン・クオリティは何処に行ってしまったのか?

やる事が中国新幹線並の杜撰。


日本民族の目の上の寄生虫は、とくにこの半世紀、ずっと(漢韓民族と背後の油ダ野人傀儡)だった事実に鑑みれば、致し方ない劣化と言わざるを得ない。
(もちろん、コレを了とする気はさらさらないが・・・)
 
・・・

ぶっ飛び考察だが、油ダ野人はヌルヌル人間(ウナギイヌ)に見切りを付けて、いよいよ中央集権にグレイを配置するのではないかと危惧している。

ひょっとすると、すでに配置しているかも知れない。

年齢的にカンナオトは無理としても、超若手の何人かは該当しないでもない。

ヌルヌル人間(ウナギイヌ)は、どうしても無駄な経費がかかるし、やる事なす事に感情が挟まる。

その点、グレイは岡ダ幹事長並の鉄仮面で「ココロ」がない。

人間とのハーフとは言え、グレイは人間より遥かに類魂依存度が高く、操るのは容易い。
(そう言えば、前ハラさんも枝ノさんも、岡ダ幹事長と同じく表情が乏しい・・・やっぱ冷血?)

だが、グレイとのハーフが大量に出生したのが2002年前後だとすると、まだ10才くらい?

そうならば、ホンモノのグレイへの引き継ぎ役の若者が、前もって脳ミソ改造手術を受けた可能性もある?

政治家にしろ、官僚や中央集権の人間にしろ、履歴上長期間アメリカ辺りに滞在した人物は要注意。

留学とか研修とか言って、実はネバダの地下で頭にチップを埋め込まれ、改造手術と性能テスト、そして演技の勉強と窮地に陥ったときのポーカーフェイス、硬直した身体のリハビリにひとときの青春を費やした可能性は否定出来ない。

憶測はともかく目の前の悲しい事実。


現在の中央集権はグレイ以下。

なぜなら、百歩譲ってヌルヌル人間(ウナギイヌ)だとしても・・・

人間のくせに「ココロ」がなさ過ぎる。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Mind of the Earth Philippines in Banahaw
【NGO : マインドオブデァース・バナハウ】
http://tenyuuou.wix.com/in-banahaw

map05.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

数十トンの汚染循環サイクルがつくる1Kgの食糧

(Mon)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments




コメの汚染が懸念されるなら→稲藁の汚染も深刻。

来年から、国産の稲藁が使えな事態なら→畜産の大打撃。

でも、ほんとうに汚染源は稲藁だけ? 

何でセシウムだけなの? 
牛だけ? の、はずがないでしょう。


心理操作の手順として牛肉に焦点をあて、次いで本命をたぐり寄せる。

パニックのターゲットは米?


80%の真実に、真っ赤なウソ15%とハンドルの遊び5%を混ぜる。

稲藁犯人説は真っ赤なウソの15%。(5%のねつ造データ)

そうすれば80%の真実が深刻な汚染肉、汚染稲藁に擦り変わる。

日本人はバカではないから、稲藁→水田→米を心配する。

同じ構図で、80%のマトモな米も汚染米にイメージ変換される。

米の緊急輸入が始まり、その先は、なし崩し的TPP承認。


でも、カリフォルニア米、中国米、あるいは東アジア諸国の米は絶対に安全?

もし、宮城や福島の放射能汚染稲藁がすべて、福島第一原発から漏れ出した放射能が原因ならば、さんざん核実験を繰り返してきた中国産の農作物も同様に半減期の長い放射能に汚染されている。

アメリカだって、東アジア諸国だって大気を巡る放射能に汚染されている。

枯れ葉剤、農薬などの化学土壌汚染だって日本の比じゃないかも知れない。

TPPを受け入れ、モンサントの遺伝子組み換え、枯れ葉剤をこれ以上多用すれば、日本の土壌は死ぬ。
(放射能よりよほど深刻な枯渇の循環サイクルに突入したら未来はない)

鹿児島の汚染作物も、和歌山や松本の(後だしジャン拳)ヨウ素検出もすべて福島第一原発から漏れ出した放射能が原因?
(もしそうなら、日本全国、既に手遅れ)

乳幼児は全員、放射能由来の疾病を発症するリスクを抱えてしまった?

ツイッターでも多くの母親の心配する書き込みがある。
(神経質になるのは当然だと思うが・・・)

だが、なぜ、不思議に思わない?

この国の為政者は徹頭徹尾、後手後手。
散発的な汚染情報、その後の情報は無し。

電痛マスコミは肝心な情報は一切報じず、ひたすら沈黙。


コレにはちゃんとした理由がある。

中央集権はスクラムを組んで、ある意図の元に足並みを揃えている。
遠からず破綻するドルやユーロは、日本の銀行を直撃。

健全な円には一時的な混乱を治める意味でも、基軸通貨に成りうるチカラがあるが、それはユダヤ人勢力が許さない。

米国デフォルトに引き摺られ沈む日本の金融システムをギリギリの線で下支えするカネは表向き存在しない。(と、思わせておきたい)

なにしろ厖大な復旧予算と金融システム維持のダブル出費。

1000年も日本に食らいついてきた官僚家の狙いは、あらゆる犠牲を払ってでも(自分だけが)生き残ること。

あらゆる犠牲の内訳は国民の疲弊(生命)と更なる増税。

今でさえ、実質自殺者18万超の日本人。
その数百倍の命と引き換えてでも生き残りたいのが官僚家の本音。

もっとも、ユダ野人はこの一連の世界同時多発人工災害テロが失敗に終われば、返す刀で中央集権を抹殺する。

なぜなら、既にユダ野人が頼りにしているのは人類ではなく宇宙人。
(ある宇宙人が預言した)7月24日に日本を襲うはずだった100メートルの津波は起きなかった。

断片的な放射能汚染情報(パニック煽動)を無責任に垂れ流す洗脳デジタル(手遅れ)チデジが始まった。

計画は着々と進んでいるようだが、この4ヶ月で中央集権の舞台裏は随分と明らかになった。
(ユダヤ人は、あえて、日本の中央集権はこんなに無能と、教えたい露骨・・・)


今、必要なのは選択の余地。

すべての食糧のリスク表示。
(中央集権には任せられないが・・・)

生産者や関係団体が自主的に行う以外ない。

小学生以下が食べても安全なレベルを明確にする。
(以降、中学生、18才以下と段階的に整える)

大人(高齢者)は、各自の考えで日本の農業や水産を絶やさぬように知恵を絞るしかない。

現在の日本は、1トンの食糧を得るために数十倍、数百倍の汚染サイクル(枯渇の循環)を生産している。

大人が考えるべきはコッチ。

これを国に任せられる?

この先のエネルギーの自由化を国や強欲資本家に任せる?
(ドル崩壊と一緒に資本主義経済が消える運命なのに?)

もう、それはないでしょう。

技術、資金、それを支えるコミュニティを整へ自ら立ち上げた方がよほどマシ。
驚くべきコストパフォーマンス、スピードも実効性も遥かに高い。

恐らく、新たな仕組みと自然エネルギーがリンクする相乗効果で、成果は飛躍的にアップする。

人間も環境も同じ。

ひとりの意識が変わった場所から、肥沃の循環が連鎖して、ゆっくりと、しかし力強く巡りだす。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Mind of the Earth Philippines in Banahaw
【NGO : マインドオブデァース・バナハウ】
http://tenyuuou.wix.com/in-banahaw

map05.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

類魂と個

(Sun)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




【類魂】

意識・エネルギー・生命力の元になるセンター、個々の生物(端末)は非物質エネルギーの水路でつながっている。

分りやすいのが蜂やアリの社会。

女王はセンターの中継局。

巫女が統治した時代(3000年くらい前?)は、人間社会も蜂やアリの世界に似ていた。

個という意識は今よりずっと希薄で、共同体のために帰属するのは当然だった。

まるで、今の日本人(B層)のように。


意識的に分離独立した覚醒者とか賢者は、ヒトレベルの集合的無意識とは一線を画す。

と、いうよりも、もう一段上のエネルギー(周波数)のネットワークにもシフト可能。

地上のすべての生き物は、いくつかの次元をまたいだレイヤーに浸っているが、自覚出来るレイヤーのエネルギー(周波数)のレベルはごく狭い。

20世紀までの経済至上主義者は【もっと地に足をつけて、現実を見よ】と、言う。

商売を生業とするヒトは徹底的に【現実】的・・・?

三次元限定の狭い檻の中の現実?

【現実】を受け入れるのはいいが、ごく狭いレイヤーに張り付くモーレス的慣習も受け入れてしまう。

これが嫌で組織を嫌う、あるいは契約取引(商売)に従事出来ないタイプは一定数いる。

狭義の【現実】を見よと言う人の信念は「人間は喰うために生きている」。

そう信じる限り、他人よりも多くの食物、あるいは、上質な食物を集めようと努力する。

チッポケな事務所を手始めに、10人、100人と人員を増やし営業を拡大する意識。

蜂やアリの組織と同様に、より大きな組織になって競争力を高めようとする意識。

無意識とは言え、彼と同じ考えをもつ集団的な中継センターの指令(人為的な集合的無意識)に従った生き方になる。

これ自体、良くも悪くもないが、もう一段上のエネルギー(周波数)のネットワークにシフトするには、いずれ、このような組織から離脱せざるを得ない。

なぜなら近未来、このような類魂センターは(地球上のバランスから見て)ニーズがないからだ。

人間は喰うための生きているのではない。


肥沃の循環からみると最も高等な生物は【水】。

もっと生き物寄りならウィルス、古細菌や地位類。(キノコもそうだ)

圧倒的な生命力は数百億年、数千億年単位でビクともしない。

地上の痕跡は小さ過ぎて目に見えない。

しかし、彼らの意識センターはヒトとは比べ物にならぬほど高度で深淵な意識とつながっている。

そのような存在が地球というパッケージの中で精緻な循環サイクルをつくり、人間を含む無数の生存を担保している。

人間は上位のレイヤーにアクセス出来る能力を持っている。

それなのに、むしろ、昆虫の集合意識を好み、好んで牢獄のような環境をつくり、自分自身でトビラの鍵をかける。

自らの住処に毒を撒き、放射能すらまき散らす愚かさの意識センターは、いったいどこにあるのか?


四次元の少し下にある階段の踊り場のような空間を泳ぐ巨大な(影)が見える。

この次元は光が乏しくモノの形状がはっきりしない。

身体は真っ黒、頭から尾までどのくらいあるか見当もつかない。

旧約聖書のGODは自らを龍と称しているらしいが、とてもじゃないが龍には見えない。

頭が見えたが、口と思しき場所には無数の触手?
毛のようなものが内側から生えている。

ウロコはなく巨大な節のつらなる扁平な駆体。

蛇というよりムカデ?

爬虫類よりさらに原始的(古生代の)生き物に見える。

計り知れない生命力も頷ける、原始的な生き物なら強靭で執拗。

彼らの(類魂)ネットワークは世界中で死の灰(放射能より酷い毒)をまき散らしている。

このネガティブなエネルギーは、宇宙にひろがる上位の次元にとてつもない悪影響を与える。


では、彼らの(類魂)ネットワークを滅ぼせば万事丸く収まるのか?

そうすると地上的には、どんな変化が起きるのか?


真っ先に消えて無くなるのは旧約聖書のGODが敷いたビジネスモデル(奴隷契約制)中央集権。

つまりG8(汚染度によってG20の一部)が崩壊する。

そして、それに連なるすべてのヒト、モノ、カネが蒸発する。

彼らはとうの昔に淘汰を覚悟している。
(彼らの住む次元は、遠からず宇宙から消去される運命にある)

だから、最後の力を振り絞って、現在の地球(次元エネルギー)を巻き添えにせんと(死の灰)の放出に余念がない。

つまり、地球は今、伸るか反るかの瀬戸際にある。

死の灰が許容範囲を越えそうになれば、肥沃の循環は一つ上のエネルギー(周波数)レベルにシフトする。

死の灰の凄まじいネガティブエネルギーを無力化するためにはやむを得ない。

そうなると、旧約聖書のGODに属する(類魂)の端末に(位置する人々)は100%助からない。

次に(類魂)の端末に与し、無意識とは言え結果的に存続を支えてきた人々の生存は厳しい。

この時点で先進国の60%以上の人類が置き去りにされる。


もし、このような類魂ネットワークに該当する人は、一日でも早く距離を置くべきだ。

この組織の意識センターはムカデの大将、人が古生代の虫の手下になって死の灰をバラまく。


一つの目安として【チデジ】が、多くのヒトビトの支持を得て、好調に滑り出すようなら破滅は免れない。

日本が壊滅(物理世界ではなく、邪悪な類魂センターに取り込まれたままならば)世界も足並みを揃えて破滅する。

2011年中、遅くとも2013年までにはジャッジが下ると、新約聖書のGODは警告している。


21世紀は、類魂レベルが1オクターブ上昇する。
個が主役になる。

正のサイクルに乗った科学、肥沃の循環に添った経済、ホンモノの民主主義が【少数民族の楽園】を再編する。

家畜型奴隷社会がやっと終わると言うのに、龍のまがい物、ムカデの帝王の道連れだけは御免こうむる!


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Mind of the Earth Philippines in Banahaw
【NGO : マインドオブデァース・バナハウ】
http://tenyuuou.wix.com/in-banahaw

map05.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

淡く青い光

(Sat)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




UFOに乗ったヒトの話によれば、UFOの計器類の中に、地上をオーラの光で映し出すモニターがあるらしい。

それが本当なら【肥沃の循環】で回っているのか、それとも【枯渇の循環】で回っているのかが一目で分かるだろう。

果たして日本はどう写るのだろう?


想像するに日本列島を一望出来る高度から眺めると案の定、大都市はくすんだ濃い灰色。

周囲を淡い色彩が取り巻いているが中心部に近づくほどくすんだ濃い灰色にかき消される。

灰色の中に様々な濃暗色が入り混じっている。

その半分はヒトの意識のオーラ。

枯渇の循環でしか回らない場のエネルギーは、ヒトの出す淡い色彩を濃い暗色に変える。


少し、郊外に目を移すと、淡い色彩がうっすらと見え始める。

今度は人里離れた山間部に目を移してみる。

しかし、そこもやはり濃い暗色が優勢。

一見見事な森林を形成しているようだが、循環サイクルは途切れているのが分る。

人造林に【肥沃の循環】は生まれない。

しかし、日本は特異な位置にあるために、酷いマイナスを遥かに大きな地球規模の【肥沃の循環】がカバーしている。

100年前なら、日本の国土自体が強い【肥沃の循環】のオーラを世界中に拡散していたはず。

国土面積は小さいが、取り巻く海の相当な部分から強力なオーラが出ている。

それが一つに合わさって、遥か彼方の宇宙空間から捉えられるほどの淡く青い光。


現在の日本は、自らが放出する淡く青い光は消えかかっていると、思う。

全く無いワケではないが、余りにも弱い。

子どもは明るい淡い光だが、大人はマレ。

人々の2/3が、すくんだオーラに覆われている。

これでは、民族が滅んでも仕方がない、とさえ思う。


人間がリアリティーと感じる世界はごく狭い。

家庭とその周辺、職場とその周辺。

そして、ときどき出かける場所とその周辺くらいのもの。

意識領域の視界は遥かに広いのだが、ほとんどの人はそれを使わない。

それに変わるビジョン(テレビ)で代用しているからだ。


世界の動き、政治経済、戦争や自然破壊をリアリティーと感じている。

だが、感じているだけで真偽のほどは不明。

今では誰もが知っている温暖化のウソも危うく真実にされそうになった。

検証する手だては、自ら、その場所へ赴く以外ない。

だが、誰もそんな面倒な事はしない。


7月24日は記念すべき日かも知れない。

なぜならば、人々がバーチャルビジョンから開放される日だからである。

テレビが映し出す仮想世界は、いったい誰のためのサービスなのか?

相当数の人々がそれに気づいた。


テレビのなかった時代の意識領域の視界は遥かに広かった。

いつの世も為政者に苦しめられ、決して楽な暮らしではなかったかも知れないが、彼らは現代人には想像もできない豊かな【肥沃の循環】をまっただ中にいた。

最大の環境破壊、農業も一帯の肥沃の循環に下支えされて成り立っている限り、自ずと規模が定まってくる。

人間が必要なだけ採取すれば、人間を含めた肥沃の循環は守られる。

実に簡単な理屈。

ところが、すべてコスト計算で成り立つ現代の仕組みは【肥沃の循環】に課金する。

こんな事をすれば、いずれ枯渇の循環サイクルに転落するのは目に見えているが、それを無理矢理維持しようとする。

人間の意識領域をバーチャルビジョンの狭い箱に閉じ込めて、その中の限りある豊かな生活を意識づけ、狭い箱の維持に貢献するようにしむける連中。

随分と姑息で、イジマしい連中だと思うのが普通の感覚。

実際、こんな連中がテレビの言う仮想世界を提供している。

人間の一生を枯渇の循環サイクルを無理矢理維持させるために消費する仕組み。

自分にご褒美なんてチッポケな満足で、狭い箱の中に住み続けるなんて、なんてつまらない人生か。

残念だが、日本と言う地域は今や完全に姑息でイジマしい連中(中央集権)の支配地になった。

いくら声を上げようと、いくらデモを仕掛けようと、この小さな箱の中に居る限り何も変わらない。


意識領域を拡げる。

自分の目(心の目)で世界を感じる。

そのときに、支えになるのは【肥沃の循環】サイクルからもたらされれる「気づき」である。

【肥沃の循環】サイクルは何処にある?

意識を変え始めた人間のまわりにある。

渦をまく、淡く青い光が湧き出してくる。

それがおおきな【肥沃の循環】を形成するのである。

不思議な事に、そうなると、鉄板のように揺るがないと思えた仕組みが砂の城のように崩壊する。

おそらく、上空から眺めたUFOから、再び輝きだす日本の淡く青い光が見えるはずである。



・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Mind of the Earth Philippines in Banahaw
【NGO : マインドオブデァース・バナハウ】
http://tenyuuou.wix.com/in-banahaw

map05.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

中毒ビジネス

(Fri)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments




若い頃お世話になったある方の話。

彼はデパートの一階、正面フロアに陣取る米国化粧品会社の販売方式を日本に導入した人物。

時はアメリカの全盛期、ハリウッド仕込みのメイクアップを対面式でセールスするスタイルは斬新だった。

抜群の売り上げを誇り、日本に当時としては最大級の工場も建設。

華やかな成功物語かと思いきや、反面、凄まじい苦労も経験したという。


日本サイドの実質的な執行責任者である彼が、満を持して提案する日本流は一切拒否。

売り上げが遥かに伸び、製造過程のロスも激減できる・・・。

いくらデータを示しても、頑として受け付けない。
(彼は同じ人間としての尊厳を否定されたように感じた)

時代は変わり、やがて労働争議が勃発。

利益は本国へ、トラブルは現地法人で処理、もしそれが出来ない場合はクビ。

日本が実質植民地である事実を、彼は身を以て知らされた。

新たな市場を形成しつつ支配を強め、上澄み(利益)だけは問答無用で搾取する。

現地のスタッフの努力は一切無視。

なぜならば評価対象外のコマに過ぎないからである。

最も、彼はその中でも特別扱いだった。
(アメリカ人の友人も多かったし、その限りでは差別的ではないが・・・)


だが、この期に及んでも、この卑劣極まりない支配的態度を同朋(日本民族)に向ける組織がある。

それが中央集権。

警察は新たに自転車の一方通行を導入し罰金稼ぎをするらしい。

少し前のタスポ、路駐の厳格な取り締まりも同じ構図。

こんなのは小銭集めに過ぎないが、遥かに危険で遥かに非道な密約が核(ウラン取引)。

つまり、省庁ごとに戦後一貫して存在するドル箱中毒ビジネスそのものが利権。


税は巡り巡って特別会計に吸い込まれていく。

事業仕分けはヌカヨロコビに終わったが、あんな茶番では埒が明かないのはミエミエ。

そもそも、仕分けをする事自体、省庁利権をあがめ奉る土俵の上に乗っている。

仕分けなど無意味。

一切合切白紙に戻すしかないのである。


特別会計を認める限り、省庁役人は本給の他に二重三重の手当(天下りなど)を受け取る仕組みになっている。

つまり埋蔵金と称される財源は、省庁ごとが戦後一貫して継続する中毒ビジネスそのものに溶け込んでいる。


中毒は自覚出来ない。

自覚出来れば、もはや中毒ではない。

今急増しているNHKの受信料解約は中毒症状から抜け出した証拠。

税金も同じ。

国民の良心に訴えて、知らぬが仏の中毒状態に付け込む悪質極まりない手口に乗せられてはダメ。

なぜなら、中央集権のやる事は例外なく支配国アメリカの指令通り一言一句違わないからだ。


つい最近まで専売制だった塩は、塩化ナトリウム。

日本古来の食文化を破壊するには、塩からミネラルを抜き取るのが手っ取り早い。

ミソも醤油も半製品、漬け物の栄養素も激減する。

だってミネラルが入ってない。
(体温維持にも逆効果、しかも減塩信仰で追い打ちの卑劣)

塩は何省の管轄かは知らないが役人は言われるがままに、日本民族を虐げた売り上げで潤う構図になっている。


日本民族の鋭敏な感覚(生命力と頭脳)は欧米人には脅威だった。

従って、最も鋭敏なビセラセンスを持つ日本民族の生存環境を劣化させ、感覚障害を起こさせるようにしむけた。

感覚障害イコール中毒を助長するビジネスモデルがそのまま中央官僚のドル箱ビジネス。

戦後の農業政策を見れば誰もこの事実を否定出来ないはず。

どん詰まりの放射能汚染も、その一環(ある意味総仕上げ)だろうと思われる。


戦後66年、日本流を徹底排除して支配国アメリカの指令通り動く企業を優遇する。

朝鮮放送局に成り下がった華やかなりし乱痴気騒ぎを尻目に、惨めな高度経済成長にヌカヨロコビした日本。

もし、悪魔の手先、中央集権がなければ現在の数十倍、いや数百倍豊かな日本が出来上がっていた。

日本民族の技術、発明、品質の高さは群を抜く。

しかし実態は、アメリカの意向にそぐわないものは切り捨てられ、中央官僚のお眼鏡に叶わないものは排除される。

数千兆の上澄みが中央官僚を通してアメリカに吸い上げられた。

現在の疲弊した日本の産業経済は、その残骸。

そしてトドメ、東京電力の醜態は中央官僚主導の中毒ビジネスの舞台裏を垣間見せた。

戦後66年、屍類類の日本。(泣)


だが、コレで話しは終わらない。

最悪の中毒ビジネスは厚労省が握っている。

それが現在の医療制度。

中央官僚は本気で日本民族の滅亡を望んでいる。
(アメリカで無数の生身の子どもを実験台にして行われた遺伝子操作の中毒薬は、ワクチンや、神経障害の薬として出回っている)

子宮頸癌ワクチンを少女に処方するのは日本民族の滅亡戦略。
(朝鮮のイヌ政党、公明自民、中央官僚が大々的に推奨するには訳があるのだ・・・しかも放射能との合わせ技である可能性もある)

早急に現代の医療システムに変わる受け皿をつくらなければ手遅れになる。

日本民族は、肉体的にも、精神的にも、感覚障害中毒症状から抜け出さなければ未来はないのである。


油ダ野人は、出来れば日本民族が半ば眠ったまま無感覚に飼い馴らされ、文句ひとつ言わずに滅亡することを願っている。

中央官僚は、あからさまな油ダ野人支配に直接非難が及ばぬための防波堤。

東京電力のような企業や、すべてと言いたくはないが経団連のような企業群は、中央官僚を守るための防波堤に過ぎない。

彼らにとっての理想的な国家像。

残念だが現在の日本国家は日本民族とは縁もユカリもない抜け殻である。

彼らにとって価値のある国家を維持するために国会があり中央集権がある。


事実は直視するしかないのである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
Mind of the Earth Philippines in Banahaw
【NGO : マインドオブデァース・バナハウ】
http://tenyuuou.wix.com/in-banahaw

map05.jpg
・・・
Club of Natural Pure Henna
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
http://sanrix.jp/hennanvotp/index.html
ayusan001.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。