FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

見守ること

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




人が人に対してできるただ一つのこと。

それは「見守る」ことである。


世の中には、知らず知らずに子を溺愛してしまう親がいる。

そのような親にとって「見守る」ことは簡単なようで、簡単ではない。

必要な干渉と不必要な干渉の狭間。
ありふれた日常に在る神秘的な緩衝地帯。
踏み込むか留まるか。

「見守る」ことは、相手を最大限に活かす距離。

なにもしないことではない。
もちろん、無言の圧力をかけることでもない。

「見守る」ことに失敗し、気がつけば、苦しみに身もだえている人は少なくない。
ただその最中もその後の苦しみに原因も、身に覚えがない。
結果として起こった困りごとと、身に覚えのない落差の狭間に「見守る」の欠如が顕われる。

「見守る」ことは、人としての成熟度、そして何よりも度量が求められる。

年齢、性別、あらゆる違いを超えて共通する態度。

人と人の距離感は、神秘的なもの。
血縁であっても他人であっても、人それぞれの距離感は自由である反面、見えざる制約に縛られている。

一見、親しいようでも内面は違う。
お似合いのカップルがやがて降り積もる雪に埋もれていく有り様。
鬼の形相と聖母の微笑みは紙一重。

人と人の距離感は、この世界の基準では数値化できない事柄の一つである。

ひとりひとりの違い、時間経過による変化。
周辺環境、不測の事態。
被害と加害。
利益と無益。

「見守る」ことは、それでも和合しようと試みるココロのはたらきである。


・・・
【NGO : マインドオブデァース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
phinfo.jpg
・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
スポンサーサイト

誤算につぐ誤算

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




なぜ、天下り官僚は、堂々と既得権益に安住していられるのか?

・・・

彼らは、まるで新興宗教の信者。

ポチの契約・・・ではなく、嫉妬深いの神との契約。

明治以来、官僚機構には暗黙のステータスがあるらしい。

政権が変わっても世界がひっくり返っても、それは揺るがないと信じている。

・・・

表は秩序、裏側は無秩序。

無秩序に潜む人達は、ひとときも安泰では無い。

その褒美に、秩序が適応されない別世界に住処を得る。

表の秩序維持と連動して裏社会が動くのは、至極当然の話だが歪みは不意に表面化する。

いまそれが再び起ころうとしている。

それは60数年前、日本で一度起きている。

静かに進行するストーリーは二度目。

一度目は、戦争と言う最悪のシナリオで回避(結局ウヤムヤに)された。

もともと、関わっていた裏社会を含む表舞台のヒトビトが描いたシナリオとは、随分かけ離れた悲劇。

誤算につぐ誤算。

なぜ、そんなにひっちゃかめっちゃかになったかと言えば、大正末期から昭和の初め、コントロール不能な事態に陥ったからだ。

ヒトビトのココロの中に芽生えた楽園が日に日に地上に溢れ出し、安物のシナリオを凌駕してしまった。

その実態は、歴史から見事に消されているのだが・・・。


戦後マスメディア、出版、新聞、情報に関わる企業は例外無く、ジャーナリズムの精神とは正反対のレールの上を走る、徹底した隠蔽工作に加担してきた。

御用学者も教育、司法もしかり。
昔も今もちっとも変わっていない。


大正天皇の時代、日本には希望が満ち溢れ、実際、景気も悪くなく、明治以来のゴタゴタがやっと終息するかに見えた。

日本各地で神が降臨し、日本古来の神の国の元型を語り始めた。

だが、嫉妬深い神はそれが気に入らない。

せっかく、手のひらで踊り始めた日本民族が、ふたたび、ココロに楽園を見いだそうとしている。

共産主義者とマレビトの旗手は同じ罪状で投獄されたのである。

特高警察はヒトにあるまじき卑劣な手段で大勢の罪無きヒトビトを死に追いやった。

一部軍閥の暴走も政府関係者の裏切りも、この混乱に乗じて、いわば、手の施しようがない末に起こったのである。

既得権益者の一群は、正真正銘のマツロワヌ日本民族の台頭を許す訳にはいかない。

表向きの秩序は、この狭間で機能停止状態に陥った。

日本の近代史で大正天皇時代、昭和初期の記述が極めて単純に括られる理由はそこにある

さして、何も起こらず、さして、変化の無かったつまらない時代にしておきたい。


大正天皇は精神的に問題があったとまことしやかに喧伝するが、それは真っ赤な嘘。

まるで、古事記や日本書紀と同じ構図。

そんな時ほど重大で致命的な事件が頻発する。

そうでなければ、その後の満州も、WWIIに至る経緯も説明できない。

全てをオープンにせず隠蔽するから、いつまでも戦争責任を問われ腹を探られる。

つい最近まで政権にいたお歴々は、みな知っていることだろうが、とても人前で言える内容ではない。

それを共に隠蔽し、今日の繁栄を築くために協力した官僚機構は、押しも押されぬ特権階級(表の秩序代表)でいつづけたい。

政権が変わっても、世界がひっくり返っても、立場は揺るがないと信じたい。

・・・

だが、それも含めて、裏側の一部も含めて、真実が思わぬところから表出する。

君らに未来はないよ。

お気の毒としか言いようがない。



・・・
【NGO : マインドオブデァース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】
banainfo.jpg
・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】

・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

圧倒的な力の差

(Tue)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments

何かの間違いで生き残った、個々にあるココロの楽園を持つニンゲンや組織は、認められない。

多数意見を盾に少数派を抹消する風潮がつくられる。

しつこく言うが、タバコはその典型。


これは、大昔、嫉妬深い神が、無頓着の神に半旗を翻した動機と全く一致する。

嫉妬深い神が、嫉妬してるのは、無頓着な神。

圧倒的な力の差が悔しくてたまらない。

おかしな契約に縛られたヒトビトは、嫉妬深い神と同じ振る舞いをしてしまう。

・・・

嫉妬深い神は(頭がいい/神だから当然)な上に、かなり執念深い。

だが、無頓着な神とは比べ物にならない。

気の毒なくらい差がある。

嫉妬深い神は、類い稀な擬態能力や、まるで生態系の一部のように振る舞える反面、決定的な弱点がある。

ヒト遺伝子に紛れ込むのが難しい。

世界の誰ひとり、あらゆる少数民族の誰ひとり、嫉妬深い神の遺伝子を受け継ぐものはいない。

不可能ではナイらしいが、そのために随分と犠牲者を出してきた形跡がある。

従って、嫉妬深い神の遺伝子は、未だ、後から植え付けるしか方法がナイ。

ある種の契約は、嫉妬深い神が発明した、出来の悪いクローン。

楽園をココロから切り離すワクチンと言い換えてもよい。

・・・

ある種の植物の煙は、ヒトを深い眠りから覚ます効果がある。

現代の話ではナイ。

太古の昔。

嫉妬深い神も、それをよく知っている。

それがタバコであると言わないが、タバコは、それに近い作用がある。

ある種の植物の煙は、悪霊を祓い、病気を癒す。

共産国家と何も違わない仕組み

(Sun)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




国はホテル。
官僚はホテルマン。

料金を払い続ける限り大切にされるが、他のホテルに乗り換えてはいけない。

サービスが悪くても、文句を言ってはいけない。

客は客だが、扱いは平均レベルを超えない。

客にはレベルに応じた秩序(ホテルマンの判断)が適応される。

実のところ一般客は、最下層を構成する要員でしかない。


一方、選ばれしモノは、民主主義とはほど遠い手続きで決まる。
一般客は立ち入り禁止のフロアに住み、出逢うことすら叶わない。

契約社会とは、おおよそこんなものだ。
娯楽は山ほど用意されている。

それが楽しいか、楽しくないかは問わない。

余りにつまらなければ、ヒトビトは勝手に創作を始める。
それが一定の経済レベルに達すると国がノコノコと顔を出す。

優秀な人材を、得意の非民主主義的手続きで決めトップに据える。
ちょっと前のアニメの殿堂もそうだ。

科学、学問、技術、スポーツも同じ。
昔の共産国家と何も違わない仕組み。

だが、実際のところ、客は、客のクラスに応じた娯楽しか与えられない。
それに気づく、大人(子ども)が多すぎれば、秩序が乱れる。

嫉妬深い神は、それをいちばん嫌う。


・・・
【NGO : マインドオブデァース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
phinfo.jpg
・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

トラックバックテーマ 第949回「パワースポットへ行ったことはありますか?」

(Sat)

Posted in 【ブログ】

1 Comments

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「パワースポットへ行ったことはありますか?」です。 とあるスピリチュアルカウンセラーがお勧めし、ブームとなっているパワースポット。それはあちこちに点在し、行くだけでパワーがみなぎり、また、癒しを与えてくれるとか…。皆さんは、そんなパワースポッ�..
トラックバックテーマ 第949回「パワースポットへ行ったことはありますか?」



バナハウは、地球規模の極めて重要な還元スポット。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。