FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

ツバ

(Sun)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments





igorot01


フィリピンにツバという酒がある。

椰子の花の蜜を集めて発酵させるのだが、その昔は女性の唾液で発酵させたらしい。

それでツバ?

少女か、熟女か、ちょうど赤ん坊のいる女性がいいなどなど諸説ある。

ブクブクと泡がでる。
微炭酸飲料。

発酵が進み、2日目から3日目でちょうど良い味になる。

4日を過ぎると、急速に酢酸の酸っぱいだけの液体に変わる。

ジャストの賞味期限がほぼ半日。

これがうまい。


(当ブログ管理者)がツバに目がないと分り、スタッフが何度か運んでくれた。

これが、またとてつもない行程だ。

バスで6~8時間。
そこから徒歩で数時間。

1日がかりで、ふるさとに帰り、ツバの発酵するタイミングで帰ってくる。

3.5リットルのツバと、塩ゆでした原種豚を2キロ以上抱えてくる。

それ以外に彼の持ち物もある。

何と贅沢。

ほのかに甘く、酸味と微炭酸の爽快な飲み口。

アルコール度数はどのくらいか分らないが、ビールよりはずっと強い。

18度か、もう少し高いかも知れない。

酔いは早いが、酩酊はしない。

ほろ酔いが延々と持続する感じなのだ。

そして不思議なことに体温がクイッ、クイッと上昇する。

何故か、太ももがジワーっと、熱くなる。

塩ゆでの原種豚を、何種類かのつまみに変えて、採りたて野菜で豪勢な食卓。

チョー!幸せな時間。



・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
phinfo.jpg
・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
スポンサーサイト

夏の虫の運命

(Sat)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments





insect00

エメラルドとルビー色の虫を見つけた。カメラをそっと近づけるとバネ仕掛けの鉄砲玉のように弾けた。そして、思いっきり顔に当たる。物凄いジャンプ力の持ち主で、小石が当たったような鋭い痛みが走る。一度見失ったが執念でもう一度見つけてパチリ。だが、その後また、弾けるように何処かへ飛んでいった。体長数ミリの小さな虫だが、いままで二度ほど見かけた。

・・・

カネは人を選ぶ。

カネ持ちは人を選ぶ。

では、選ばれぬほうへ思いっきり舵をきろう。

これほど世界に鬱積を溜め込んで、人を苦しめるものに好かれたいとは露ほども思わない。

カネがなくてどれほど困ろうとも、かまわない。

死ぬ時に、カネに媚びを売った人生だったと後悔するよりは、ずっとマシに死ねる。

そう言いながら、小金を稼ぐためにいろいろと画策する。

仕方がない。

日本は、カネがなければ生きられない。

ブログだって、続けられない。

一昨年か、税務署の人がやってきて、一体何でこんなに収入が減ったのか説明を求められた。

一年の半分ほど、NGO活動に費やしてきたことを話した。

昔から個人自営業、収支の計算書は毎年つくっている。

しかも、収入は一カ所だけなので、極めて明瞭。

税務署の人は、良い人だった。

税収を伸ばすためにこんな個人のところまで、足を運ぶ。

それはそれで、申し訳ない気がした。

そしてその人は、NGO活動で、収入を減らしたり、生活基盤を失ったりする人が多いのだと教えてくれた。

無理もない。

日本の寄付税制や、助成金制度は問題だらけだ。

志しのある人をいたずらに疲弊させ、潰すように整えられている。

だが(当ブログ管理者)は、自業自得だと思っている。

何故か?

確かに、この10年、収入は減った。

だが、報酬は、カネとばかりは限らない。

「いったい何をやっているの?」

「あんた、いい歳をしてこれから先どうやって暮らすの?」

いちばん真剣に取り組んだ仕事が全く無駄骨のごとく言われる。

どうしても腑に落ちない。

その他の仕事も、いい加減にやってきたつもりはないが、何か違う。

じゃ、やっぱり、いい加減じゃないの?

と、突っ込まれるが、そうではない。

(当ブログ管理者)にも、人並みに神経がある。


今の仕組みに乗る限り、神経に障るのだ。

どう言葉を弄しても、ココロの晴れる仕事ではない。

・・・

フィリピンでの活動は、目からウロコの日々。

何をどうしたらいいのか、分りかける頃がいちばん楽しく、苦しい。

だが、後ろ向きに歩く訳にはいかない。

そして、そもそも、動機を与えられたことが最大の報酬と感じている。

薄福小徳の身、カネにも縁はないが、光を見つけたら、そこに向かう習性。

夏の虫と一緒、光に飛び込む生き物。



・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】
banainfo.jpg
・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】

・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

マインドオブデァース00

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




ilocano00
イロカノ人のおねえさま。貫禄充分。

・・・

貧困の解消は「誠を尽くす価値」がある。

つまり、人間のやるべき(ほとんど唯一の)仕事だと思う。

しかし、我々は「貧困の上に乗った経済構造」のまっただ中にいる。
(目の前の貧困。あるいは先送りされた貧困)

する側も受ける側も同じ。

世界の大半の人々は否応無しに「貧困前提の経済環境」に所属している。

これが(当ブログ管理者)の言う、変えなければならない(どうしようもない)仕組みの最たるもの。

ゼーンブ、総取っ替えしなければならない。

ほんの数年前までは、絶対に揺るがない、鋼鉄にチタン合金を練り込んだような構造だった。

そんなものをどうやって崩すのか?

過去10年のNGO活動。
顧みると「何を置いても経済が一大事」。

夢のあるプロジェクト、地道な計画、志しの如何を問わず突き当たる厚い壁。

それが「経済」だった。

だが、まてよ。

よくよく考えれば、ひっくり返せばいいのだ。

今の仕組みをキレイにヒックリ返せば、さほどの混乱は起こらぬ。

と、簡単に決め込むに限る。

・・・

思い悩む必要など全くなかった。

「経済」とやらは、勝手にコケる。

この前はサブプライムだったが、これからはプライムがコケる。

何兆という金額が毎日蒸発する。

カネは結局、小額なら儲かったの滑ったのと大騒ぎするが、何百兆になるとワケが分からない。

だから、ここはひとつ、大船に乗ったつもりで模様眺めをするに限る。


・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】
ayuinfo.jpg
・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】

・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

誤解されてはタマラナイ

(Thu)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments




girl010

人間の脳はとてつもないメモリー。

だが、使っているのは数%程度という話しをよく耳にする。

しかしながら、視覚野には恐らく膨大な事件ファイルが蓄積されている。

事件と言っても、主に顔のモンタージュ。

出不精な(当ブログ管理者)ですら、一日数十人の見知らぬ顔を見ぬ日は無い。

人間は瞬時に、この人は好ましい、この人は嫌!。
と、ビジュアル優先で判別する。

それは趣味嗜好よりも生存上の不利益を避けるための本能に近い。

それにも関わらず、いちばん大事な人の縁で思い切りドツボに嵌るのもご愛嬌。

だから、人間は面白い。

(当ブログ管理者)は【純粋な少数民族】の博物館をつくりたいわけではない。

【少数民族・化】は、時代の趨勢。

(当ブログ管理者)のへそは曲がっているが、大方の人が、賛同するような意見を(当ブログ管理者ごときの一般人が)言っても意味がないことくらいはわきまえている。

ハードルが高くて、ちょっとやそっとで実現しそうにないことでないと意味がない。

でも、あれよあれよという間に、それが実現されてしまう快感。

そんな快感以外、もう、この世界に愉しみはない。

アポロが月に着陸したのは19□□年?
(とてつもない偉業?のはずだが、何故か印象が薄い)

と、いうくらい、人間は当てずっぽうに生きている。

だから、このブログを読んでいただいている、ごくごくわずかの皆さんは、気が抜けるほど簡単に、何だ(当ブログ管理者)の言う通りじゃん、なんてことになる。

でも、そのときは、すっかり(当ブログ管理者)のことなんか忘れている。

それでいいのだ。

・・・

何で(General)なのに(ヘネ)なの?
一応お応えすると、

ヘネは[ジェネラルをスペイン語の混じったインファンタケソン(フィリピン)の訛で“ヘネラル”と発音するので「へ」]

ハルノウミ、ヒネモス、ノタリ、ノタリ、カナ。

ヒネモスは終日という意味。

一日中のんびりというかつての日本のライフスタイル。

ハルノウミ、ヘネモス、ノタリ、ノタリ、カナ。

ヘネモスとはモルヒネと言う意味(嘘)。

屁音模ス まるでおならのおとのような。

ま、どうでもいいのだが…

・・・

とはいえ、気が重く、うっとしいが触れぬ訳にはいかない問題もある。

どうしても趨勢に楯突く人間の集団。

日本アイヌ協会に入り込んで、アイヌの独立とか叫ぶ手合いもそうだ。

とうのアイヌ人が迷惑だと言っている。

余りにもみみっちい根性。

誰も知らないとは言え、そんな奴らの主張と(当ブログ管理者)の主張が同根と誤解されてはタマラナイ。

よく聞けば、昔の部落解放同盟とかの生き残りらしい。

国粋主義者が、朝鮮半島の人間でも構わないが、いったいどっちの愛国者なのか。

それはそれで、グローバルな世の中になった証しと喜んでおくべきか。

今の日本は、アイヌも、琉球人も、日本人。

外国から来て帰化した人も同じ日本人。

それで何の問題も無い。

参政権云々は、どのみち、国の境目が意味をなさなくなれば、どうでもいいこと。

ホッておくに限る。
(カネ目当て、ご主人様の言いなりで動く奴らが一人でも混じる限り、採決は永遠に先延ばしにしておけば良い)

旧政権は、清和会系と旧経世会の暗闘の末、政権を失っても旧経世会潰しを続ける錯乱状態。

一度入ったスイッチは、消去できないらしい。

そんなこんなが、入り乱れて、恥ずかしいオバカな状況が浮かび上がること自体【少数民族・化】の現れである。


・・・
【NGO : マインドオブジアース・フィリピン】

・・・
【バナハウ マグネテイズム ツアー I N F O】

・・・
【天然ヘナ・ナチュラルピュア ヘナ クラブ】
phinfo.jpg
・・・
室内空間に【静菌】環境。世界初!空間平衡還元装置。
【e-bless】のご紹介。http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

慚愧に堪えない。

(Thu)

Posted in 【地上の楽園】

0 Comments




痛ましい事件が続く。

最近では、宮城県石巻市の事件。

民主党の代議士、安住淳氏が言っていた。人口16万人に対して土木、建設関係企業が6百数十社ある。

単純に割れば230人に一社。

どんだけ、公共事業に依存してきたか。

羽振りがいいのは、ぶら下がって生きるオヤジ。

情けない。

子どものココロが育たないのも無理は無い。

一度、あぶく銭で潤うと、人間はあっという間に腐る。

公共事業が減り、ぶら下がり経営者は自分の会社の社員を追い込む。

日頃から安月給でこき使い、いざとなると罠に落とし5倍から十倍の弁済を吹っかける。

実際にある話しだ。
それも一件や二件ではない。


警察も、マスコミも、地域の誰もがヒトデナシの顔色を伺っている。

若者がまた一人減る。
(ただでさえ、若者が少ないのに…)



神経をヤスリでこするような時間帯。
鬱憤は、じっと耐える時間帯に腫れあがる。

罪は、鬱憤の中に閉じ込められ、爆発の機会を伺っている。

だがら、ひどい事件が起こる場所は、実際に起こる事件の何百倍も、何千倍も衝動が溜まっている。

警察も、検察も、表面化した事案しか扱わない。


従って本当の原因は、いつまでたっても解消されない。

世の中は、罪状だけを取り上げる。

若者を追い込む背景に思いを致す大人が一人もいない。

ぶら下って生きる、ヒトデナシ。

そんな地域社会しかつくれない、ハジシラズな大人。

だが、今日もまた、若者が傷つき、どうでもいいヒトデナシが生き延びる事件が起こる。

事件の有り様を見ると、地方の中小都市の閉塞感は限界に近づいている感がある。

・・・

世界は元々、法律など何一つ及ばぬ自由でできている。

そのお陰で、ヒトデナシものうのうと生きている。

自由はカネでは動かない。

司法でも動かない。

自由は誰にも管理できない。


自由を守り育むのは、気概を持った若者。

沈みゆく場所は、そんな若者を真っ先に封殺する。

残されたヒトデナシ同士は好きなだけ、いがみ合って殺し合えばいい。

その場所は柵で囲って逃げ出せぬようにする。

最期にはきれいさっぱり炎で焼き清める。

故郷から自由が消えていく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。