FC2 Blog Ranking へネラルうみもと

浦島伝説

(Wed)

Posted in 【少数民族の楽園】

1 Comments



浦島伝説

誰しもご存知の昔話、浦島太郎。
これまで何度も繰り返された地球の次元上昇と人間の生き様。

地球で最も最近の出来事はムーとアトランティスの沈没。
ムー帝国とアトランティス帝国の成立はおよそ1万5千年前。
そして3000メートルに達する大津波で両大陸が沈没したのは9200年前(諸説あるが)。

壊滅状態の地上世界で2000年もの長き、激減した人類が新天地を求めユーラシア大陸を彷徨った。
このとき、地上世界に生き残った人類が概ね現存する人類の祖先。

それ以前に存在した無数のヒューマンレイス(高度な知性を備えた種族、独自の神とのアクセスが可能だった種族、半獣半人、半ば野生動物、超人的なセンスで生存競争を勝ち抜いた種族などなど)は地上から消えた。

ある人に言わせれば、当時の地球で人類が生存していたのはほとんどがムーかアトランティスで、ヨーロッパユーラシア、南北アメリカ、オセアニアにはほとんど人間は居なかった。例外はアフリカだが、ごく少数の人類が点在していたに過ぎないのではないか。

ムーとアトランティスの沈没後、人類は2000年以上の歳月、命からがら現在の五大陸に散らばっていった。

およそ7700年前、日本を中心とする竜宮国家連邦が成立。
カタカムナ文字、言霊言語はこの時期に相前後して霊的存在を介してつくられた可能性が高い地球最古の言語(記号や象形言語と一線を画せば)。

原初、言葉は実相を現す。
つまり、リンゴと言えば目の前にリンゴが生成される。
それでは普通の人間には使いこなせないので、言霊の結晶生成力にリミッターを設定する。
しかし、神髄は生き残っている。
人類の意識が五次元標準になれば、言霊の生成力はよみがえるのではないかと思う。
つまり、言葉とイメージだけであらゆる物理世界の結晶体は創り出せる。

正しい使い方は自然循環と巡りを損なわない範囲に限られる。
こうなれば、農業はいらない。
三次元プリンターもいらない。

まして、油ダポチが悪さをする余地は皆無。

油ダポチよ、消え去れ!
と、唱えるだけで、宇宙から抹消されてしまうのである。


・・・ま、気を取り直して竜宮のお話。
現在の日本は北の極、南は太平洋諸島群、東はハワイ、西はインドネシアに及ぶ広大な海洋国家連邦。
同時に現在のイギリスを中心とする古代ブリテンアイルランド王朝が成立する。

これも諸説あるが、この当時の人類の多くはアトランティスの生き残り。
ムーは壊滅し生き残った人類はいないとの説。

しかし、実際はごく少数生き残っているのではないかと思われる。
あるいは、死後転生によって再び地上に戻ったのかもしれない。

奇しくも竜宮国家連邦とブリテンアイルランド王朝は同時に滅亡する。
それ以来、現在まで続く地下油ダポチ勢力がことあるごとに地上世界を暗闇へ誘導し、人間の霊的進化の芽を摘み取っている。
ルシファー的存在をして、地球人類を鍛えるため?
油ダポチがルシファー的存在を自称するなら、ルシファーに失礼である。
(宮古島の代議士が子どもに予算を割く必要は無い、子どもは貧乏な方がよく成長するとか何とか言ったらしいが、これが油ダポチの基本思想。その前に出来損ないの民主主義や議会制の土俵に乗ってモノを言う自分が恥ずかしくないのか?本気で今時の仕組みで世の中が良くなると思っている時点でペケ。地頭の悪さとは、自らのよって立つ場を理解できない人間を指す、と、思う)

またまた話がそれたが、浦島太郎は竜宮国家連邦当時、過去にあったムー消滅の物語を後世に伝承したものである。

ムーの沈没は4から3への降下である。
浦島太郎は助けた亀に乗せられて3から4へ上昇。

竜宮城は4次元標準世界なので、毎日が祝賀会のような賑やかさ。
有り余る豪勢な食事もエッセンスだけをいただくので胃もたれや消化不良はおきない。
何よりも時間の感覚が地上世界とは全く違う。
本の2、3日のつもりが数百年、あるいは千年単位で飛び去っていく。

一般相対性理論においては、重力は空間(時空)を歪ませ、時間の進みを遅らせる。このため重力場の存在する惑星上では、重力の無い宇宙空間に比べて時間がゆっくり進むことになる。例えば、地球上(正確には、ジオイド表面上)で1秒当たり100億分の7秒遅くなる。wikipedia


前フリが長過ぎて本題を忘れそうになるいつものパターンだが、思うに、浦島現象は日常的に起こる現象なのではないか?
誰しも感じる時間の進み、ある時は光のようで、ある時は亀の歩みの如し。

人間は意識のあり方で、4から3への降下する。
またあるときは、3から4へ上昇する。

いつもオープンマインドで、人を喜ばせることを考える人は3から4へ上昇。
油ダポチのような三次元ご利益世界でしか生きられない人は、つねに4から3への降下。

植物の生長は4から3への降下と3から4への上昇を繰り返す。
人間の肉体も同じエネルギーを受け取っているので、健康は意識の持ちよう、病は気から、は本当である。

何も世紀末とか、カルトの持出す滅亡カレンダーが特定の災厄の日を指し示すのではない。
我々は日常的に降下と上昇を繰り返している。

三次元ご利益世界は玉手箱の煙。
浦島太郎が地上世界に戻った時見た情景は余りにも寂しい。
自分だけが取り残された慚愧の念。
青年だったはずなのに、今じゃよぼよぼのお爺ちゃん、惨め過ぎる人生の最後。

彼がムーの生き残りかどうかは分からないが、現代に生きる我々(日本民族)は民族丸ごと浦島太郎になるやも知れぬ。
油ダポチ隷属国家でぬるま湯につかった茹でガエル。

浦島太郎の教訓。
三次元ご利益人間に落ちぶれたら、浦島さんの二の舞だよ・・・。w


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg
スポンサーサイト

ひっくり返し

(Tue)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



ひっくり返し

見る目のある人ならずっと前から始まっていると言うでしょうが、誰の目にも見え始めましたね。
(手遅れな三次元ご利益亡者を除き)

怒髪天を突く怒りに震える出来事が多過ぎました。
現在進行形で無数の生命が巻き添えになって失われています。
当ブログ管理者は、旧態勢力のあまりの酷さに随分と批判がましいブログを書いてきました。

しかし、批難の対象は自らの手で自らを滅ぼします。
彼らは先の見えない暗闇で、一縷の光線が差し込む恐怖に震えています。
光は闇でもあるので、光はとっくに彼らに到達しています。

1%はどうでもいいのです。
問題は1%の薄汚い遠心力に囚われた人々、地球人口のおよそ5%。
上辺はエスタブリッシュメント、その実、人間扱いされない、さらにその外周にいる20%。
その周りには無数の従僕、海中を漂う浮遊物のような存在。

毒牙は真っ先に浮遊層に爪を立てます。

富裕層は最大で5%以内(何を持って富裕層と言うかは別として)。
安定した報酬を得る自称勝ち組のお歴々。

いうまでもなく、ピラミッドの頂点ほど罪は重い。
すでに5%は次元上昇に見放された連中です。

で、1%は?
彼らは随分昔に闇の勢力と結託する代わりに地球支配を請け負ったと自称する珍しい生き物。
彼らの思い描く進化は、その他大勢が到達する世界とは真逆です。

人間の人間たる所以は、個々に生命核を有していること。
人間がオギャーと生まれるには、五次元にある生命核がオクターブを降下する課程で、質量系の素材を集めて(次元超越して)ほぼ完璧な生命体(赤ん坊)に成長します。

偽総理のように、子どもは使役する動物としか思わない人間は、自らもある意味つくられた道具です。
人間の道具は当然進化しません。
総じて、滅亡に向かう人間は子孫繁栄とは真逆の方向を向きます。
(子どもが居ない人は進化しないという意味ではありません)

高速移動する乗り物ほど進行方向を向いて座ります。
前方ほど開けた、未来からタイムラインがやってきます。

座席をひっくり返して後ろを向けば、後方ほど閉じたタイムラインになります。
1%は後ろ向きの乗客です。
前を向けばいいんじゃないの?
と、誰しも思いますが、彼らは嫉妬深い神との契約上、前を向けません。

20世紀の終盤まで、面白おかしく世界を支配してきた自信満々(超上から目線)の終焉。

ロケットは上昇します。
一段目は地球の重力に逆らって莫大なエネルギーを消費して外側だけが焼け残り海や大地に落下します。
この役割を負うのが従僕でありながら、海中を漂う浮遊物のような存在です。
何の価値も尊重されない消耗品。

次に宇宙空間との境目までが二段目のロケット。
地球重力圏からほぼ抜け出しているので少ないエネルギーですが、役目が終わればあっさり切り離されます。
高度が高い分、燃焼して蒸発、跡形の無い運命です。
まるで上辺はエスタブリッシュメント、その実、人間扱いされない、さらにその外周にいる20%。

1%の薄汚い遠心力に囚われた人々、地球人口のおよそ5%は宇宙空間に到達します。
しかし、彼らはどこへいくのでしょう?
月の裏側?
それとも火星?

ま、どうでもいいことですが、彼らは目出たく三次元限定の宇宙空間の旅に出ました。
どのくらい宇宙旅行をするのでしょう?
それはともかく、目的地にしばらく滞在した後、再び地球大気圏に再突入する計画だそうです。

彼らが戻った地球は随分と荒れ果てていました。
ぜ〜んぶ、こいつらがやらかした破壊行為のお陰です・・・。

人間は随分減りました。
生き残った人間は誰もがみすぼらしく、まるで病気の動物かゾンビにしか見えません。

1%と取り巻きは一度地球を破壊して、人口20億人の永久奴隷支配を目論みました。
しかし、戻って来た三次元地球はかつてのような富を創り出すエネルギーがありません。
自然循環は至って脆弱、安定せず暴力的です。

かつての精妙なバランス、空気の香り、動植物の繁茂、見る影もない。

1%とその取り巻きはそんな三次元地球にしか戻れません。
どうぞ、好きなだけ富を独占してください。
もう、邪魔するものはいません。


その他の人間はどこにいったのでしょう?

同じ地球に住み続けています。
一昔前より何倍も精妙なバランス、気の満ちる香りが充満する空気、輝いて見える動植物。

そういえば、ちょっと昔、1%とその取り巻きが酷い悪さをしたけど、どこへいっちゃったんだろうね。

そんな不愉快な話はやめなさい。
思い出したくもない、とばかりにかつてを知る長老が眉をひそめます。

99%の中のどれほどの(生命核)が同じ地球の別のレイヤーに到達するかは分かりません。

中には、いいじゃないの昔のままの三次元ご利益世界が残るなら・・・。
と、思う人もいるでしょう。

そこで、また、某カルト教団のように、地上世界を天国にするのが我々の使命だ!とか言いますか?
いくらなんでも三次元ご利益程度のレベルの低い天国なんて・・・。

もし、次元を跨いで昔のままの三次元ご利益世界を見れるなら、随分乱暴な動物園に飼われた野生生物・・・。
その昔、保健所で殺処分された可哀想な存在です。

人間は自ら望んだ世界でしか生きられません。
救いの手を差し伸べでも、見向きもしない存在は救済対象外です。

ひっくり返し、始まっています。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

人が育たない

(Sun)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



人が育たない

古いグリッドの弊害は多岐に渡る。
急速に陳腐化する光景を目の前にしても、昨日までそうだったのだから明日もそうなるはず、と、信じて疑わない人。
典型的なのが原発関係者。
信じるというよりはすがりつく思いで生きていることに気づかない。

そんな世の中の数ある弊害の中で最も深刻なのは「人が育たない」こと。

人が育たなければ後継者はもちろん、現状維持要員もいなくなる。
トップがいくら号令を掛けても現場はシラーっと諦めムード。

大企業病とは違うが、よく似た症状。
それもこれも、無から有を生む発想を欠いたマニュアルコンサルタントの言いなりだからか?

物事の仕組みはすでにある土台の上に組み立てるのではなく、何も無いところから組み立てる連続である。
その作用力点となるグリッドを見いだすか、作り出せる人は「育つ人」。

この場合の育てるが今時の教育だと思っている人に救いは無い。
人間が人間に教えられるモノなどさしたる意味は無い。
なぜなら自然循環を次元横断的に理解したとしても、それを言語に置き換える記号は存在しない。

強いて言えば、古代日本語。
全次元を横断的に表現可能である。
だが、今は誰もが読める訳ではなく、特異な才能による翻訳が必要である。

言語(二次元)を駆使してイメージ(四次元)を表現してみせる技術に長けた人は、彼独自のグリッドを見いだすことに成功した人。
これは絵でも造形物でも同じ、マシンや建築も同じである。
三次元の構造物は四次元から降ろしてカタチづくる(あるいは自然エネルギー)で自動的な生成を促す。

人間も同じである。
三次元で人が育つには四次元の作用を降ろさないと不可能。

三次元限定教育は百害あって一利なしである。
典型的な例がカルト。
信者はどんどん劣化する。
だから扱いやすいが、無から有を生む(独自のグリッドを見いだす能力)は驚くほど退化する。

一見勢力のある大手企業(社長が有能でグイグイ引っ張るタイプ)ほど、下が育たないのは、優秀な人材が集まらないのではなく、人材が根腐れをおこすからである。

いくら超有能な社長(遠心力)でも、彼は実質ひとりひとり(求心力)に興味が無い。
オレの言う通りに動け、余計なことはするな。
それが部所部所の指令系統に伝播すれば、末端はシラーっとする。

香辛料でないSBの客扱いを見ると、組織としての脆弱性を感じる。
現場の不手際かどうか知らないが、契約通りにならない。
文句を言うとその分タダにすると・・・。w
そういう問題ではなかろうに。
これでは、いくら斬新なCMを打っても顧客は離れるばかりであろう。

日本の場合、通信に限らず、大企業型組織の縛りは明らかに旧態勢力に忠誠を誓ってナンボ。
裏社会ゴロツキ同盟。
誰にも教えていない新しい携帯メール宛に毎日山ほどサラ金や出会い系や不動産系の勧誘メールが届く。

事業拡張拡張で株価を釣り上げる成長力競争は結構だが、もっと足下を見た方がよい。
当ブログ管理者に言わせれば時代遅れのビジネスモデル?

そんな気詰まりな世界で業績を伸ばし続けるには一定範囲で税金(利権)に預からなければ不可能。
ゼネコンも商社も戦争産業も薬害産業も然り。
皮肉なことに超一流大学出のエリートが入社するのだろうが、自動的にこのような組織の人材は「育たない」のである。
カネに罪は無いが使い方を誤れば自分の首を絞める。
20世紀型暴力資本主義が機能した時代ならまだしも、これからは絶望的。
これも自然の巡りである。

偽総理を奉る東朝鮮独裁国家は、これを国を挙げてやってきた。
かれこれ70年、そしたらどうなった?
「止めどない少子化」である。

可能性の閉塞した地域に未来(子ども)はやって来ない。
生息条件の揃わない毒物だらけの土壌にはぺんぺん草も生えないのと同じ。

旧態の慣習、常識なんてものを後生大事に抱えた結末が限界集落。
家系断絶の果てに地域の消滅。
ある意味、人間から野生動物のテリトリーに大政奉還。
これも自然の巡りである。

それでも、考えの軸を変えられない人は「育たなかった」人である。
辛辣だが事実なのでそう言うしかない。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

農藝家

(Sat)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



農藝家

いつ頃から農家(農民)が産する収穫物、そしてそれを販売したり租税として収める行為を総称して農業と呼ぶようになったのか?
詳しいことは知らないが比較的新しい言葉のような気がする。

工業は元々家内制手工業の工芸なのか?
工芸品と民芸品では扱いが変わるらしいが、それは売り手の都合。

漁業は元々漁師の生業(なりわい)、漁師と打ち込むといつも量子と変換されるので一瞬ドキッとする。
最近は水産加工業とかもある。
所詮、課税分類上の話ではないのか?

税務関係のお役所を徴税業とは言わないが。

農家の農の語源は「藝」だそうだ。

地上世界で人間が何かを生みだす場合、例外無く循環する非物質エネルギーとのコラボレーションである。
アーティストが絵を描いたり、土を焼成したり、布を染めたり、オブジェをつくりだす場合も同様。

慣れてしまうと何の感動もしなくなる老化現象に自分でも驚くが、初めて播いた種が芽を出した時は子どものように喜んだものだ。
その喜びをいつも味わうには、非耕起農法が一番である。

20メートルや30メートルの畝を起こし、1列に(機械的に、あるいは実際にマシンで)種をまく。
マルチングにビニールシート。
ポットで育て移植するにしても、今時の方法は合理的(?)だが、情緒が無い。
いったいいつ、非物質エネルギーが種に集まるようにお祈りするのか?
(現地スタッフは種まきのとき、さっと土を被せて指先に気を込めて一押しする。ひふみ祝詞は無理でも相前後して、ひ、ふ、み、よ、い、む、な、や、こ、と、と各自独自のメロディーで歌いながらお祈りする)

ま、そんなことを言っても農業関係者には無意味か。
確かなことは農業関係者の中で、実際に農作業をする人はごく少数で、ほとんどんは周辺の仕事で潤っている。
周辺産業は這いつくばって土にまみれることは無いが、それでは農家が余りに気の毒だから機会化を推奨する。
そんなわけはないが、実は農家だって実際はそんなしんどい仕事ではない。

現在もフィリピンの一部の伝統的な畑作や稲作地帯では、実働4時間程度。
早朝の涼しい時間帯に主な作業を終え、やり残した仕事は日が沈む前の1時間で終わらせる。
熱帯の日中、植物の生体活動はほとんど停止。
人間だって日陰でお昼寝。

温帯なら終日作業も可能かも知れないが、作物の生涯の90%は自然サイクルが育てている。
人間の関与は少なければ少ないほど良い。

しかし、土が貧しくなると、それでは育たなくなる。
だから有機肥料をぶち込み、防除剤を播く。
少し土が肥えた頃、土壌内微生物が爆発的増殖を見せる。
なぜなら、土中微生物のレストランをわざわざ人間がつくってくれたのである、利用しない手は無い。

収穫後、圃場を耕し、住み着いた土中微生物ネットワークを根絶する。
そんな姿を模した「藝」は、土を耕す人の象形文字?

当ブログ管理者は違うと思う。
「藝」は自然エンルギートとコラボレーション真最中の人間の姿である。

耕すのは地下茎や野草系の痕跡の排除。
土中生物にとっては天変地異である。
自称先進国は機械、フィリピンの田舎では水牛。
しかし、小規模農家は身体ひとつ、クワで耕す。
これが相当な重労働である。

子どもは親の働く姿を見て、農家なんてやりたくないと思う。
無理も無い。
小規模零細農家の老化は驚くほど早く、30代で50代以上に見える。
奥さんもさぞ可愛かったであろう若かりし面影は残るものの、壮絶な劣化、まさに切り刻まれたように深いシワ。

さて、そこで救世主あらわる?
化学肥料に農薬、マシンの組み合わせで究極合理的な農業?

ところがどっこい、これが土にも人間にも環境にもとどめを刺すのである。

農家が農業に従事すればロクなことが無い。
労多くして収益わずか、死んでも返せないローン返済。
実際、日本に助成金なしで成り立つ農業従事者がいるのだろうか?

自民党的絶望社会の徴税システムの犯罪、屍類類。

農家は農藝家である。

農藝家はエンバイロメンタリスト。
エンバイロメンタリストは自然循環エネルギーのスペシャリスト。

それで成り立つ仕組みがつくれない統治構造は始めから失敗している。

始めから失敗している上に、住化やモンサントが売れ残り化学兵器を押し付けて来る。
ODAだか何だか知らないが、苦し紛れで海外へ無償供与。
どんなに浅く見積もっても20年以上、年間60億は下らない化学のゴミを、発展途上国へ押し付ける。

貧しくともきれいに巡っていた地域の自然サイクルに毒物が混入。
送り込むだけ送り込んでケア無し、致死的化学ゴミがそこっら辺で野積みになっている。
何も知らない子どもが遊ぶど真ん中で・・・。

なんとかしろよ!
人殺し!



・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

政治家と言うお仕事

(Fri)

Posted in 【少数民族の楽園】

0 Comments



政治家と言うお仕事

政治家とは人びとが日々の生活を改善していくうえで発生する諸問題を調整する人間のことである。
政治家に社会全体の先導(イニシアティブ)を求めることは、犬のしっぽに犬の散歩を頼むようなものだ。 バックミンスター・フラー 1962

自称先進国の場合、中央銀行と言う私的エゴむき出しの土俵の上で、いくら有能な政治家がいても、つねに混乱の種が絶えることは無い。
そのお陰で、政治家と言う職業が成り立つのだが、逆に言えば、中央銀行なるものが無ければ政治家なんて要らないのである。

実にいじましい諸問題の調整(仕事が無いところに無理に仕事を発生させる)は、官僚の領分。
事件が無ければ警察は無用なのと一緒で、仕組みに組み込まれた不条理の上に莫大な税収の再配分の失敗を重ねても棒給を貰える犯罪的職業。
罪務症に害務症、その他省庁が一丸となって、延々罪を繰り返す政治家と役割分担して我田引水(利権許認可)で下々を惑わしてナンボのもんじゃ。

ヒャッポ譲って、政治家か官僚、どっちかでいいじゃん。
立法と行政なんて背中合わせ、一本串を突き刺して丸と三角の🍢。

どうせ過渡的組織である、これから中央集権なる無用の長物が消え去るまでの。
真っ先に特別会計の中身を丸裸にして、それで相当数の悪事が露見するのでざっと半数は逮捕失職。
さらにそんな犯罪組織から集団脱走で自動的に1/10以下。

70年間も二重支配を隠し、利権許認可で再配分の公平性をぶち壊した罪は重い。
悪徳商会自民党や第二、第三自民党も不平等な諸問題の調整に失敗し続けた角で逮捕。

日銀解体。
金融業界はいっぺん白紙に戻してどこに存在価値があるのか、なぜ儲かるのか、あるいはなぜ儲からないのかをよ〜く考えたら宜しい。

国際詐欺金融グループの傘下に入れば安泰とは言えない状況になってるんじゃないの?
昨日までそれでやって来れたから、明日以降も同じことでいいのか?

この際、政治家と言う職業も白紙に戻したほうが宜しい。
この世界に必要かどうか、少し想像力を働かせて。

いらない でしょ?

戦後70余年、失敗に継ぐ失敗を重ね、この国を随分貧相にした世襲家系は、原稿棒読みエージェントに過ぎないので、政治家とも呼べない「何者か理解不能な存在」である。

そんなモノに政治を任せても、何とか国の面目を保っているのは、日本民族が極めて秀逸なバランス感覚を失っていない証拠。
それにおんぶに抱っこのくせに、頑として富の再配分を誤り続ける「何者か理解不能な存在」痔眠税調。

こいつらの、後ろ盾を失って、ハシゴを外され慌てふためく様子が見えるが「何者か理解不能な存在」は、まだ、しがみつけると思い込む。
図々しくも哀れな職業、政治家という三次元容器は分子レベルで崩壊必至・・・。w

この先必要なのは問題調整のスペシャリストだけ。
彼らにしたところで、いずれ無用の存在になる。

なぜなら、現在の三権に相当する仕事は、中高生の担当。
学校教育の一環で、事象の処理方法を学ぶ。
今の1/100000000の予算で、遥かにクリーンな仕事。

ほんの数十年前まで職業としての政治家がいたなんて、どこの都市伝説?

地球の次元上昇で、真っ先に消える、詐欺的構図で無理矢理成り立たせた国家という仕組み。
いくらしがみついても原子レベルで存在価値を失ったら、ネバーエンディングストリーの「無の世界」に追いかけられて逃げ惑うしかないのである。

そんなバカな・・・。
と、いうなかれ。

グリッド(作用力点)が消えたら、いくら押しても引いても何の変化もおこらない。
変化の無い世界は「無の世界」、つまり存在核の無い世界。

必ずしも人間を基準にしない自然循環を見誤ると、経験則なんてものがさほど役に立たないことが分かろうというもの。
これから、いろいろなものが呆気なく消えていく。

いまだに権勢を誇る“大物政治家”が存在し、国会を肩で風切って闊歩する様なんて見たくない。
動物園のイケメンゴリラのほうがナンボかマシ。

単なる調整役が失敗続きの責任も取らずに、ノウノウと生きられるおかしな仕組み。

で、消費税10%にするの?
しないの?

いっそのこと、止めちゃえば?
マイナス金利があるなら、マイナス消費税でどうか?

マイナス消費税25%。
100円で買い物をすると、25円もらえる。

能無し集団よ、少しは国民を喜ばせてみろよ!


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

map04.jpg
・・・
【e-bless】oxidation-reduction about PM2.5/First in the world! Space reduction type air cleaner
【e-bless】PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html
e-bless.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。